絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

経営ドクター

「絶対に倒産しない会社の仕組み作り」のために

『中小企業のための全ての問題解決をワンストップサービスで提供します

 

当事務所は、中小企業の経営支援を主な業務にしています。

長引く景気の低迷産業構造の変化、更に経営者の高齢化により、中小企業の経営は厳しさを増しています。

政府の「地方創成」の施策の効果も十分でなく、地方の中小企業(小規模事業者含む)の中には「倒産・廃業」の危機に面しているところが多いのが現状です。

次の図に示しますように、2012年~2014年の3年間で、1年あたり「約15万者」、1日当りでは「約400者」の小規模事業者が廃業しています。

原因は、「経営不振」「後継者不在」が主ですが、その中では早めに兆候を察知して、対策を打てば廃業に至らないケースも多く存在すると思います。

当事務所が提携しています、「実績日本一の再生支援会社」の「株式会社 事業パートナー」の松本社長は、「経営者がいつでも相談できる経営ドクターの全国的なネットワークの構築」を目指して、会計事務所やコンサルタントの養成に力を入れています。

当事務所もその目標の実現のため、経営計画策定のスキル九州内外の幅広い専門家との連携によって、身近な「経営ドクター」になるべく取り組んでいます。

事業パートナー:http://saisei-jigyo-no1.com

経営状態によって、主に薬を処方する内科治療(経営改善)で済む場合もありますが、会社を大きく変えなければならない外科治療(事業再生、事業譲渡等)が必要な場合もあります。

また、経営者自身が自信を無くしていて、精神科治療が必要な場合もあると思います。

経営者の自信を取り戻し、先を見据えた経営改善・発展に取り組めるように、取り組んでいきます。

hp%e3%80%80%e5%bb%83%e6%a5%ad%e3%81%ae%e7%8a%b6%e6%85%8b

経営に行き詰まるのは、「現状を把握していない」「計画がない、管理されていない」ことが最大の原因と考えています。

政府の方針は「経営力向上計画」や「経営革新計画」などのように計画を持っている前向きな企業は応援するが、従来の延長のままの企業は見捨てるという方向と理解しています。

次に経営改善の基本的なフローを示しますが、

最も重要なのが、事業分析と財務分析による「現状の正しい認識」です。

現状を正しく認識しないと、根本原因がわからなく、その後の対策・計画が無意味になります。

hp%e3%80%80%e7%b5%8c%e5%96%b6%e6%94%b9%e5%96%84%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97

このステップは、経営改善計画だけでなく、事業再生あるいは事業承継にも適用できるものです。

 

当事務所の業務内容は、「全体業務内容」のページで紹介しますが、「経営計画策定」を中心として、それに関連する「資金調達」「現場改善」「許認可申請」を実施しています。

症状が軽いうちに、「経営ドクター」としての当事務所にお問い合わせをお願いします。

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP