絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

預金と借金の適正額・自宅の守り方(2)返せない借金はどうしたら良いのか? 

連携している(株)事業パートナーの記事を参照して紹介しています。

★事業パートナーのホームページはこちら

預金と借金の適正額・自宅の守り方」に関して3回シリーズで紹介します。

前回は、「預金と借金の適正額」について紹介しました。今回は銀行から借りたお金を返せなくなった場合の対応について紹介します。

ほとんどの経営者は、自分の家族の生活費を犠牲にしても、銀行に返すことを第一優先で対応しますが、苦しいときはまずは銀行への返済を止めることを検討することが最も有効な策です。

 

(2回目)返せない借金はどうしたら良いのか?

 

リスケジュールの交渉

銀行から借入れをする時には「金銭消費貸借契約書」というものを取り交わします。

世の中には種々な契約書がありますが、全ての契約が約束通り守られるかと言うと、そうではありません。つまり、契約書とは約束が守られない場合があるという前提で作られているのです。

会社の資金繰りが苦しくなって銀行へ約束通り返済できなくなったら、無理して返済するのではなく銀行に相談して「待ってもらう」ことを依頼します

銀行へ返済する前に支払う所があるはずです。社長の給料、従業員の給料、仕入代金、税金、家賃などです。

例えば、毎月50万円の元金返済をしているとしたら、極端な話、それをゼロにすることも十分可能です。

それを「リスケジュール」、一般的には「リスケ」と言っています。

中小企業の10社に1社位は、このリスケを行っています。国も中小企業支援のために、このリスケを認めています。

現在では3ヶ年位のリスケは常識となっています。リスケが終わって収益が改善されれば、元の返済額に戻せば良いのです。

 

代位弁済の活用

しかし、リスケをしても利息は支払わなければなりません。その利息も支払えないという状態であれば、思い切って元金も利息も止めて、銀行への返済全額を保証協会に立て替えてもらうという方法もあります。これを「代位弁済」と言います。

保証協会に代位弁済してもらった後は、銀行の約定返済額と違って、保証協会にその時に返済できる金額だけ支払えば良いというのがルールです。

これは、保証協会は中小企業を支援するための国の機関だからです。ただ、代位弁済をすると原則的には、その後、銀行からの借入れは困難になります。加えて、保証協会付き融資ではない“プロパー融資”の場合、代位弁済というものはありません。

代位弁済をすると一気に資金繰りは楽になります。種々な支払いを止めるのであれば、代位弁済を選ぶ方が賢明な場合が多くあります。

また、保証協会の保証率が100%でない保証の場合は、銀行への残金が少しは残りますが、大きな影響はないはずです。

 

  ≪今回のポイント≫

銀行借入れが返せないときは、国も認めるリスケや代位弁済をすることを考える!

 

 

  関連記事

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(3)担保が付いた自宅は? 

連携している(株)事業パートナーの記事を参照して紹介しています。 ★事業パートナ …

no image
深刻な中小企業の人手不足~打開策を考えましょう~

いろいろな中小企業の経営者の方と接することがありますが、「人手不足」で困っている …

no image
セグメント別の業績分析・管理で利益向上を

各企業で毎年あるいは四半期(3ケ月)、月単位で業績を集計して、経営の状況を把握し …

●★ 経営計画の策定はなぜ必要なのか? ★●

大多数の中小企業の経営者は、多大な努力をして長年自分の会社を経営してきています。 …

no image
(中小企業の人事戦略の参考として)大企業の政策が変わる?

今回の記事は大企業向けであり、中小企業には必ずしも当てはまりませんが、社会の流れ …

経営者(1)「皆さん、一度でいいから社長になって下さい」

(本記事は、2015年9月に書いたものを、2020年7月に一部修正をしています) …

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(1) 

当社((株)事業パートナー九州)が連携しています、数多くの事業再生を成功している …

no image
コンパクトシティ・スマートシティ?

東京一極集中の現状 2020年5月、東京都の人口は「1,400万人」、この20年 …

経営戦略(1)経営戦略とは?

経営戦略の必要性 北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業支援を業務とする行政 …

no image
当社は「経営革新等支援機関」の経営支援が可能です

当社の代表は、経済産業大臣から「経営革新等支援機関」に認定されています。 また、 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP