絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

人手不足を乗り切る:人材を人財に!!

最近の中小企業の経営者からの相談として、「経営不振による借入金の返済」に加えて「人手不足」、それに関連する「外国人」の採用に関するものも多くなっています。

現在、ひと頃と比べて景気は良くなっている状況と言われていますが、各企業によって業績はまちまちです。

「仕事は多く入るが、人手が足りない」「もう少しレベルが高い仕事を取りたいが、それを担当できる優秀な社員がいない」という会社もあります。

「中小企業の場合は人は集まらない」という前提で考えていく必要があると思っています。

すなわち、今いるメンバーが辞めなくて、いかに能力を高めていくかがポイントになります。

経営改善は、人の改善が最も有効です。

今回は、「なぜ会社を辞めるのか?」とその対応について示します。

 

人手不足の対策

人手不足の対策は次の3つです。

(1) 既存のメンバーの生産性(能力)を上げる

(2) 女性・高齢者・(外国人)の雇用を真剣に考える

(3) 離職者を減らす

特に、(1)と(3)では、人材を「人財」に変える「育てる」という考えが必要です。

 

会社の中の「ジンザイ?」

ある雑誌で見つけた「ジンザイ」の定義を示します。

私が勤めていた会社の職場は比較的人が多かったので、各ジンザイに当てはまる方はいたと思います。

私の会社での最後は、「人在」や「人済」だった気もします。

中小企業では、特に人が財産なので、「人財」に持っていく必要があります。

 

労働人口の減少が中小企業の事業に与える影響

2015年頃をピークに人口は減少し、年間50万人以上、すなわち2年で人数からすると北九州市が消滅していくことになります。

労働人口(15歳~64歳)は総人口の前に、2005年から減少に入っています。

労働人口の減少が事業に与える影響としては、次のことが推定されます。

① 従業員を確保できなくて、廃業や倒産が増える

② 人件費が上がって採算が取れなくなり赤字になる⇒廃業や倒産

③ 優秀な人材は大企業へ、優秀でない人材が中小企業という構図になり、つまり、中小企業は利益が上がらなくなる。

これを補うために、機械化、ロボット化、人口知能といった人間に代わる仕組みができあがっていきます。

これらの技術は、飛躍的なスピードで進歩し、産業構造を大きく変化させ、無くなる職業・職種もでてきます。

 

なぜ、従業員は辞めるのか?

最初から辞めるつもりで会社に入る者はいません。

多くの従業員は、「この会社に貢献したい。この会社で自分を成長させたい」という気持ちで入社します。

しかし、現実は3年以内に多くの方が退社します、それはなぜでしょうか?

<退社理由>

① 労働環境が劣悪(サービス残業、いじめ、長時間労働など)。

② 自分が考えていた仕事内容と現実があまりにもかけ離れている。将来に希望が持てない。

③ 自分の給料が現実の自分の仕事内容に比べると安すぎる。

④ 会社の雰囲気があまりにも暗く、組織も自分も単なる「歯車」にしか過ぎず、将来に自分を成長させることができない。

⑤ 他社からヘッドハンティングを受けた。

これらを自社に当てはめてみて、体質改善を図るべきです。

 

どうしたら従業員は辞めなくなるのか?

① 労働環境

計画的に残業を止める。止めなければ人はいなくなります。

今までの残業代を残業しなくてももらえるように、業務の効率を上げる努力を全員でする必要があります。

*残業は、各種の報道のように、色々な弊害をもたらします

② 自分の思っていた仕事内容との乖離

・入社時、その後3年間で自分の目標設定と会社としての支援体制を確立し、常に見守っているという風土を築きます。

③ 給料が安すぎる

・不満の原因を話し合える仕組みを作ります。

給料は高ければ良いのではなく、仕事内容に対して給料がマッチングしていれば納得できます。

そのためには、会社の現在の状況や将来の見通しもきちんと説明し、個人の言い分も聞いてあげる双方向の「対話」が重要です。

*対話は、一方的ではなく、相手の話も聞いて、理解することです。

④ 社内の雰囲気が悪い

・会社全体の問題であり、まずは経営者の考え方を変える必要があります。

過去に何人もの人が辞めている現実を認めて、その原因を考えるべきです。

⑤ ヘッドハンティング

・「自分(経営者)の問題を素直に反省して慰留に努める」か「喜んで送り出す」かです。

ここは、「喜んで送り出しましょう」、そして残ったメンバーのことを考えましょう。

 

今回は、経営改善に重要な人の面、特に「辞めないために」を紹介しました。

次回は、個々のメンバーが「やりがい」を持って会社で仕事をするための「目標の設定」「給料」の面を紹介します。

★ 経営は人に始まって人に終わる

★ 人の育成には正しい考えと時間・根気が必要

 

 

  関連記事

経営計画の策定(2) 経営をなめるな! 倒産原因とその対策

前回は、経営計画の目的による分類を紹介しましたが、今回は「経営計画がない」ことに …

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(3)担保が付いた自宅は? 

連携している(株)事業パートナーの記事を参照して紹介しています。 ★事業パートナ …

no image
中小企業への支援策、次々と公表

政府は、2017年度補正予算と2018年度本予算ならびに税制改正によって、積極的 …

9月8日 「創業支援セミナー」受講

9月8日(火)に北九州市小倉で、日本政策金融公庫主催で、TKC九州会北九州支部( …

no image
●★ 経営計画書はどのように作るのか? ★●

前回「経営計画はなぜ必要なのか?」を記載しました。 今回は「経営計画書はどのよう …

no image
日本はビジネスがしにくい国?       *ビジネス環境ランキングから思うこと

2017年11月に「ビジネスのしやすさ」の順位付けが公表されています。 日本は、 …

経営戦略(2)現状の正しい認識①「3C分析」「SWOT分析」

*2015年10月の投稿記事を2020年に一部修正しています。 前号の記事から「 …

利益を出し続ける(4)儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

会社継続・発展のための財務諸表の使い方

9月17日に北九州テクノセンタービルで開催されました「公益法人 北九州産業学術推 …

中小企業等経営強化法2016年7月よりスタート

2016年7月より「中小企業等経営強化法」が施行されます。 本法について、中小企 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP