絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

●★ 経営計画書はどのように作るのか? ★●

前回「経営計画はなぜ必要なのか?」を記載しました。

今回は「経営計画書はどのように作るのか?」を記載します。

経営計画の策定のステップと必要な能力を図に描いたものを示します。

経営計画を策定するには、次の4つの能力が必要と考えています。

まず最初に

(1)あるべき姿を描く力(方向性を決める)

現状分析として、

(2)自社を見つめ直す力

(3)環境変化を読む力

そして、(1)~(3)の内容をもとに

(4)道筋を造る能力

 

あるべき姿を描く(方向性を決める)

経営計画を策定するためには、「経営者の夢」「理想」「アイデア」などをもとに

将来どのような企業になっていたいのか?」という「あるべき姿」を明確にすることが重要になります。

現状分析を行う

経営計画は、戦略を実現するために必要な具体的な「施策の行動計画」と、その「行動による結果を数値(目標値)」によって表します。

この数値を算出するためには、その前提となる根拠を明確にしなければなりません。

このため、まずは現状分析を行う必要がでてきます。

A)今、いくらお金があるのか?

B)今、社員数は、社員のレベルはどの位か?

C)自社の問題点はどこにあるのか?

経営計画は、現状から「あるべき姿」に到達するための道筋を示したものです。

道筋を示すためには、自社が現在どのような状況にあるか「現状を正しく把握する」ことが重要になります。

現状の把握には、

内部環境分析(自社を見つめ直す):自社が保有する経営資源や収益構造について分析します

外部環境分析(環境変化を読む):自社を取り巻く経営環境について分析します

*外部環境は刻一刻変化していますので、最新情報を入手することが必要です

一つ一つ計画を作り上げる

経営計画書において、必要な項目はだいたい限られます。

その項目を、以下に示します。

1) 会社概要

2) ビジョン(何年後の姿)

3) 誰に売るかの分析

4) 競合相手は誰かの分析

5) 自社の強みと弱みの分析

6) 事業概要

7) 業務のフロー

8) 人員計画

9) 中期収支計画(3~5年)

10) 短期収支計画(1年)

ここに記載の全てが必要なわけではありません。。

状況に応じて、必要な項目で構成する形が良いです。

効率の良い事業計画書の作成は、基本計画を作成しておいて、必要時に必要な内容を加えて再構成することです。

 

「経営計画」は金融機関などの外部に示す場合もありますが、策定する目的は「自社の成長」にあります。

計画を立案するだけで満足することなく、活用することが重要です。

毎月、計画と実績を照らし合わせて、分析し、軌道修正を加えて行くことが会社を強くします

 

 

 

  関連記事

no image
人手不足、業種で格差 ~銀行員が建設業に転職できる??~

人材不足の業種間の格差が一段と広がっています。 最も深刻なのが「宿泊・飲食業(外 …

利益を出し続ける(2)社員がやる気を出す仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
平成31年度の経済産業省の「概算要求」のポイント

経済産業省から平成31年度の予算の概算要求が公表されています。 この項目から、経 …

9月8日 「創業支援セミナー」受講

9月8日(火)に北九州市小倉で、日本政策金融公庫主催で、TKC九州会北九州支部( …

会社継続・発展のための財務諸表の使い方

9月17日に北九州テクノセンタービルで開催されました「公益法人 北九州産業学術推 …

経営計画の策定(4)自社の銀行での格付けを知ろう

銀行は、お金(資金)の貸出先企業ごとに格付けを行って、それぞれの対応を決めていま …

no image
セグメント別の業績分析・管理で利益向上を

各企業で毎年あるいは四半期(3ケ月)、月単位で業績を集計して、経営の状況を把握し …

小規模事業者持続化補助金の公募開始*締め切り平成29年1月27日

平成28年度第2次補正予算の成立に伴い、小規模事業者持続化補助金の公募が開始され …

中小企業等経営強化法2016年7月よりスタート

2016年7月より「中小企業等経営強化法」が施行されます。 本法について、中小企 …

経営戦略(6)戦略立案:どうやって勝つのか②

これまで、経営戦略について、「現状(自社、市場・競合)を正しく理解」することの重 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP