絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事務所の書架から(10):論語と算盤(渋沢栄一)

2020年3月24日に「日本経済新聞」で「渋沢栄一の生誕180年」の特集記事が3ページにわたって掲載されていました。「論語と算盤(現代語訳)」は渋沢栄一が書かれたものを作家の「守屋淳」がわかりやすく書き直したものです。この本は、私が所属している「北九州中小企業経営者協会」の月例会で「守屋淳」先生のご講演を聴いた際に購入したものです。

現代語訳 論語と算盤

渋沢栄一著 守屋淳:現代語訳 ちくま新書 2010年2月10日発行

 

渋沢の理念を示す言葉(「論語と算盤」から要約・抜粋)*日経新聞から転記

富を成す根源は仁義道徳、正しい道理の富でなければ永続できない

人生では善人が悪人に負けたと見えることもあるが、長期では善悪の差が画然とする

正しい人生の道を歩み、その結果手にした地位でなければ、完全な成功とはいえない

現実に立脚しない道徳は人々から活力を奪い、最後には国を亡ぼす

金持ちになりたい欲望は時に暴走するが、金は卑しいといった極端な思想では活力を失う

 

参考になった点

日本資本主義の父」と呼ばれる実業家「渋沢栄一」は、明治から大正にかけ、銀行、保険、製紙など約500社の会社の設立、運営に携わり、日本の産業基盤を築いた方です。

直近では、「新型コロナウィルスの拡散」で世界の人々の生活が混乱し、経済的にも大きな危機が発生しています。この危機の克服の過程により、世界・社会の仕組みが大きく変わることが予想されます。

また、個々人の考え方・価値観も大きく変わらざるを得なく、従来のままでは生き延びれないと考えています。

この中で、渋沢栄一の「道徳経済合一」の理念がヒントになると思います。個人(企業)の利益が追求が社会の利益につながる。私益と公益をともに追求し、結果として、皆が豊かになるという考え方です。

現在、「新型コロナウィルスの拡散」により、日本だけでなく世界経済の動揺が続き、個人(企業)も社会も、いよいよ先が見えない中で、渋沢栄一の理念・考え方を認識して、今後の展開の再構築を検討する機会ではないかと思っています。

  関連記事

事務所の書架から(15)社長!コロナを生き残るにはこの3つをやりなさい

今後の「withコロナ」での経営に関して、当社「(株)事業パートナー九州」が親会 …

事務所の書架から(13):市倉定の社長学

「世の中に、良い会社とか悪い会社なんてない。あるのは、良い社長か悪い社長だけであ …

事務所の書架から(11):ランチェスター戦略

前々回の紹介(9)で、「小さな会社の稼ぐ技術」(栢野克己著)を紹介しました。この …

事務所の書架から(7): 売上ゼロ成長でも、なぜ資金は増えるのか!?

今回紹介する書籍は、私が「経営コンサルタント」を目指して勉強を開始した頃に、「N …

no image
事務所の書架から:~D・カーネギー:道は開ける(1)~

「悩む」と「考える」は違う!!、悩まないで考えましょう。 年末に小倉駅周辺で少し …

事務所の書架から(14):黄金のアウトプット術

情報を自ら発信して、また新たな情報を得る。あなたがやらなければいけないのは、その …

事務所の書架から(8):なぜこの店ではテレビが2倍の値段でも売れるのか?

今回紹介する書籍は、私が3年ほど前に「(株)事業パートナー」主催の「経営コンサル …

no image
事務所の書架から ~D・カーネギー:道は開ける(2)~

先号で、悩みの基本として、「今日一日の区切りで生きる」「悩むことの副作用」「悩み …

事務所の書架から(16)7つの習慣

  永続的な成功を得るためには、成功を支える土台となる人格を磨くこと …

事務所の書架から(3):~社長の成功習慣~

昨年(2019年)12月10日に、「北九州市商工会議所」主催の経営者講演会、「儲 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP