絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

激変する時代こそ聡明である秘訣2【4】Zoom顔出し強制ハラスメント

当社と連携している「鎌田千穂」産業カウンセラーに「新型コロナウィルス感染拡大」の中での企業の考え方を4回シリーズで紹介してもらっています。今回は4回目(最終回)です。

鎌田カウンセラーのホームページはこちら

 

前回、お伝えしたことは、“人は自分が気に入った人から、好ましいと感じたサービスを通じて、商品を買う”ということです。そして、対面接客を行う店舗の商品販売やサービス提供と時代変化に合わせた販売方法の両輪で商売を行うと伸びていきやすいということをお伝えしました。

今回は、新たな「zoom顔出し強制ハラスメント」についてのお話です。

令和2年4月7日の緊急事態宣言以降、感染拡大の防止を図りつつ、医療提供体制を確保するため、外出自粛や休業要請等が発令されました。そういったときに、感染拡大を予防する新しい生活様式として、窓がなかったり換気ができない場所を避け、人がたくさん集まったり、少人数でも近い距離で集まらず、互いに手が届く距離で会話や発声、運動などしないという「密閉、密集、密接」という3つの密を回避することを国民全員が取り組むべき指針として言われました。最新式のおしゃれなオフィスビルは窓がないところが多く、空調で温度管理をされた機密性の高い密閉された場所がほとんどではないでしょうか?そのため、企業内で仕事ができず、従業員が自宅でも仕事ができるようにとテレワークの導入WEB会議利用に切り替えた企業が多かったのではないでしょうか?

その際、セミナーや講座をWEB上で行う企業もたくさん。WEB会議で必要なのは添付資料の共有。事前に資料があれば声だけで確認することは可能ですし、もともとの会議自体もプロジェクターで見せる資料を基に話を進めていく流れがほとんどでしたので、顔を見なくても進められるものです。ところが、対面で顔を見ながら手軽に利用できるzoomを使うことに切り替わりはじめ、次第に不特定多数が参加するセミナーや講座で利用される企業や組織が増えてきました。そうなると、会議とは違い、全く面識がない方も多く参加されるところで、実名表記を求めた上に、顔出しを強制すること、顔出しをしなければ批判をするような事態に変化しはじめたことに嫌悪感を抱きました

その一つに、顔出しを強制することで、指示に従わない人へ正義感を振りかざした方が糾弾を行う「zoom顔出し強制ハラスメント」が始まります。不特定多数が見ている中で、チャット文章や音声をつかい名指しで、顔出し強制を行った上、反論すると畳みかければ、公開リンチのような状況になります。ブログのような炎上になりやすい環境の中で、実名と顔が分かるのです。その写真をパソコンやスマホを使って保存することもできる上に、SNSを利用し無断で誹謗中傷を交えた情報公開することもできるわけです。

そうはいっても、不特定多数が参加するセミナーや講座の主催者側にも言い分があります。誰が参加するかわからないので顔出しをすることで監視をしたいところもあるでしょう。しかし結局のところ、主催者も参加者も不特定多数が参加するセミナーや講座でセキュリティーを気にしていることには変わりありません。参加者側は、たった数時間のために、自分のプライベート空間で、場所を考え、バーチャル背景が上手くできるか、女性ならメイクや洋服なども気になるので、それこそ準備をすることで負担になりますし、部屋の中が丸見えになることはセキュリティー上の懸念や問題にもなります。

会場に訪れ参加する通常の講座やセミナーでは、個人情報を確認できることは、アイスブレイクの時か名刺交換の時だけで、当事者同士の意思が最優先されます。登壇をしている方のみに目線が行くため、参加者は参加者同士の背中を見るだけで、ボーッとしている姿やうとうとと寝てしまう姿は、対面から状況把握することはありません。しかし、「zoom顔出し強制ハラスメント」では、不特定多数の参加者に実名で周知し、ボーッとしている姿やうとうとと寝てしまう姿を全員が目の前で状況把握することが可能で、参加者全員に恥を晒すことに繋がります

今までと違う取り組みを始める際に、必ずメリットとデメリットがあります。そういったことを踏まえて、「zoom顔出し強制ハラスメント」にならない工夫を考えることも、他社との大きな差別化につながっていくのかもしれません。

次にご紹介する企業は、私が提携を結んでいる、事業再生で数多くの実績を持つ「株式会社 事業パートナー」と連携して、自力では再生が不可能な企業の再生・事業承継・売却など全般の企業支援を行っている事業パートナー九州のホームページです。

中小企業の皆さまにおいては、売上を上げるための新しい取り組みを行う際に、色々と考えたことによるトラブルも生まれることがあります。どのような対策をとることが望ましいのかなどの助言をもらうことも可能なので下記のURLをご参考くださいませ。

事業パートナー九州 http://kitakyushu-assist.com/

  関連記事

激変する時代こそ聡明である秘訣【5】

当社「(株)事業パートナー九州」と「企業の経営改善」の面で連携しています「chi …

激変する時代こそ聡明である秘訣2【2】国内に地盤を持つ企業は強い

当社と連携している「鎌田千穂」産業カウンセラーに「新型コロナウィルス感染拡大」の …

激変する時代こそ聡明である秘訣【3】

当社「(株)事業パートナー九州」と「企業の経営改善」の面で連携しています「chi …

chi-ho’s studio 鎌田千穂代表のプロフィール

(株)事業パートナー九州と連携しています「chi-ho’s stud …

激変する時代こそ聡明である秘訣【1】

今号から、当社「(株)事業パートナー九州」と経営に課題がある企業の「経営改善」の …

激変する時代こそ聡明である秘訣【2】

当社「(株)事業パートナー九州」と経営に課題がある企業の「経営改善」の面で連携し …

激変する時代こそ聡明である秘訣【4】

当社「(株)事業パートナー九州」と「企業の経営改善」の面で連携しています「chi …

激変する時代こそ聡明である秘訣2【1】HRテックの活用:顧客関係の構築

前回、当社と連携している「鎌田千穂」産業カウンセラーに「新型コロナウィルス感染拡 …

激変する時代こそ聡明である秘訣2【3】人はどのように商品を買う

当社と連携している「鎌田千穂」産業カウンセラーに「新型コロナウィルス感染拡大」の …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP