絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

利益を出し続ける(5)社長がいつ交代するかの仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を5回の連載で紹介しています。今回は5回目(最終回)です。

【1】 「売れる商品・サービス」を作り、改善を継続する仕組み

【2】 社員が一生懸命に仕事をしたくなる仕組み

【3】 資金がショートしないようにする仕組み

【4】 儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

【5】 社長がいつ交代するかの仕組み

残念なことに大多数の中小企業には、ここに示した仕組みがありません。たとえあったとしても非常に未熟です。

「どんぶり勘定」「場あたり的」な経営で、勉強をしない経営者を待っているのは、「倒産」しかありませんので、5つの仕組みを理解して体制の整備を行いましょう。

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

【5】社長がいつ交代するかの仕組み

事業継承に関しては次に示す考えで取り組む必要があります。

1. 社長になってからすぐに承継のことを考える

2. 後継者は身内とは限らない、馬鹿息子に承継させて倒産するよりは、社内外の優秀な人材に継がせるべき

3. 事業承継の準備には10年かかる

4. 経営術は現社長からは学べない、最適な教育機関で習得させるべし

5. 後継者に多くの負担を残してはならない

事業継承の準備に10年かける理由

事業継承を身内や親族、社員や外部人材の誰を対象にするにしろ、多くの社長は数年掛けて、社内業務の引き継ぎや外部の取引先や銀行などとの顔つなぎを考えると思います。

ただ、これだけでは実際に次期社長が経営を行う時、多くの場面で判断に苦しむことになってしまいます。

例えば、社内の幹部候補が退職を希望していた時にどう引き止めるか資金繰りの目処がつかずに銀行の担当者も厳しい反応を示した時にどう対応するかといった大きな決断をする時です。

こういったことへ対応できる様になるためには「経営の知恵」が必要ですが、それを伝えるにも多くの時間がかかります。

また、その時に外部の教育機関を利用するのは知識と知恵のアップデートにとても有効です。

この「知恵」も含めると継承には10年位かかると想定して行動する必要があります。

 

<今回のポイント>

事業継承には10年かかると考え、特に知恵の引き継ぎに時間をかける!

 

今回、「(株)事業パートナー」の記事から、「利益を出し続ける」というテーマで、5回にわたり「経営の基本的な考え」を紹介しました。

会社を存続させ、発展させるためには「利益を出し続ける」ことが必要です。

そのためには、智恵を出して、「仕組み」を造り・運用することが重要です。

 

(株)事業パートナー九州では「経営に関する相談」を受付けています

弊社だけでは解決できない課題に関しては、「(株)事業パートナーをはじめ、幅広い人的ネットワーク」を使って解決していきます。

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事

経営戦略(3)現状の正しい認識②「5フォース分析」

北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業支援を業務とする行政書士事務所です。 …

no image
人手不足、業種で格差 ~銀行員が建設業に転職できる??~

人材不足の業種間の格差が一段と広がっています。 最も深刻なのが「宿泊・飲食業(外 …

経営戦略(1)経営戦略とは?

経営戦略の必要性 北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業支援を業務とする行政 …

no image
倒産企業の寿命「23.5年」 ~2017年の倒産件数は「8405件」~

2月23日の日刊工業新聞に、昨年(2017年)の倒産に関する記事が掲載されていま …

利益を出し続ける(2)社員がやる気を出す仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
国連サミットで制定された「持続可能な開発目標」  ~企業経営の参考にしてみませんか~

昨年の4月から「九州工業大学」の産学連携のコーディネータを務めさせて頂いてます。 …

no image
事業継続に不安を感じた時に:大きく3つの選択

事業の継続に不安を感じた時の手段は、大きく次の3つです。 (1)経営改善(再生) …

no image
税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%   この数字は?

この数字は何でしょうか? 10~20年後に「AI(人口知能:コンピュータ)」によ …

経営者(2)経営者像:ビジョンを示し実践する人

北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業を支援する行政書士事務所です。 暫くの …

経営戦略(6)戦略立案:どうやって勝つのか②

これまで、経営戦略について、「現状(自社、市場・競合)を正しく理解」することの重 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP