絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

事業再生とM&A(3) M&Aによる事業再生のメリット

(1)で「事業再生とは?」、(2)で「M&Aによる事業再生の方法」を紹介しました。今回は3回目(最終)として「M&Aによる事業再生のメリット」について説明します。

<M&Aによる事業再生のメリット>

M&Aによる事業再生の主なメリットを示します。

1 廃業・倒産を避けることができる

2 第三者が事業再生を支援してくれる

3 経営者が再出発できる(人生の再設計)

1 廃業・倒産を避けることができる

M&Aによる事業再生で最も大きなメリットは、「廃業や倒産」を避けることができることです。

借入金を返済できない、税金・社会保険料を滞納している、従業員の給料を払えないなどの財務状況が悪化している状態では、新たな資金調達の道は閉ざされ、自力での事業再生はほぼ不可能です。

この時に、相乗効果が来たできる他社が引き継いでくれたら、立ち直る道が開け、これまでの「技術・ノウハウの蓄積」や「従業員の雇用の継続」を守れる可能性が出てきます。

2 第三者が事業再生を支援してくれる

M&A、まして事業再生が伴う場合は、自社だけで進めることはほぼ不可能です。

「M&A」と「事業再生」に詳しい専門家に支援を依頼することにより、次のことが可能になります。

現状分析:現在の会社の状況(事業及び財務)を客観的に把握することができる

事業の選択:必要な事業(残すべき事業)、不要な事業(M&Aの対象)を将来性も含めて判断することができる

M&A先の選定:専門家の支援を受けながら「M&Aマッチングサイト」などを利用してM&A先を探すことができる

3 経営者が再出発できる(人生の再設計)

経営者にとって「M&Aによる事業再生」を行うことにより、たとえ借金が残ったとしても先が見える状況になります。

この「M&Aによる事業再生」のステップを経験することにより、経営者自身の「強み・弱み」を認識することができ、残した事業を継続するにしろ、新たな別の事業を行うにしろ、実効性のある事業計画(人生設計)を立てることが可能になります。

 

以上「M&Aによる事業再生」のメリットを記載しましたが、実際には、多額の債務(借金)がある場合が多く、譲渡先(買手)を探し出すことも簡単ではありません。

また、債務の処理、従業員の転籍、税金の支払い、許認可など多くの課題に取り組むことが必要になります。

このときに最も重要なのは「経営者の信念」です。事業再生を実施の場合、当事者である経営者の気持ちが不安定になり、あきらめの気持ちが出る場合があります。

「会社はお金がなくてもつぶれない。社長があきらめた時につぶれる」

当社では、これまでの「事業再生」の経験と、「M&Aプラットホーム:バトンズ」を使用して、経営者に寄り添いながら「M&Aを使用した事業再生」を進めることができます。

バトンズのホームページはこちら

当社は、バトンズの「総合M&Aアドバイザー」として、中小企業のM&Aを支援しています。

 

  関連記事

M&A案件「小型豆腐製造器」の事業譲渡

当社、(株)事業パートナー九州は、小規模M&AのNo.1のマッチングサイ …

no image
スモールM&Aの取組み

前回、当社のM&Aは次の3点を行うことを示しました。 (1)スモール(中 …

no image
人口減少、高齢化、空家・空地増加、厳しい地方財政 ~ようやく対策の動きが・・・~

少子高齢化による人口減少、東京を中心とした都市への人口移動、これによる地方での「 …

no image
事業承継トラブル・チェックシート【後継者向け】

現在、「後継者不在」や「新型コロナウィルス感染拡大による先行きの不透明」などで、 …

no image
事業承継トラブル・チェックシート【現経営者向け】

現在、「後継者不在」や「新型コロナウィルス感染拡大による先行きの不透明」などで、 …

no image
事業パートナー九州のM&Aの取組み

休廃業、最多「4.9万件」 2020年・コロナで事業継続諦め *2021年1月1 …

no image
事業再生とM&A(1) (今後急増する)事業再生とは?

新型コロナウィルスの感染拡大、これに伴う緊急事態宣言・営業の自粛により、多くの企 …

no image
「コロナウィルス」の影響を受けて今後の「M&Aの考え方」

「M&Aの買い手」の目的として、自社のビジネスモデル(経営計画)に基づき …

no image
消えるGDP22兆円 ~大廃業時代:事業承継待ったなし~

高齢化の波が押し寄せてきて、あらゆる分野の中小企業を飲み込んできています。 日本 …

no image
迫る大廃業時代 ~4つの視点の紹介~

日本経済新聞で、2018年8月20日~24日の4回シリーズで「迫る大廃業時代」と …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP