絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事務所の書架から(5):心と生き方

前々回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中で、小宮氏が影響を受けた方として、「松下幸之助」氏と「稲盛和夫」氏を上げられていました。

前回は松下幸之助氏の本を紹介しましたので、今回は「稲盛和夫」氏の著書を紹介します。

「心と生き方」 稲盛和夫述 京セラコミュニケーションシステム編

*PHP研究所 2017年11月6日発行

    人生・仕事の結果 = 「 考え方 × 熱意 × 能力 」

考え方は「マイナス100点からプラス100点」まである。すなわち、マイナスの考え方では、いくら熱意や能力があっても結果はマイナスになってしまう。

これは、前々回に紹介した「小宮一慶」氏の「経営者の仕事」の3つ

 ①企業の方向付け、②資源の最適配分、③人を動かす

の中の「①企業の方向付け」と同じ考えと理解しました。

経営においては、「方向付け(考え方)」が最も重要であることが再認識しました。

★ 「6つの精進」ですばらしい人生を(著書から)

① 誰にも負けない努力をする ※結果が出ないのはまだ努力が足りない

② 謙虚にして驕らず ※努めているが・・・つい・・・

③ 反省のある毎日を送る ※反省のしかたに問題あり

④ 生きていることに感謝する ※いつもこの考えでいられるか?

⑤ 善行、利他行を積む ※まだまだできていない

⑥ 感性的な悩みをしない ※悩みを引きずっている人生・変えるぞ!

「※印」は、現在の私です。ぜんぜんできていませんが、変えて行きたいと願っています。

 

「小宮一慶」氏の著書から、「松下幸之助」氏、「稲盛和夫」氏の著書を紹介しました。この3冊は事務所で直ぐに手が届くところにおいて継続して読ませて頂きます。

  関連記事

事務所の書架から(11):ランチェスター戦略

前々回の紹介(9)で、「小さな会社の稼ぐ技術」(栢野克己著)を紹介しました。この …

事務所の書架から(13):市倉定の社長学

「世の中に、良い会社とか悪い会社なんてない。あるのは、良い社長か悪い社長だけであ …

事務所の書架から(4):素直な心になるために

前回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中で …

事務所の書架から(14):黄金のアウトプット術

情報を自ら発信して、また新たな情報を得る。あなたがやらなければいけないのは、その …

事務所の書架から(10):論語と算盤(渋沢栄一)

2020年3月24日に「日本経済新聞」で「渋沢栄一の生誕180年」の特集記事が3 …

事務所の書架から(3):~社長の成功習慣~

昨年(2019年)12月10日に、「北九州市商工会議所」主催の経営者講演会、「儲 …

事務所の書架から(9):小さな会社の稼ぐ技術

今回紹介する書籍は、1年半前に北九州市で開催された「異業種交流会」で講師の「栢野 …

事務所の書架から(12):倒産前夜の経営者が再起する・・・・

今回は、「第二会社方式」を使った「事業再生」の事例をまとめたものを紹介します。多 …

事務所の書架から(7): 売上ゼロ成長でも、なぜ資金は増えるのか!?

今回紹介する書籍は、私が「経営コンサルタント」を目指して勉強を開始した頃に、「N …

事務所の書架から(8):なぜこの店ではテレビが2倍の値段でも売れるのか?

今回紹介する書籍は、私が3年ほど前に「(株)事業パートナー」主催の「経営コンサル …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP