絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

スモールM&Aでの企業調査(DD)

スモールM&Aの流れ

(株)事業パートナー九州が行っています、「バトンズ」のシステムを使った「スモールM&A」の6つのステップを示します。

M&Aアドバイザーの実施内容については、以前の記事を参照して下さい。

弊社のスモールM&Aの取組みについてはこちら

今回は、会社・事業を売りたい方(売手)と買いたい方(買手)が基本的な内容に合意した後に、買手が主体となって行う「企業調査:デューデリジェンス(DD)」について紹介します。

 

DDの必要性

M&Aで会社や事業を買う側にとって、買ったあとに隠れた問題点が発覚して損失が発生するのは大きなリスクです。それを避けるために、買手自身によるDDが行われます。買手がM&A専門家、弁護士、公認会計士、社会保険労務士などに依頼して行われます。

次に主なDDの種類と実施内容を示します。

DDによって大きな問題が見つからなければ、買収条件を詰めて最終契約へ進みます。問題が見つかった場合は、最終契約までに修正することを契約の条件にしたり、譲渡価格で調整します。なお、重大な問題が見つかった場合は、M&Aそのものがご破算になる場合もあります。

 

スモールM&AでのDD

中小企業の場合、DDに費用を多く掛けられませんが、後のトラブルを防ぐには、実施は必須です。上記の全てのDDを実施するのではなく、対象の案件に応じて実施項目を絞って行うことがポイントになります。

費用を抑えて、短時間に、効果があるDDを行うためには、M&Aの専門家に相談することが望ましいです。

弊社では、バトンズ社のDDプログラムに則って、適切な価格で実施することが可能です。

 

 

  関連記事

no image
アベノミクスから「スガノミクス」へ

9月16日に新総理大臣(首相)に就任する菅義偉自民党新総裁の施策について幾つか報 …

M&A案件「小型豆腐製造器」の事業譲渡

当社、(株)事業パートナー九州は、小規模M&AのNo.1のマッチングサイ …

no image
「政府、中小企業数の減、容認へ転換」M&Aを有効に活用

以前、日本企業の労働生産性が低い点について記載しました。 *2018年経済協力開 …

バトンズM&A相談所「小倉店」を開設しました

(株)バトンズでは、 『誰でも、何処でも、簡単に、自由に、M&Aができる …

no image
「新型コロナウィルス」経済への影響(2)失業者・休業者

連携している「(株)事業パートナー」から、「コロナ不況、失業者微増の背後で急増す …

no image
「新型コロナウィルス」経済への影響(1)倒産・廃業

2020年2月後半からの「新型コロナウィルス感染拡大」による海外からの観光客の減 …

no image
小規模M&A向けの保険 *企業価値評価とセットで提供

東京海上日動火災保険は「日本M&Aセンター」傘下の「バトンズ」と提携し、 …

●★ 会社・事業を「売りたい方、買いたい方」必見のご案内 ★●

当社、(株)事業パートナー九州は、「小規模M&Aのマッチングサイト」を運 …

no image
事業再生とM&A(3) M&Aによる事業再生のメリット

(1)で「事業再生とは?」、(2)で「M&Aによる事業再生の方法」を紹介 …

no image
人口減少、高齢化、空家・空地増加、厳しい地方財政 ~ようやく対策の動きが・・・~

少子高齢化による人口減少、東京を中心とした都市への人口移動、これによる地方での「 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP