絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

「コロナウィルス」の影響を受けて今後の「M&Aの考え方」

「M&Aの買い手」の目的として、自社のビジネスモデル(経営計画)に基づき、次の2つの方向性があると考えています。

1 選択と集中

2 リスク回避(多角化)

今回の「新型コロナウィルス感染拡大:以下「コロナ」と省略」により、事業承継を考えていた経営者の決断が早まることが予測されます。

また、今回の「コロナ」の営業自粛、売上減などのダメージにより、会社や事業を手放したいと考える方が増えると思います。

これにより、今後、「中小企業のM&A」は、より活発になると予測されます。

 

1 選択と集中

ランチェスター戦略」や「孫子の兵法」では、資源(ヒト・モノ・カネ)が乏しい中小企業は、自社の強みを活かせる事業(製品)を選択し、これに資源を集中することが提唱されています。

この考えは、中小企業の経営方針として今後も変わらないものと思います。

今回の「コロナ」の影響で、自社もダメージを受けたが、同じ業界内で、自社以上にダメージを受けたところがあるのではないでしょうか。

その場合、次の2つの方向性で、関連する会社(事業)を購入するチャンスが出てきます。

(1)水平型:同業他社を買収して市場でのシェアを広げる

*廃業予定の飲食店を(安くなった適正価格)で購入しチェーン店化する

(2)垂直型:川上もしくは川下の会社を買収して事業範囲を広げる

*食品加工会社が「販売会社」を買収して生産から販売までの一貫体制を築く

 

2 リスク回避(多角化)

今回の「コロナ」では、一つの事業に集中していたことにより、大きな打撃を受けた企業が多く発生したと思います。

インバウンド需要に依存していた観光産業(ホテル・旅館、旅行会社、関連の小売り業など)、居酒屋やクラブのような夜が主体の飲食業、イベント関係業などです。

このコロナの影響により、その他の産業も影響を受け、いろいろな産業で「会社全て」あるいは「一部の事業を売却したいところが増えてくることが予測されます。

このタイミングで資力がある会社は、多角化に踏み込むことも選択肢として考えられます。

その際に、どのような業種に進出するのか?難しい選択です。

これまでの歴史から、自社の業務と関係ない分野に進出した場合、ほとんどの企業が失敗しています。

多角化を検討している企業が持つ何らかの「強み」という財産これを活かせる業種であれば可能性があると思います。

「強み ✖ ○○」⇒「△△業種」に進出

成功する可能性が高いのは、「○○」が顧客や連携先のような「人的ネットワーク」である場合です。あるいは「経営者の夢」に関係する場合です。

次の何らかの経営に影響を与える波が来た場合に「△△業種」に進出していたから救われたという可能性もあります。

「現在の柱の事業」に加えて「次の柱の事業」を一つずつ築いていくことが安定への近道かと思います。

「次の柱の事業」を得るためには「M&A」は有効な手段と言えます。

 

当社は、M&Aマッチングサイトの「バトンズ」の「総合M&Aアドバイザー」に登録しています。

「会社・事業」を、「譲りたい」、「購入したい」とお考えの方、お問い合わせ下さい。

「バトンズ」のホームページはこちら

 

  関連記事

no image
事業再生とM&A(2) M&Aによる事業再生の方法

前回は「事業再生とは?」を紹介しました。今回は、「M&Aによる事業再生の …

no image
「新型コロナウィルス」経済への影響(1)倒産・廃業

2020年2月後半からの「新型コロナウィルス感染拡大」による海外からの観光客の減 …

no image
事業パートナー九州のM&Aの取組み

休廃業、最多「4.9万件」 2020年・コロナで事業継続諦め *2021年1月1 …

no image
大承継時代に突入 *新政権の「中小企業再編」方針

2020年11月22日、年末が近づき慌ただしい「師走」に突入しようとしていますが …

no image
スモールM&Aの取組み

前回、当社のM&Aは次の3点を行うことを示しました。 (1)スモール(中 …

no image
(M&Aの現場から)高く売る「買手の購入価格」

現在、(株)バトンズのM&Aのマッチングサイトを利用して、売手や買手のア …

no image
小規模M&Aのトラブル防止(2)企業調査(デューデリジェンス:DD)

前回、小規模M&Aのトラブル防止の方法として「表明保証」に関して紹介しま …

バトンズM&A相談所「小倉店」を開設しました

(株)バトンズでは、 『誰でも、何処でも、簡単に、自由に、M&Aができる …

no image
事業再生とM&A(1) (今後急増する)事業再生とは?

新型コロナウィルスの感染拡大、これに伴う緊急事態宣言・営業の自粛により、多くの企 …

no image
消えるGDP22兆円 ~大廃業時代:事業承継待ったなし~

高齢化の波が押し寄せてきて、あらゆる分野の中小企業を飲み込んできています。 日本 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP