絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

ローカルベンチマークについて

先に紹介しました「中小企業等経営強化法」の中で、経営状況を把握する際の「財務指標」として、『ローカルベンチマーク』の指標が使用されると紹介しました。

今号では、この『ローカルベンチマーク』について紹介します。

 

ローカルベンチマークとは?

ローカルベンチマークは、企業の経営者等と金融機関、支援機関の対話を深める入口として定められた「共通の指標」です。

経済産業省が紹介しているイメージ図を示します。

キャプチャ

 

キャプチャ

 

設定の背景

「日本再興戦略 改訂2015」(平成27年6月30日)において、「ローカル・アベノミクス」を推進する施策として、「中小企業団体、地域金融機関等による地域企業に対する経営支援等の参考となる評価指標・評価方法(ローカルベンチマーク)」の策定が盛り込まれました。

そのような背景のもと、地域企業の経営支援等の参考となる評価指標・手法「ローカルベンチマーク」を検討し、2016年3月に決定、公開されました。

ローカルベンチマークは、企業の経営者等と金融機関、支援機関の対話を深める入口として使われることを念頭に置いて、それぞれの利用者にとってわかりやすい、使いやすいものを目指して設定されました。

ローカルベンチマークは、あくまで基本的な枠組み、言い換えれば「入口」であって、それぞれの企業や金融機関、支援機関が独自の視点でより深い対話や理解をする出発点になるものです。

ローカルベンチマークは、「産業・金融一体となった地域経済の振興を総合的に支援するための施策」であり、地域経済施策や中小企業施策、地域金融施策の結節点となるべきものです。

 

ローカルベンチマークの内容

「地域の経済・産業の視点」と「個別企業の経営力評価」の2つの視点から構成されています。

キャプチャ

 

個別企業の経営力評価の内容

上に示しましたように、個別企業の経営力評価については、「財務情報」と「非財務情報」で構成されています。

 

財務情報

財務情報は、次に示す「6つの財務指標」が設定されています。

各財務指標で、業種毎に「平均値」が示されているので、その比較を判断材料とする。

1.売上高増加率(売上持続性):(売上高/前年度売上高)-1

・キャッシュフローの源泉を示します。

・企業の成長ステージの判断に有用な指標です。

2.営業利益率(収益性):営業利益/売上高

・事業性を評価するための、収益性分析の最も基本的な指標で、本業の収益性を測る重要指数です。

3.労働生産性(生産性):営業利益/従業員数

・成長力、競争力等を評価する指標で、キャッシュフローを生み出す収益性の背景となる要因として考えることもできます。

・地域企業の雇用貢献度や「多様な働き方」を考えれば、本来は「従業員の単位労働時間あたり」の付加価値額等で計測すべき指標です。

4.EBITDA有利子負債倍率(健全性):(借入金ー現預金)/(営業利益+減価償却費)

・有利子負債がキャッシュフローの何倍かを示す指標であり、有利子負債の返済能力を測る指標の一つです

5.営業運転資本回転期間(効率性):(売上債権+棚卸資産ー借入債務)/月商

・過去の値と比較することで、売上増減と比べた運転資本の増減を計測し、回収や支払等の取引条件の変化による必要運転資金の増減を把握するための指標です。

6.自己資本比率(安全性):純資産/総資産

・総資産のうち、返済義務のない自己資本が占める比率を示す指標であり、安全性分析の最も基本的な指標の一つです。

・自己資本の増加はキャッシュフローの改善につながります。

キャプチャ

 

非財務情報

非財務情報は、次の4つの視点で検討します。

1.経営者への着目

・経営者自身のビジョン、経営理念

・後継者の有無

2.事業への着目

・事業の商流

・ビジネスモデル、製品・サービスの内容、製品原価

・市場規模。シェア、競合他社との比較

・技術力、販売力の強み、弱み

・ITの能力:イノベーションを生み出せているか

3.関係者への着目(企業を取り巻く環境)

・顧客リピート率、主力取引先企業の推移

・従業員定着率、勤続日数、平均給与

・取引金融機関数とその推移、金融機関との対話の状況

4.内部管理体制への着目

・組織体制

・社内会議の実施状況

・経営目標の共有状況

・人事育成システム

 

以上、紹介しましたように「ローカルベンチマーク」は、今後、金融機関や支援機関との打合せのスタートの指標として使われていく可能性が高いです。

一度、これを使用して、自社の状況を把握して見て下さい。

北九州アシスト法務事務所では、財務諸表を提示頂ければ「ローカルベンチマーク」の解析を行い、今後の「経営(改善)計画」の支援をさせて頂きます。

 

  関連記事

no image
経営者の皆さん、大きな環境変化の中で求める人材像を明確にしていますか?

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの技術の変化、少子高齢化やグ …

no image
税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%   この数字は?

この数字は何でしょうか? 10~20年後に「AI(人口知能:コンピュータ)」によ …

経営者(3)コンプライアンス「今でも迷う10年前の判断」

今号では、コンプライアンスに関して、10年前に判断したことで、今でも迷っているこ …

返済のいらない補助金(6)創業・第二創業促進補助金

創業・第二創業促進補助金の公募が開始されましたので、その内容を紹介します。 この …

no image
平成31年度「経産省の中小企業向け施策」と当社の支援メニュー

先に平成31年度の経済産業省の「概算要求」のポイントを紹介しましたが、今回は中小 …

経営計画の策定(4)自社の銀行での格付けを知ろう

銀行は、お金(資金)の貸出先企業ごとに格付けを行って、それぞれの対応を決めていま …

中小・小規模事業者の「攻めの投資」を後押し

中小・小規模事業者の経営力を強化するために、昨年(平成28年)7月に施行された「 …

no image
人手不足、業種で格差 ~銀行員が建設業に転職できる??~

人材不足の業種間の格差が一段と広がっています。 最も深刻なのが「宿泊・飲食業(外 …

no image
経営改善(事業再生)の初期対応:現実を見つめ先の光を感じる

売上不振、顧客のトラブルで売掛金が回収できない、または災害の影響を受けたなどの理 …

no image
2017年6月30日「経営革新等支援機関」に認定されました

6月30日付で、経済産業大臣及び内閣府特命大臣(金融担当)から「経営革新等支援機 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP