絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

「政府、中小企業数の減、容認へ転換」M&Aを有効に活用

以前、日本企業の労働生産性が低い点について記載しました。

*2018年経済協力開発機構(OECD)加盟の36ヶ国中21位

この原因として「日本は中小企業が多い」点が指摘されています。

中小規模は、人材や資本力に限りがあるため、生産性向上の施策を打つことができないためです。

以前の投稿記事はこちら

これまで政府は、中小企業数の維持を狙った目標設定を行ってきましたが、今回見直すとのことです。

*日本経済新聞:2020年7月17日の記事

 

見直しの背景

この見直しの背景として次の2点があります。

1 経営者の高齢化・後継者の不在

*黒字企業でも廃業せざるを得ない

2 新型コロナウィルスの感染拡大による決断

*事業継続について迷っていたがコロナがきっかけに判断

(東京商工リサーチによると)

・6月の企業倒産:前年同月比6%増の780件

*2020年の倒産件数は7年ぶりに「1万件を超える」との予測

・自主的な廃業や解散:2020年5万件を超える(2019年:4万6千件)

 

今後の施策

中小企業が占める割合は「企業数:99.7%」「従業員数:68.8%」。

規模が小さいために、各個別企業で「ヒト・モノ・カネ」の資源が不足し、そのため、生産性向上の設備投資や人材確保ができないのが現状です。

各企業の「個別の成長」や「M&A」により、中小企業より規模の大きい「中堅企業」を増やす事に施策を変更していくとのことです。

 

「M&A」を有効に活用

2020年後半から2023年の間は、廃業・倒産する企業が急増することが予測されます。

身の周りで廃業や譲渡を検討している企業があったら、体力のある企業は積極的にその企業の経営を引き継ぐことを検討してみてはいかがでしょうか。

引き継ぐメリット

1 規模拡大のチャンス

引き継ぐコストは平時よりもかなり低額に、場合によっては半額以下になる可能性があります。

2 従業員を引き継げる

経験がある従業員を引き継ぐことができ、新規の雇用者を教育して育てる時間とコストの節約ができます。

3 仕入先・販売先を引き継げる

引き継ぐ会社の仕入先、販売先等の利害関係者の利益を継続させることができます。

 

これから、2023年までは、廃業や倒産する会社が増えると予測されます。

余裕のある会社は、「M&A」も「事業拡大の戦略」の一つとして、事業計画を検討するべきと思います。

 

 

  関連記事

no image
迫る大廃業時代 ~4つの視点の紹介~

日本経済新聞で、2018年8月20日~24日の4回シリーズで「迫る大廃業時代」と …

no image
大承継時代に突入 *新政権の「中小企業再編」方針

2020年11月22日、年末が近づき慌ただしい「師走」に突入しようとしていますが …

no image
事業承継では「何を」承継するのか?

前回、事業承継の3つの類型(親族内承継・親族外承継・社外への引継ぎ)を紹介しまし …

no image
「コロナウィルス」の影響を受けて今後の「M&Aの考え方」

「M&Aの買い手」の目的として、自社のビジネスモデル(経営計画)に基づき …

no image
人口減少、高齢化、空家・空地増加、厳しい地方財政 ~ようやく対策の動きが・・・~

少子高齢化による人口減少、東京を中心とした都市への人口移動、これによる地方での「 …

(M&Aの現場から)「小型豆腐製造器」の事業譲渡

現在、幾つかのM&A案件に携わっています。その中で、以前にも紹介しました …

no image
小規模M&Aのトラブル防止(2)企業調査(デューデリジェンス:DD)

前回、小規模M&Aのトラブル防止の方法として「表明保証」に関して紹介しま …

no image
事業承継に民事信託を活用

前回のコラムで、民事信託は、事業承継、特に「株式の議決権」「会社の財産の運用」に …

補助金を利用して事業承継をスムーズに

平成29年度の創業・事業承継補助金の公募が始まりました。 ここでは、「事業承継補 …

no image
事業パートナー九州のM&Aの取組み

休廃業、最多「4.9万件」 2020年・コロナで事業継続諦め *2021年1月1 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP