絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事務所の書架から(14):黄金のアウトプット術

情報を自ら発信して、また新たな情報を得る。あなたがやらなければいけないのは、その繰り返しだ。

インプットの時代はもう終わっている。これからの時代は得た知識や情報を、カタチにできる者だけが生き残っていく。

 

インプットした情報を「お金」に変える

「黄金のアウトプット術」

2018年4月9日・第1刷発行

成毛 眞 著(投資コンサルティング会社・代表) ポプラ新書

 

5年前にサラリーマン(技術者)を辞め、行政書士・経営コンサルタントとして独立して、人生の中で最も学習(インプット)しているかもしれません。

私も独立する前はインプットだけで、アウトプットは全くしていませんでしたが、独立して「フェイスブック」に投稿するようになって、更に「ホームページ」を開設したことにより、「アウトプット」を意識して行うようになりました。

 

<現在の私のアウトプット>

現在、私が行っている「アウトプット」を紹介します。

ホームページへの投稿

このホームページへの投稿が私のアウトプットの基本になっています。

投稿記事を読んでもらってその記事に関連した「仕事を受注できる」のが理想ですが、そんなケースは現時点ではわずかしかありません。

最大の利点として、記事を書くこと(アウトプット)によって、頭の中が整理されて「やるべきことが明確になる」ことを感じています。

メルマガの発行

2020年の年初から、メルマガの発行を行っています。

● (株)事業パートナー九州 毎週火曜日

*経営コンサル関係:経営改善・事業承継、M&A、資金調達(補助金含む)、最近の経済動向など

● (株)ビザアシスト 第2・第4水曜日

*外国人材の活用、入国管理局への申請、最近の在留外国人動向など

両方とも、各社のホームページに記載の内容の概要を紹介し、詳細を読みたい方を「ホームページ」に誘導する形にしています。

これにより、メルマガを発行した日は、ホームページの閲覧数が他の平日に比べて「3~5倍」になっています(事業パートナー九州の場合)。

M&Aマッチングサイト「バトンズ」の個人ページへの投稿

ホームページの記事の中から「M&A」を検討されている方に関係しそうな記事を編集して投稿しています。

5月から、週1回程度の投稿ですが、1つの記事当たり「20~60件程度」のアクセスを頂いています。

フェイスブックへの投稿

自分の日常の紹介は、週に3回程度、個人ページに投稿しています。

また、(株)事業パートナー九州、(株)ビザアシストの会社ページには、ホームページの掲載内容の一部や最新のトピックスを掲載しています。

 

AIにとって替わられないためには

AI(人口知能)技術の進展により、このAIに代替される仕事(職業)が話題になっています。

本書の著者は、次の例を挙げて、「人間からインプットを受けて、何らかの編集をして、アウトプットをする仕事はAIに奪われない」と示しています。

<AIに代替される仕事>

・会計監査係員、行政事務職、銀行窓口係、税理士、行政書士、検針員、測量士、電気通信技術者、貿易事務員、保健事務員など

<AIに代替されない仕事>

・ディレクター、編集者、医師、カメラマン、教師、コンサルタントなど

 

アウトプット能力を上げるには

アウトプット能力を上げるには「アウトプット慣れ」する、すなわちアウトプットしないとアウトプットは上達しないとのことです。

確かに、「習うよりも慣れろ」が大事と思います。

私の経験では、「ホームページ等への記事の投稿」「セミナー講師」の最初は、悩んだり、緊張したりしましたが、いざ踏み込んでみると何とかできるものです。

記事を投稿したり、セミナーで話したりすると反応が気になるかと思いますが、最初はほとんど反応はない場合が多いです。

先に述べたように「自分の成長のため」に取り組むことが重要と思っています。

 

 

  関連記事

事務所の書架から(6): 捨てられる銀行1~3

昨年の12月に今回の書籍にも何度か登場する「金融庁の幹部」の方の「金融業界の憲法 …

事務所の書架から(4):素直な心になるために

前回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中で …

no image
事務所の書架から ~D・カーネギー:道は開ける(2)~

先号で、悩みの基本として、「今日一日の区切りで生きる」「悩むことの副作用」「悩み …

事務所の書架から(8):なぜこの店ではテレビが2倍の値段でも売れるのか?

今回紹介する書籍は、私が3年ほど前に「(株)事業パートナー」主催の「経営コンサル …

事務所の書架から(3):~社長の成功習慣~

昨年(2019年)12月10日に、「北九州市商工会議所」主催の経営者講演会、「儲 …

事務所の書架から(11):ランチェスター戦略

前々回の紹介(9)で、「小さな会社の稼ぐ技術」(栢野克己著)を紹介しました。この …

事務所の書架から(9):小さな会社の稼ぐ技術

今回紹介する書籍は、1年半前に北九州市で開催された「異業種交流会」で講師の「栢野 …

事務所の書架から(15)社長!コロナを生き残るにはこの3つをやりなさい

今後の「withコロナ」での経営に関して、当社「(株)事業パートナー九州」が親会 …

事務所の書架から(5):心と生き方

前々回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中 …

事務所の書架から(16)7つの習慣

  永続的な成功を得るためには、成功を支える土台となる人格を磨くこと …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP