絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

[街の法律家(6)消費者ニュース2016年2月]

福岡県行政書士会から送付の消費者に関するニュースを紹介します。

コインパーキング」「賃貸アパート」に関する相談が紹介されています。

いつ、どこで、トラブルに遭うかわかりませんので、十分に気を付けて下さい。

 

コインパーキングの清算後にバックしたら、駐車券紛失扱いになり多額な料金を請求された

*福岡県消費生活センター

<相談事例> (40歳代男性)

無人のコインパーキングに1時間ほど駐車。

料金700円を千円札で支払い出場しようと前進し、お釣りを取り忘れたことに気付き車を少しバックさせたところ、ゲートが降りて車を出せなくなった。

業者のコールセンターに連絡すると、バックした場合は駐車券紛失扱いとなり、料金は2万円になると言われた。

精算機に「バック禁止」と記載されているが、料金が2万円とは記載されていない。

駐車場には防犯カメラが設置されており、ビデオの映像を確認すれば料金を支払っていることは確認できるはずで、納得できない。

<処理結果>

センターが運営業者の本社に電話し、利用者は正規料金700円を支払っており、監視カメラのビデオでも確認できるのに、駐車券紛失として別に2万円を支払う理由は何かと尋ねた。

業者は、警備スタッフの人件費で、紛失時の料金を低く設定すると長時間利用して不正に低料金で出庫することが考えられるため高額に設定している。

『清算後バック禁止!』と表示しているので、注意を怠った利用者が悪い、と回答した。

不正をしていないと確認できる利用者に高額な料金を請求するのは問題ではないか、と伝えたが、明確な回答もなく電話を切った。

相談者が一部でも取り返したいと希望したので、センターが半額の1万円で一部返金の交渉をしたところ、業者は返金に応じた。

<アドバイス>

コインパーキングは消費者にとって便利なものである一方、料金や利用条件の表示に関するトラブルの相談は年々増加しています。

国民生活センターでも、業界に対して「消費者が利用前に料金や利用条件を理解できるよう、適切な表示を行うこと。不当と思われるような請求は行わないように配慮すること。」等を要望しています。

利用者も表示内容をよく確認して利用することを心掛け、トラブルになったときは消費生活センターに相談して下さい。

 

賃貸アパートに入居する時は、契約内容をしっかり確認しましょう!~入居してから気付く重要な契約事項~

*宗像市消費生活センター

<相談事例> (20歳代 男性会社員)

昨年4月に賃貸アパートの契約をし、現在住んでいる。

家賃は前払い家賃で、銀行口座振替になっている。

9月25日に10月分の家賃が引き落とされる予定だったが、その時に半年ごとの諸経費が上乗せされる事を忘れていたため、口座の残不足で引き落としができなかった。

9月末に管理会社から連絡があり、罰金として「5,000円払うよう」言われた。

たった5日遅れただけで、5,000円も罰金を払わないといけないのは納得できない。

<処理結果>

センターで賃貸借契約書を確認したところ、契約条項に『期日までに賃料の支払いを延滞した場合は、一回の請求につき一律5,000円の請求事務手数料を払うものとする』と明記していた。

相談者が弁護士のアドバイスを受け、管理会社と交渉したが、「契約書に明記している」の一点張りで、応じてくれなかった。

<アドバイス>

事例は、消費者契約法に抵触する可能性がありますが、相手が応じない場合は、裁判で争うしか方法がありません。

5,000円で裁判をするかどうかになると、時間や労力、費用など(費用対効果)の問題もあり非常に困難です。

事例の他にも、退去する時の敷金トラブルなどの相談も多く寄せられますので、賃貸アパートの契約をする時は事前に契約内容を一つ一つ確認するようにして下さい。

 

●各消費生活センターの相談窓口●

福岡県  092-632-0999(日曜日も電話相談可能)

福岡市  092-781-0999(第2・第4土曜日も電話相談可能)

北九州市 093-861-0999(土曜日も相談可能)

久留米市 0942-30-7700(第2日曜日も相談可能)

飯塚市  0948-22-0857

宗像市  0940-33-5454(第2・第4土曜日も電話相談可能)

*「消費者ホットライン」「188(いやや!)」(あなたの地域の消費生活センターをご案内します)

 

当「北九州アシスト法務事務所」は、主に、中小企業支援を業務とする行政書士事務所ですが、「街の法律家」として、市民の皆様のいろいろな法律面のご相談をお受け致します。

当事務所単独で対応できない内容については、他の支援機関と連携して対応致します。

時間が勝負」になる案件もありますので、おかしいと思ったときは、直ぐに、ご相談願います。

  関連記事

no image
経営指導研修 第2期のプログラム (合計:200時間)

経営指導研修(通称:200時間研修)の第2期を10月9日から開始しています。 現 …

経営指導研修 第2期 オープン講座    ●★ 企業の決算書の活用 ★●

「株式会社 事業パートナー九州」では、「株式会社 事業パートナーの松本社長」の全 …

no image
資金調達・金融最新レポート(赤沼創経塾2016年4月号)

「赤沼創経塾」が毎月発行している「起業家・中小・ベンチャー企業経営者のための資金 …

ビジネスセミナー:出版社から「ものがたりカンパニー」への華麗なる転身!?

10月13日に、「第73回北九州テレワークセンタービジネスセミナー」を聴講しまし …

資金調達・金融最新レポート(赤沼創経塾2016年1月号)

「赤沼創経塾」が毎月発行している「起業家・中小・ベンチャー企業経営者のための資金 …

no image
街の法律家(7)消費者ニュース2016年3月

福岡県行政書士会から送付の消費者に関するニュースを紹介します。 「新聞の購買契約 …

no image
[街の法律家(5)消費者ニュース2016年1月]

福岡県行政書士会から送付の消費者に関するニュースを紹介します。 「誇大広告」「不 …

no image
資金調達・金融最新レポート(赤沼創経塾8月号)

「赤沼創経塾」が毎月発行している「起業家、中小・ベンチャー企業経営者のための資金 …

返済のいらない補助金・助成金(2) 雇用系の助成金

北九州アシスト法務事務所は、主に、中小企業支援を業務とする行政書士事務所です。 …

「クラウドファンディング勉強会」のご案内(平成29年1月11日)

「クラウドファンディング」の勉強会を、2017年1月11日(水)に小倉で行います …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP