絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事務所の書架から(9):小さな会社の稼ぐ技術

今回紹介する書籍は、1年半前に北九州市で開催された「異業種交流会」で講師の「栢野克己」様の興味深いお話を聞いて、その場で購入したものです。

小さな会社の稼ぐ技術

~竹田式 ランチェスター経営「弱者の戦略」の徹底的活用法~ 

*栢野克己著(インタークロス代表、小さな会社や独立起業の事例研究家)

*竹田陽一監修(ランチェスター経営(株)代表)

*日経BP社   2016年12月9日発行

 

<参考になった点>

弱者である「中小企業」が「いかに生き延びれるか? その考え方、手法を事例を使って説明しています。

<弱者の戦略>

1 差別化    弱者は、強い会社と違うことをする

2 小さな1位  弱者は、小規模1位、部分1位。何かで1位。

3 一点集中   弱者は、あれこれしない。1つに絞る

4 接近戦    弱者は、エンドユーザーに直接営業する

この中の「一点集中」に関して補足します。

私もそうですが、「絞るのは怖い」です。

「選択と集中」は、戦略の基本の一つです。

多くの事業チャネルのなかから特定の商品分野を選択し、さらに特定の用途や客層に集中する。

自分とライバルの実力を客観的に見比べ、勝てる商品・地域・客層に一点集中する。

一言で言うと、他の9割は捨てる

言うは易し、行うは難し」、かなりの勇気と決断力がいりますが、これをやらないと中小企業は生き残れません。

人には無限の可能性がある。でも、たった1つしか選べない

この本には、中小企業が成功するヒントが多くありますが、それを実行するかがポイントです。

 

本の最後に紹介されている「竹田陽一」先生の語録

*項目だけを記載

1 独立起業は人生の敗者復活戦

2 暴発的な独立は自滅のもと

3 あまのじゃくな人や変人は有利

4 40歳過ぎたら自分に合わないことはしない

5 夢や目標がわからないのは普通

6 転職や商売替えも手段の1つ

7 成功者は朝が早い

8 趣味は捨てる、同窓会も行かない

9 感謝は態度で示せ

10 本気はワザを越える

11 人生は「出逢い」で変わる

12 すなおが一番

13 仲間をつくる

14 まねをする、パクる

総括 努力のあとに人格が形成される

 

  関連記事

事務所の書架から(8):なぜこの店ではテレビが2倍の値段でも売れるのか?

今回紹介する書籍は、私が3年ほど前に「(株)事業パートナー」主催の「経営コンサル …

no image
事務所の書架から:~D・カーネギー:道は開ける(1)~

「悩む」と「考える」は違う!!、悩まないで考えましょう。 年末に小倉駅周辺で少し …

no image
事務所の書架から ~D・カーネギー:道は開ける(2)~

先号で、悩みの基本として、「今日一日の区切りで生きる」「悩むことの副作用」「悩み …

事務所の書架から(7): 売上ゼロ成長でも、なぜ資金は増えるのか!?

今回紹介する書籍は、私が「経営コンサルタント」を目指して勉強を開始した頃に、「N …

事務所の書架から(6): 捨てられる銀行1~3

昨年の12月に今回の書籍にも何度か登場する「金融庁の幹部」の方の「金融業界の憲法 …

事務所の書架から(3):~社長の成功習慣~

昨年(2019年)12月10日に、「北九州市商工会議所」主催の経営者講演会、「儲 …

事務所の書架から(5):心と生き方

前々回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中 …

事務所の書架から(4):素直な心になるために

前回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中で …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP