絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

●★強みを計画に「経営革新計画」の策定★●

先に「ものづくり補助金」に関して紹介していますが、この補助金の加点ポイントの一つに「経営革新計画の認定」があります。

「ものづくり補助金」では、この認定を取ることで無条件で採用されることはありませんが、加点としてはかなりのウエイトを占めると判断しています。

当社((株)事業パートナー九州)に、「ものづくり補助金」の申請の支援依頼があった場合は、この「経営革新計画」の認定を受けることをお勧めしています。

「ものづくり補助金」を申請する前に、経営革新計画の認定を受けていれば、この計画をベースにして、補助金の申請書を容易に作成することが可能になります。

 

「経営革新」の法認定とは

経営革新とは、「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律(中小企業新事業活動促進法)」に基づいて、新しい事業を立ち上げようとする中小企業「事業計画書」を策定し、都道府県知事から承認を受ける制度です。

この「事業計画書」を策定するにあたり、「自社や環境(市場・競合・顧客)の現状分析」を行い、自社の強みを明確にすることが重要になります。

経営革新計画の法律承認を受けるためには、次の内容を明確にする必要があります。

1.新たな事業計画の策定

これまで自社で取り組んでいなかった、次のような新たな事業の計画書(3~5年計画)を策定します。

自社が、従来の事業から蓄積した「強みを活かす」事業展開であるかがポイントになります。

① 新商品の開発または生産

② 新役務(サービス)の開発または提供

③ 商品の新たな生産方式または販売方式の導入

④ 役務(サービス)の新たな提供の方式またはその他の新たな事業活動

2.経営目標の設定

次の2つの指標を満たす事業計画を立案することが必要です。

① 付加価値額または従業員1人当たりの付加価値額が、年率平均3%以上伸びていること

計画終了時に、

・3年計画の場合:9%以上

・4年計画の場合:12%以上

・5年計画の場合:15%以上

*付加価値額=営業利益+人件費+減価償却費

*1人当たりの付加価値額=付加価値額/従業員数

② 経常利益が年率1%以上伸びていること

*経常利益=営業利益ー営業外費用(支払利息・新株発行費等)

経営革新計画書を作成することで、経営目標が明確になるほか、承認を受けると都道府県から定期的な支援を受けられ、また、次に示すメリットがあります。

 

「経営革新計画」承認のメリット

経営革新計画が承認されると、次のメリットがあります。

1.信用保証協会の融資枠の拡大

① 経営革新計画の承認事業に対する資金の別枠(追加)保証

*保証が通常限度額の倍になります

② 経営革新のために必要となる新事業開拓(研究開発)保証額の増額

*通常2億円が、3億円に増額

2.政府金融機関による承認事業資金の低利枠(追加)融資
3.税制上の優遇措置

・機械・装置取得額の30%の特別償却または取得額の7%の税額控除

・リースの場合は、リース費用総額の4.2%の税額控除

4.その他のメリット

会社のPR効果:都道府県のホームページに掲載され、引き合いが増える可能性がある

会社の信用力の向上:民間銀行は直接優遇する融資はないが、企業の格付けが向上する

その他:特許出願支援、販路開拓支援などが受けられる

「ものづくり補助金」では、加点ポイントになる

 

「ものづくり補助金の申請」に関わらず、現在の経営を見直し、「経営の向上」を図りたい企業の方、お問い合わせ下さい。

 

 

  関連記事

no image
2017年6月30日「経営革新等支援機関」に認定されました

6月30日付で、経済産業大臣及び内閣府特命大臣(金融担当)から「経営革新等支援機 …

no image
「労働分配率経営」で社員のやる気向上、会社の発展を!!

皆さん、会社の業績をどのように判断してますか? また、社員の給料をどのように決め …

利益を出し続ける(1)売れる商品・サービス

今号から「経営改善で連携」している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益 …

経営計画の策定(3)銀行を知ろう~各銀行の特色と対応~

企業の運営には「お金(資金)」が必要です。 金融機関からの借入がなく全て自分のお …

no image
セグメント別の業績分析・管理で利益向上を

各企業で毎年あるいは四半期(3ケ月)、月単位で業績を集計して、経営の状況を把握し …

no image
人手不足、業種で格差 ~銀行員が建設業に転職できる??~

人材不足の業種間の格差が一段と広がっています。 最も深刻なのが「宿泊・飲食業(外 …

経営戦略(6)戦略立案:どうやって勝つのか②

これまで、経営戦略について、「現状(自社、市場・競合)を正しく理解」することの重 …

利益を出し続ける(4)儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
平成31年度「経産省の中小企業向け施策」と当社の支援メニュー

先に平成31年度の経済産業省の「概算要求」のポイントを紹介しましたが、今回は中小 …

経営戦略(5)戦略立案:どうやって勝つのか①

北九州アシスト法務事務所が考えている「経営戦略のステップ」を改めて示します。 1 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP