絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事務所の書架から(12):倒産前夜の経営者が再起する・・・・

今回は、「第二会社方式」を使った「事業再生」の事例をまとめたものを紹介します。多額の借入金がありその返済が不可能な場合、良い事業(黒字が期待できる事業)を切り離して「新規の会社(第二会社)」を設立し運営する方法です。

倒産前夜の経営者が再起するたった一つの方法 2019年6月12日・第1刷発行

幻冬舎 長谷川 博郁 著(合同会社リバースコーポレーション代表)

 

あきらめることはない、打つ手はある

現在は、全世界が見えない敵「コロナウィルス」との戦いの真っ只中です。

・この戦いがいつまで続くのか?

・そして、その後の世界はどう変化しているのか?

・その中で、どれだけの中小企業が生き残れるのか?

今は、何とか資金を調達して、支出を抑えて、資金を持つことが重要です。

また、この機会に自社の経営の見直しを行うことも必要です。

この本では、資金が底を付き、銀行からの融資も断られる中でも、再起の方法があることを示しています。

 

第二会社方式とは?

第二会社方式を簡単に示すと次のようになります。

債務(借金)を抱えた既存の会社を廃業させると同時に、継続できる黒字の事業を新会社に移し、債務ゼロの状態で再出発するというものです。借金と事業を切り離して、借金は別途、合法的に処理していく方法です。

やり直す気力と、黒字化できる事業が一つでもあれば経営再建は可能です。

ただし、この方法は、法律・制度に精通していて、周到な準備・計画が大事で、それを遂行する精神力が必要です。この本では、比較的簡単にできるように書いていますが、当社の経験では実施の段階でいろいろな問題が発生し簡単ではありません。

素人が実施すると、失敗する可能性が高いので、当社にお問い合わせ下さい。借金を含めた経営状況を把握して、経営者及びその家族も考慮して、最適な方策を検討していきます。

  関連記事

事務所の書架から(4):素直な心になるために

前回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中で …

事務所の書架から(7): 売上ゼロ成長でも、なぜ資金は増えるのか!?

今回紹介する書籍は、私が「経営コンサルタント」を目指して勉強を開始した頃に、「N …

事務所の書架から(9):小さな会社の稼ぐ技術

今回紹介する書籍は、1年半前に北九州市で開催された「異業種交流会」で講師の「栢野 …

事務所の書架から(3):~社長の成功習慣~

昨年(2019年)12月10日に、「北九州市商工会議所」主催の経営者講演会、「儲 …

事務所の書架から(6): 捨てられる銀行1~3

昨年の12月に今回の書籍にも何度か登場する「金融庁の幹部」の方の「金融業界の憲法 …

no image
事務所の書架から ~D・カーネギー:道は開ける(2)~

先号で、悩みの基本として、「今日一日の区切りで生きる」「悩むことの副作用」「悩み …

事務所の書架から(5):心と生き方

前々回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中 …

事務所の書架から(8):なぜこの店ではテレビが2倍の値段でも売れるのか?

今回紹介する書籍は、私が3年ほど前に「(株)事業パートナー」主催の「経営コンサル …

事務所の書架から(11):ランチェスター戦略

前々回の紹介(9)で、「小さな会社の稼ぐ技術」(栢野克己著)を紹介しました。この …

事務所の書架から(10):論語と算盤(渋沢栄一)

2020年3月24日に「日本経済新聞」で「渋沢栄一の生誕180年」の特集記事が3 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP