絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

(M&Aの現場)「バトンズ未来会議2021」から見る中小企業のM&A

先日、弊社が連携している日本最大の「M&Aマッチングサイト」を運営している(株)バトンズの『バトンズ未来会議2021』をZOOMで視聴しました。その内容をベースに「現在と今後の中小企業のM&A」について紹介します。

 

日本の中小企業の後継者不足

現在、日本は少子高齢化による人口減少と生産年齢人口の減少による、経済の停滞が続いています。人口では、2008年の「1億2,800万人」をピークに減少が続き、2050年には「9,600万人」(ピークから25%減少)になり、その時は全人口の40%以上を65歳以上の高齢者が占める状態になります。

一方、現在「約380万者」ある事業者のうち、10年間で「約245万者」で世代交代が行われると言われています。政府は、後継者がいなくて業績が良い事業者を対象に、10年間で「60万者」、年間で「6万者」の事業継承をM&Aなどの第三者承継で実現するという目標を立てています。昨年のM&Aでの事業承継数は「4,000件」で、政府の目標を大きく下回っています。

各都道府県に「事業承継・引継ぎ支援センター」を設置して、円滑な事業承継、後継者(企業・個人)の探索を行って、実績は増えてきていますが、絶対数的には少ないのが現状です。

(株)バトンズは、日本で最大のM&A仲介会社である「株式会社日本M&Aセンター」の実績をベースに中小企業のM&Aに適した「M&Aプラットホーム(マッチングサイト)」を運営しています。

(株)バトンズの特長は、売手企業と買手企業の最初のマッチングの機会は、マッチングサイト上を使って行いますが、その後の交渉・契約書の作成、企業価値評価などはM&Aに精通している専門家が支援する形をとっています。弊社では、バトンズから「M&Aアドバーザー」と「DD(企業価値評価)調査人」の認定を受け、バトンズのマッチングサイトを利用して、売手企業、買手企業の両方のM&Aの支援を行っています。

(株)バトンズでは、中小企業のM&Aをより効率よく行うための新たな施策を6月から実施します。この導入として、今回、『バトンズ未来会議2021』と題したイベントを行っています。

弊社では、この新たな施策も取り入れ、より一層、「中小企業のM&A」に取組み、廃業を一社でも減らし、価値ある資産を未来につなげられるように取り組んで行きます。

「事業パートナー九州のM&Aの取組み」はこちら

「スモールM&Aの取組み」はこちら

 

バトンズの「現在の3つの数字」

(1) 100,000件  *3年前は 4,000件

バトンズのマッチングサイトに登録しているユーザー数です。

(内訳) 売手の登録:約5,000  買手の登録:約90,000

*5月31日のホームページでは「112,268人」 *増加中

(2) 1,000者  *1年間で

バトンズに登録している「M&Aの専門家」の数です。弊社もこの一員です。

(3) 10倍

「売手 1者」に対して、「買手 10者 以上」

現在、意欲がある買手が多く、マッチングサイトに売り案件が掲載されると、瞬時に多くの買手が手を挙げます。

 

バトンズの「これからの3つの数字」

(1) 5,000件

現在、年間に約50,000者が廃業しています。50,000者の「10分の1」の5,000者をバトンズのマッチングサイトに掲載して、廃業を防ぐことに貢献します。

(2) 1,000件

バトンズのマッチングサイトを介した年間の「M&Aの成約数」です。昨年実績:252件の約4倍を目指します。

(3) 2倍

現状よりも、M&Aに関する業務効率を2倍に上げます。そのため、システムの改善、サポート体制の整備を行います。

 

バトンズ:『誰でも、何処でも、簡単に、自由に、M&Aができる社会を実現する』

 

一昔前の「M&A」は、気づかれないように、密室で、限られたメンバーで進められていました。今でも、従業員や得意先・取引先にわかると悪影響が出ることもあり、基本的には、秘密で行われます。

バトンズのマッチングサイトでは、匿名で掲載でき、最終段階まで、従業員等に知られないように進めることが可能です。

★ 後継者不在で会社を売りたい方

★ 事業の再構築のために一部の事業を売りたい方(赤字の事業でも売れる可能性はあります)

★ 事業拡大のため同業の事業を買いたい方

★ 事業拡大のため周辺の事業(川上・川下)を買いたい方

★ 新規に事業を行いたい方

「M&A」関連は、「成果報酬」を基本としていますので、初回のご相談は無料で対応しますので、ご気軽にお問い合せ下さい。

M&Aのお問い合せはこちらに

 

M&Aで連携して頂ける「会計・税理士事務所」を募集しています

進め方、報酬についてはご相談させて頂きます。

  関連記事

no image
人口減少、高齢化、空家・空地増加、厳しい地方財政 ~ようやく対策の動きが・・・~

少子高齢化による人口減少、東京を中心とした都市への人口移動、これによる地方での「 …

no image
消えるGDP22兆円 ~大廃業時代:事業承継待ったなし~

高齢化の波が押し寄せてきて、あらゆる分野の中小企業を飲み込んできています。 日本 …

no image
事業承継トラブル・チェックシート【後継者向け】

現在、「後継者不在」や「新型コロナウィルス感染拡大による先行きの不透明」などで、 …

no image
迫る大廃業時代 ~4つの視点の紹介~

日本経済新聞で、2018年8月20日~24日の4回シリーズで「迫る大廃業時代」と …

「GDP:22兆円、雇用:650万人」消失  ~ 事業承継待ったなし ~

事業承継の問題をこのまま放置すると、2025年頃までの10年間の累計で、22兆円 …

no image
事業承継では「何を」承継するのか?

前回、事業承継の3つの類型(親族内承継・親族外承継・社外への引継ぎ)を紹介しまし …

no image
大承継時代に突入 *新政権の「中小企業再編」方針

2020年11月22日、年末が近づき慌ただしい「師走」に突入しようとしていますが …

補助金を利用して事業承継をスムーズに

平成29年度の創業・事業承継補助金の公募が始まりました。 ここでは、「事業承継補 …

no image
「新型コロナウィルス」経済への影響(2)失業者・休業者

連携している「(株)事業パートナー」から、「コロナ不況、失業者微増の背後で急増す …

no image
事業承継の新たな形:若手経営者候補に投資 *サーチファンド

昨年(2019年)、弊社で「経営指導プロ養成講座(80時間研修)」を開催していた …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP