絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事業承継

事業承継は早めの準備が重要

 

次に示すように少子高齢化の進行により人口の減少(消費者の減少)、生産年齢人口の減少(労働力不足)により、日本の産業構造の変革が唱えられています。

このような高齢化に伴い、社長の平均年齢は「60歳を超え」、「70歳以上」の社長が最も多い状態になっています。

今後、事業承継は社会的に大きな課題になります。

この状況を受けて、中小企業庁は10年ぶりに「事業承継ガイドライン」の改定や相談・支援の体制の整備、補助金の申請などの施策を行っています。

社長の判断能力が低下する前に、適切な事業承継を検討・実施しましょう。

次に示すように、事業承継は幾つもの方法があります。

個別の会社の後継者の状況、経営状況、業界の動向などによって、進め方が異なります。

有利で効果的な事業承継を行うには、5年~10年の準備期間が必要ですので、早めに専門家にご相談されることをお勧めします。

当事務所では、「親族内承継」「親族外承継」「M&A」、それぞれに対して、現状を把握して、他の専門家とも連携して取り組みます。

また、相続による「株式」や「不動産」の分散による後継者の不安定な経営を防ぐために、「民事(家族)信託」「種類株式」の手法の検討も取り入れて検討します。

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP