絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事務所の書架から(16)7つの習慣

 

永続的な成功を得るためには、成功を支える土台となる人格を磨くこと

 

「7つの習慣」、この本に出会ったのは、今から約10年前です。

前職のサラリーマン時代に、新しいディスプレイの開発でアメリカのベンチャー企業との共同研究を検討していた際に、先方の推進責任者(日本人)から紹介を受けたものです。その方は、「この本に出会い今の自分がある」と言い切っていました。

その方の前向きな考え方・行動力に刺激を受けて早速購入して読みました。

7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー著 川西茂訳 キングベアー出版

会社に在籍中に実践したのは「手帳の付け方」だけでしたが、独立してからは何度か読み返し、身につけようとしています。

「何度も読んでも、理解は難しく、実践は更に難しい」ですが、徐々に理解できるようになってきました。

 

4年前に本屋の雑誌コーナーで「7つの習慣」という文字が目に入り、購入したのが、

元「東レ経営研究所社長」の「佐々木常夫」先生が書かれたPHP研究所から発行の解説書です。

佐々木先生の経験も交えていますので、非常に分かりやすく書かれています。

この雑誌の元になっている書籍もありますので、ぜひ、お読み下さい。

実践 7つの習慣 佐々木常夫著 2015年2月発行 PHP研究所

 

「7つの習慣」とは、依存から自立、相互依存へと成長するための習慣

 

<「7つの習慣」を実践するポイント>

*上記の佐々木氏の著書から転記

「7つの習慣」の基本的な考え方を理解する

・スキル、テクニックだけでは人は動かせない

・人格という土台を磨いてこそ、永続的な成功につながる

・人として大切なことは理解できても、実践できている人は少ない

・独りよがりのパラダイムと決別すれば、新しい自分に変われる

・成果(P)と成果を生み出す能力(PC)をともに大切にする

・人は、依存、自立、相互依存で成長していく

第1の習慣:主体的である

・周りが動くのを待っていたら、周りから動かされるだけになる

・物事には、自分で変えられるものと変えられないものがある

・「影響の輪」は、どんな立場でも広げられる

・経験は、自分の判断や行為の正しさを分析してこそ財産になる

第2の習慣:終わりを思い描くことから始める

・目的地が定まってこそ、効果的に主体性を発揮することができる

・犠牲にしたものの中に成功よりも大事なものがある

・すべてのものは、まず頭の中で創造され、次にかたちあるものとして創造される

・1年間の目標をA4の紙1枚に書き出す

・個人のミッション・ステートメントだけでなく組織のミッション・ステートメントもつくる

第3の習慣:最優先事項を優先する

・対症療法ではなく根治療法を心がける

・タイムマネジメントとは時間管理ではない

・最優先事項を決めるのはあなた自身

・最優先事項に気持ちよく取り組める環境づくりを行う

・スケジュールは立てることよりも実績表をつくることが大切

信頼口座の残高を増やす

・信頼口座の残高を増やすためには、相手が何を求めているかを知る

・相手の心の中にある自分の信頼残高を時々チェックする

・トラブル発生は、対処の仕方によっては信頼残高を増やすチャンスとなる

・相手の話を聴き、改善できるところは改善していく

第4の習慣:Win-Win を考える

・二人とも勝者でなければ二人とも敗者である

・第3の案が解決の糸口になる

・取引をしない、という選択肢もある

・相手が信頼できない人物でも、自分は相手から信頼される人物になる

第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される

・相手のことを完全に理解することはほぼ不可能

・心から理解したいという気持ちが、相手の心を開かせる

・信頼と人間関係を構築する

第6の習慣:シナジーを創り出す

・リーダーが触媒の役目を果たしながら、メンバー同士の強さをうまく結合させる

・お互いの違いを尊重させる

・ミーティングで小さなシナジーをたくさん創る

・「話す・聴く」をバランスよくできることがシナジーを創り出す基本

第7の習慣:刃を研ぐ

・身体のメンテナンスがあってこそ、すべてが実行できる

・「肉体的側面」「精神的側面」「知的側面」「社会・情緒的側面」から自分を磨き続ける

・「7つの習慣」をチームに浸透させる

・「もっとより良い生き方をしたい」という思いを強く持つ

 

 

  関連記事

事務所の書架から(9):小さな会社の稼ぐ技術

今回紹介する書籍は、1年半前に北九州市で開催された「異業種交流会」で講師の「栢野 …

事務所の書架から(3):~社長の成功習慣~

昨年(2019年)12月10日に、「北九州市商工会議所」主催の経営者講演会、「儲 …

事務所の書架から(14):黄金のアウトプット術

情報を自ら発信して、また新たな情報を得る。あなたがやらなければいけないのは、その …

事務所の書架から(11):ランチェスター戦略

前々回の紹介(9)で、「小さな会社の稼ぐ技術」(栢野克己著)を紹介しました。この …

事務所の書架から(7): 売上ゼロ成長でも、なぜ資金は増えるのか!?

今回紹介する書籍は、私が「経営コンサルタント」を目指して勉強を開始した頃に、「N …

事務所の書架から(6): 捨てられる銀行1~3

昨年の12月に今回の書籍にも何度か登場する「金融庁の幹部」の方の「金融業界の憲法 …

事務所の書架から(10):論語と算盤(渋沢栄一)

2020年3月24日に「日本経済新聞」で「渋沢栄一の生誕180年」の特集記事が3 …

no image
事務所の書架から:~D・カーネギー:道は開ける(1)~

「悩む」と「考える」は違う!!、悩まないで考えましょう。 年末に小倉駅周辺で少し …

事務所の書架から(5):心と生き方

前々回「小宮一慶」氏の著書「社長の成功習慣」を紹介させて頂きました。その著書の中 …

no image
事務所の書架から ~D・カーネギー:道は開ける(2)~

先号で、悩みの基本として、「今日一日の区切りで生きる」「悩むことの副作用」「悩み …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP