絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

当社は「経営革新等支援機関」の経営支援が可能です

当社の代表は、経済産業大臣から「経営革新等支援機関」に認定されています。

また、当社は目的に応じて、複数の「経営革新等支援機関」と連携して、経営支援を行うことが可能です。

認定支援機関とは?

経営革新等支援機関(認定支援機関)は、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

 

認定支援機関に相談できる課題

● 経営計画作成支援

● 事業再生(経営改善)・廃業支援

● 事業承継・M&A

● 生産管理・品質管理、IT推進

● 販路開拓・マーケティング・商品(製品)開発

● 金融・財務(資金調達・日々の資金管理)

● 創業支援(計画策定と資金調達)

● 補助金の申請

など、幅広い経営課題の相談を受けることができます。

 

当社の「認定支援機関」としての強み

当社は、これまで「金融機関への返済に困っている」「短期で資金がショートする」「3期連続赤字」などの経営に行き詰まった企業の支援を行ってきました。

その中で実施してきました「経営計画の策定」に強みを持っています。

経営計画の策定には、次に示すように4つの能力が重要です。

1 あるべき姿を描く力(方向性)

2 自社を見つめ直す力

3 環境変化を読む力

4 道筋を造る力

この「経営計画策定」の強みを活かして、特に、次の点を重点テーマとして取り組んでいます。

・事業再生(経営改善)、廃業支援

・事業承継、M&A

・創業支援(計画の策定と資金調達)

・補助金の申請(事業計画から補助金の有効活用)

これらの実施に関しては、当社と連携している様々な専門家の方と共同で取り組んでいきます。

 

  関連記事

利益を出し続ける(2)社員がやる気を出す仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
セグメント別の業績分析・管理で利益向上を

各企業で毎年あるいは四半期(3ケ月)、月単位で業績を集計して、経営の状況を把握し …

経営者(4)「経営者に求められる役割」

北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業支援を業務とする行政書士事務所です。代 …

no image
倒産企業の寿命「23.5年」 ~2017年の倒産件数は「8405件」~

2月23日の日刊工業新聞に、昨年(2017年)の倒産に関する記事が掲載されていま …

経営者(3)コンプライアンス「今でも迷う10年前の判断」

今号では、コンプライアンスに関して、10年前に判断したことで、今でも迷っているこ …

no image
2017年6月30日「経営革新等支援機関」に認定されました

6月30日付で、経済産業大臣及び内閣府特命大臣(金融担当)から「経営革新等支援機 …

小規模事業者持続化補助金の公募開始*締め切り平成29年1月27日

平成28年度第2次補正予算の成立に伴い、小規模事業者持続化補助金の公募が開始され …

ローカルベンチマークについて

先に紹介しました「中小企業等経営強化法」の中で、経営状況を把握する際の「財務指標 …

経営戦略(1)経営戦略とは?

経営戦略の必要性 北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業支援を業務とする行政 …

経営戦略(4 )自社を固める:事業ドメインの設定

北九州アシスト法務事務所は、中小企業支援を主な業務とする行政書士事務所です。 こ …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP