絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事務所の書架から(8):なぜこの店ではテレビが2倍の値段でも売れるのか?

今回紹介する書籍は、私が3年ほど前に「(株)事業パートナー」主催の「経営コンサルタント養成講座(200時間研修)」で紹介されたものです。

なぜこの店では、テレビが2倍の値段でも売れるのか? 

*野呂勉著(でんかのヤマグチ代表取締役社長) 日経BP社

2013年2月18日発行

<参考になった点>

著書の(おわりに)から

● 小さい会社には、小さいなりの戦い方がある

● 小さい会社には、小さいなりの幸せがある

東京の町田市で、「6店の家電量販店」に囲まれてどうしたら生き延びれるのか?

考えに考え抜いた戦略は、販売単価を上げて「粗利益率」を上げる事です。

そのために、「かゆいところに手が届くのは当たり前。かゆくなる前にかいてあげる」という「徹底した顧客サービス」に全社で集中したことです。

それを実現するための戦術として、

1 顧客層・地域の絞り込み

2 店舗販売から訪問販売に(定期訪問)

*お客様は待っていても店には来てくれない

3 顧客のことは何でも知っている。「顧客台帳」が財産

4 月次決算では遅すぎる、「日次決算」で当たり前

★ 最も重要なのは、「経営者の熱意と従業員の意識」

この戦略、戦術は「小売店」だけでなく、飲食店、製造業、建設業などにも当てはまると思います。

「小さな会社が生き延びることがどうしたらできるか?」を考える上でたいへん参考になる書籍です。

 

 

 

 

  関連記事

事務所の書架から(5):心と生き方

前々回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中 …

事務所の書架から(7): 売上ゼロ成長でも、なぜ資金は増えるのか!?

今回紹介する書籍は、私が「経営コンサルタント」を目指して勉強を開始した頃に、「N …

no image
事務所の書架から ~D・カーネギー:道は開ける(2)~

先号で、悩みの基本として、「今日一日の区切りで生きる」「悩むことの副作用」「悩み …

事務所の書架から(9):小さな会社の稼ぐ技術

今回紹介する書籍は、1年半前に北九州市で開催された「異業種交流会」で講師の「栢野 …

事務所の書架から(3):~社長の成功習慣~

昨年(2019年)12月10日に、「北九州市商工会議所」主催の経営者講演会、「儲 …

no image
事務所の書架から:~D・カーネギー:道は開ける(1)~

「悩む」と「考える」は違う!!、悩まないで考えましょう。 年末に小倉駅周辺で少し …

事務所の書架から(6): 捨てられる銀行1~3

昨年の12月に今回の書籍にも何度か登場する「金融庁の幹部」の方の「金融業界の憲法 …

事務所の書架から(4):素直な心になるために

前回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中で …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP