絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

小規模事業者持続化補助金の公募開始*締め切り平成29年1月27日

平成28年度第2次補正予算の成立に伴い、小規模事業者持続化補助金の公募が開始されましたので、その内容を紹介します。

今回は、「熊本地震対策型」「台風激甚災害対策型」と併せて、『一般型』として公募されます。

そのため、「一般型」の採択率は従来と比べて低くなる可能性があります(私見)。

ここでは「一般型」に関して説明しますが、「熊本地震対策型」に該当する可能性がある方は、お問い合わせ頂ければ検討します。

この補助金は、商工会議所、商工会と連携して申請するもので、個人事業者も申請することができます。

この補助金も、他の補助金と同様に、自社の「事業計画」が重要になります。

「事業計画」の策定には、「現状の正しい認識」と「自社の強みに基づく事業戦略」が必要です。

当事務所は、単なる申請書の作成支援ではなく、「事業計画の策定」に関しても支援させて頂きたいと思っていますので、ぜひ、お問い合わせをお願いします。

基本的には、平成28年の5月に公募されたものと同じですが、補助上限額を100万円(通常は50万円)に引き上げることができる要件に「従業員の賃金を引き上げる取り組みを行う事業者」が加わっています。

 

募集期間

平成28年11月4日(金)~平成29年1月27日(金) *当日消印有効

※ 商工会議所・商工会作成の「事業支援計画書」が必要

 

事業実施期間

交付決定日から実施期限(平成29年12月31日(日))まで

補助金の目的

持続的な経営に向けた「経営計画」に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取組みや、地道に販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助する。

 

補助対象者

日本国内に所在する次の(1)~(4)を満たす小規模事業者

(1)小規模事業者の定義に該当する会社、個人事業者

① 卸売業・小売業:常勤の従業員が 5人 以下

② サービス業(宿泊業、娯楽業以外): 5人 以下

③ サービス業のうち宿泊業・娯楽業: 20人 以下

④ 製造業その他: 20人 以下

※補助対象者にならない者

・医師、歯科医師、助産婦、医療法人

・組合、一般社団法人、一般財団法人、NPO法人

・宗教法人、学校法人、農業組合法人、社会福祉法人

・申請時に事業を行っていない創業予定者

・任意団体 等

(2) 商工会議所、商工会の管轄地域内で事業を営んでいること

(3) 持続的な経営に向けた経営計画を策定していること

(4) 反社会的な組織と関りがないこと(法人等、代表者、役員等)

 

補助対象事業

(1)策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等の取組み。

あるいは、販路開拓等の取組みと併せて行う業務効率化(生産性向上)のための取組み。

 

① 地道な販路開拓等の取組みについて

持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓や売上拡大の取組み。

●日本国内に限らず海外市場も含む。また、消費者向け、企業向け取引のいずれも対象。

●本補助事業の完了後、概ね1年以内に売上げにつながることが見込まれる事業活動。

<補助対象となり得る販路開拓等の取組事例>

・新商品を陳列するための棚の購入

・新たな販促用チラシの作成、送付

・新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)

・新たな販促品の調達、配布

・ネット販売システムの構築

・国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加

・新商品の開発

・商品パッケージ(包装)のデザイン改良

・新商品の開発にあたって必要な図書の購入

・新たな販促用チラシのポスティング

・国内外での商品PRイベントの実施

・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言

・(買い物弱者対策事業において)移動販売車両の導入による移動販売、出張販売

・新商品開発に伴う成分分析の依頼

・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む)

 

② 地道な販路開拓等の取組みについて

販路開拓と併せて行う、業務効率化(生産性向上)の取組みを行う場合には、業務効率化(生産性向上)の取組みについても、補助対象事業になる。

※業務効率化には、「サービス提供等プロセスの改善」、「IT利活用」がある。

<「サービス提供等プロセス改善」の取組事例>

・業務改善の専門家からの指導、助言による長時間残業の削減

・従業員の作業導線の確保や整理スペースの導入のための店舗改装

<「IT利活用」の取組事例>

・新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する

・新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事・給与管理業務を効率化する

・新たにPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する

・新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する

 

(2)商工会議所、商工会の支援を受けながら取り組む事業であること

(3)次に該当する事業でないこと

・同一内容の事業について、国(独立行政法人等を含む)が助成する他の制度(補助金、委託費等)と重複する事業

・本事業の完了後、概ね1年以内に売上げにつながることが見込めない事業

・事業内容が「公序良俗」を害するもの

 

補助対象経費

(1)次の①~③の条件を全て満たすもの

① 使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費

交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費

③ 証拠資料等によって支払金額が確認できる経費

(2)補助対象経費

①機械装置等、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪車両購入費、⑫委託費、⑬外注費

*車両購入費:買い物弱者対策に取り組む事業のみ

※例えば、パソコンは対象外(汎用性があるため)、補助事業に関連するホームページ作成は対象になる

 

補助率・補助額

<補助率>

補助対象経費の2/3以内

<補助額>

上限:50万円  全体が75万円の場合、2/3の50万円

※ただし、以下の場合は補助上限が引き上げられる

・上限:100万円・・・

① 従業員の賃金を引き上げる取り組み

② 雇用を増加させる経営計画に基づく取り組み

③ 買い物弱者対策に取り組む事業

海外展開に取り組む事業

・上限:500万円・・・複数の小規模事業者が連携した共同事業

*「1事業者あたりの補助上限額」×「連携小規模事業者数」

連携する全ての小規模事業者が関与する事業であることが要件

 

審査の観点

(1)基礎審査

① 必要な提出資料が全て提出されていること

② 前述の「補助対象者」および「補助対象事業」の要件に合致すること

③ 補助事業を遂行するために必要な能力を有すること

小規模事業者が主体的に活動し、その技術やノウハウ等を基にした取組であること

(2)加点審査

経営計画書・補助事業計画書について、次に示す項目に基づき加点審査を行い、総合的な評価が高いものから採択を行う。

※この「加点審査」に関連する申請書の記載が採択の可否の決めてになります。

① 自社の経営状況分析の妥当性

自社の製品・サービスや自社の強みを適切に把握しているか?

② 経営方針・目標と今後のプランの適切性

・経営方針・目標と今後のプランは、自社の強みを踏まえているか

・経営方針・目標と今後のプランは、対象とする市場(商圏)の特性を踏まえているか?

③ 補助事業計画の有効性

・補助事業は具体的で、当該小規模事業者にとって実現可能性が高いものとなっているか?

・地道な販路開拓を目指すものとして、補助事業計画は、経営計画の今後の方針・目標を達成するために必要かつ有効なものか?

・補助事業計画に小規模事業者ならではの創意工夫の特徴があるか?

・補助事業計画には、ITを有効に活用する取り組みが見られるか?

④ 積算の透明・適切性

・事業費の計上・積算が正確明確で、事業実施に必要なものとなっているか?

(3)その他:「小企業者(常時従業員5人以下)が全体の5割以上採択されるよう、優先的に採択する。

 

補助事業のスキーム

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

 

  関連記事

no image
コンパクトシティー ~人口減への対応~

前回、少子高齢化による人口減少、東京を中心とした都市への人口移動、これによる地方 …

no image
平成31年度「経産省の中小企業向け施策」と当社の支援メニュー

先に平成31年度の経済産業省の「概算要求」のポイントを紹介しましたが、今回は中小 …

利益を出し続ける(3)資金がショートしないようにする仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(3)担保が付いた自宅は? 

連携している(株)事業パートナーの記事を参照して紹介しています。 ★事業パートナ …

no image
当社は「経営革新等支援機関」の経営支援が可能です

当社の代表は、経済産業大臣から「経営革新等支援機関」に認定されています。 また、 …

早期の経営改善を支援します

政府の「中小企業施策」として、新たな制度が導入されています。 政府の方針は明確で …

経営者(1)「皆さん、一度でいいから社長になって下さい」

(本記事は、2015年9月に書いたものを、2020年7月に一部修正をしています) …

「人手不足」女性活用の切り札 *日本にベビーシッターの文化を (株)キッズライン

現在、少子高齢化により、ほとんど全ての職種で「人手不足」が深刻化しています。 「 …

no image
「新型コロナウィルス」で事業継続計画の見直し

2020年6月25日の日本経済新聞に『TOTO、BCP見直し』という見出しで、「 …

no image
セグメント別の業績分析・管理で利益向上を

各企業で毎年あるいは四半期(3ケ月)、月単位で業績を集計して、経営の状況を把握し …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP