絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

国際業務(就労ビザ・国際結婚・帰化申請)を本格的に開始

『中小企業のための全ての問題解決をワンストップで提供します』

 

当事務所では、主に中小企業様の支援として、経営計画の策定支援を中心に業務を行っています。

本年(2017年)から「外国人の在留資格(ビザ)」に関して、「申請取次行政書士」としての業務を開始しますので、今回はその背景と実施内容について紹介します。

今後、順次、外国人に関する申請等について紹介していきます。

昨年から、北九州市を中心として、多くの「ものづくり企業」様を訪問して経営に関してお打合せをさせて頂いてます。

この中で、想像していた以上に「人手不足」で困っている企業様が多くあり驚きです。

「ものづくり企業」では、技術者や現場の作業者が必要ですが、どちらも不足している状況です。

採用できたとしても、「すぐに辞めてしまう」という声もあります。

少子高齢化により、今後も「働き手」を確保することはますます難しくなります。

高齢者や女性の活用は進むと思われますが、今後の人口減、特に「働き世代」の減少が進みます。

そのため、「外国人技能実習生」を雇い入れている企業も多くあります。

現在、「外国人技能実習生」は、全国で約20万人に達していて、今後も増えると思われます。

「外国人実習制度」の目的は、「外国人技能実習生に日本の高度な技術等を修得させ、これを祖国に移転して、経済の発展に資する」ことですが、この目的に加え、中小企業の人手不足の解消にも役立っているのが現状と思います。

また、企業によっては、「技術者」、特に機械やその部品等の設計(CADの操作)として雇い入れている場合もあります。

これらの背景により、今後、外国人の採用やそれに伴う国際結婚も増えることが予測され、当事務所でもその支援として、積極的に外国人に関する申請手続きを進めていきます

次の場合は、ぜひ、当事務所にお問合せ願います。

なお、当然ながら、不法入国(偽装結婚)や不法就労に関しては、一切受付致しません。

● 就労関係ビザ

・外国での採用

・留学生の採用

・企業内転勤ビザ

・経営管理ビザ(会社設立、役員就任)

・高度専門職ビザ

また、就労関係だけでなく、次の身分等に関する申請も取り扱います。

● 国際結婚(日本人の配偶者等)

● 永住許可申請

● 帰化申請

各申請に関しては、今後、順次紹介していきます。

 

  関連記事

外国人の在留資格「介護」の創設

少子高齢化、労働人口の減少、介護が必要な高齢者の増加等により、介護の現場で働く方 …

外国人の雇い入れ(就労ビザ)

外国人を雇い入れたい場合はご連絡下さい   現在日本には、200万人以 …

10月20日福岡県行政書士会「入管職員を招いての入管法研修」受講

10月20日福岡県行政書士会(国際渉外部)主催の「入管職員を招いての入管法研修」 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP