絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

会社継続・発展のための財務諸表の使い方

9月17日に北九州テクノセンタービルで開催されました「公益法人 北九州産業学術推進機構」「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」主催のセミナーを受講しました。

基本からわかる会計講座 ~税務申告だけではもったいない~

講師は、「アジア太平洋マネジメントの青木道生代表」で、金融機関に勤めていて、その後、経営コンサルタントとして独立された方で、中小企業の財務政策の立案を専門分野にされています。

中小企業大学校(直方校、人吉校、広島校)の講師もされています。

金融機関で実際に融資の最前線でご活躍されていて、その後、コンサルタントとして、多くの中小企業の経営立て直しをされているので、理論的な話ではなく、実務的な内容であり、興味深く聴かせて頂きました。

 

基本編(午前)、応用編(午後)の2部構成で財務諸表

貸借対照表(B/S)

・損益計算書(P/L)

・キャッシュフロー(CF)計算書

の見方と、現在、過去の財務諸表の分析から、「未来の会社でお金をどうやって増やすかのアプローチ」までについての視点を学ぶことができました。

財務諸表の分析は、現在の会社の状況を明らかにするのが目的でなく、「将来の会社継続・発展」のための施策を導くのが目的であり、その分析を誤ると、会社がつぶれてしまう方向に行ってしまうとのこと。

セミナーの案内を見たときは、種々の「財務指標」、例えば、「売上高総利益率」「自己資本比率」「流動比率」「総資本回転率」などの解説と、各数値の目標値などの話が中心かと思っていました。

今回のセミナーは、「貸借対照表」が中心(銀行員は90~95%は貸借対照表で状態を把握)で、また、中小企業では公表が義務付けられていない「キャッシュフロー計算書」の重要性の説明も受けました。

 

今回のセミナーで、断片的に理解していたことが、整理された気がします。

多少の視点の違いはあるかと思いますが「赤沼創経塾」で学んでいることも、同じ方向で、私の理解が不十分であったことに気付かせて頂きました。

 

北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業支援を行う行政書士事務所です。会社経営において、「会計マネジメント」は最も重要であり、これが機能しないと、会社の発展ができなく、倒産あるいは「金融機関の餌食」になってしまいます。

近い時期に、ブログで、「会計マネジメント」に関して、「赤沼創経塾」や今回のセミナーで学んだことを含めて紹介させて頂きたいと思っています。

 

 

 

 

  関連記事

no image
2017年6月30日「経営革新等支援機関」に認定されました

6月30日付で、経済産業大臣及び内閣府特命大臣(金融担当)から「経営革新等支援機 …

利益を出し続ける(5)社長がいつ交代するかの仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
セグメント別の業績分析・管理で利益向上を

各企業で毎年あるいは四半期(3ケ月)、月単位で業績を集計して、経営の状況を把握し …

中小企業等経営強化法2016年7月よりスタート

2016年7月より「中小企業等経営強化法」が施行されます。 本法について、中小企 …

ローカルベンチマークについて

先に紹介しました「中小企業等経営強化法」の中で、経営状況を把握する際の「財務指標 …

早期の経営改善を支援します

政府の「中小企業施策」として、新たな制度が導入されています。 政府の方針は明確で …

利益を出し続ける(4)儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

利益を出し続ける(1)売れる商品・サービス

今号から「経営改善で連携」している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益 …

利益を出し続ける(2)社員がやる気を出す仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

「人手不足」女性活用の切り札 *日本にベビーシッターの文化を (株)キッズライン

現在、少子高齢化により、ほとんど全ての職種で「人手不足」が深刻化しています。 「 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP