絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

大廃業+コロナ禍時代を救うM&A

現在の中小企業の課題

 

後継者不在企業の増加

・日本の中小企業数は、「380万社」

・「245万社」の経営者が70歳を超える

・その内、「127万社」の後継者が決まっていない

 

廃業の増加

これにコロナ禍が加わり、休廃業・解散が増えています。

下図は、「東京商工リサーチ」がまとめた「休廃業・解散」「倒産」の最近の件数を示しています。

倒産は減少傾向にありますが、休廃業・解散は増加しています。特にコロナ禍によって、廃業を前倒しで実施しているところが増えているとのことです。

経営状況が悪くて廃業?

廃業を選択した企業は、業績が悪くて追い込まれて廃業に至るところもありますが、黒字で、財務的に余裕がある内に廃業する場合の方が多いです。下図に示すように、60%以上の企業が黒字の状態で廃業しています。

やはり後継者がなく廃業が多い

廃業した企業の経営者の年代を示します。2020年は60歳代以上が「84%」、70歳代以上が「60%」であり、後継者が不在で廃業せざるを得ない方が多いことを示していると推察されます。

M&Aへの期待が高まる

上記の黒字企業を引き受ける「企業」や「新たな経営者」がいれば、地域の雇用を守り、企業を存続させることが可能です。次に示すようにM&Aは、様々な役割を担っています。

「後継者がいない」「先行きが読めない」と諦めないで、M&Aを検討する価値はあると思います。

M&Aは企業が購入するという形が多いですが、個人、特に会社を辞めて新たに起業したいと考えている方も多くいます。この場合、資金的に難しい場合もありますが、最近では金融機関等がサポートする事例もありますので、創業を計画されている方は、M&Aを含めた事業計画を策定して金融機関と相談することも方法の一つとしてあります。

 

M&Aに関しては国策として推進

2020年3月に公表された「中小M&Aガイドライン」も2021年4月公表の「中小M&A推進計画」も、中小企業存続のためにM&Aを活用していこうという方針に基づいています。

この流れを受けて、M&A仲介大手が業界団体の設立に向けて動き始めるなど、業界全体をレベルアップしようという活動もあります。

また、中小企業のM&Aをより効率よく実施できるように、マッチングサイト(プラットホーム)が次々に構築されています。

 

当社では、現在最も会員数が多く、実績も多い「バトンズ」(日本M&Aセンターの関連会社)と連携して、M&Aに取り組んでいます。売手、買手の各々の状況を把握し、M&Aに限らず他の方策も考慮して、事業発展を進めていきます。

 

  関連記事

補助金を利用して事業承継をスムーズに

平成29年度の創業・事業承継補助金の公募が始まりました。 ここでは、「事業承継補 …

no image
事業承継トラブル・チェックシート【後継者向け】

現在、「後継者不在」や「新型コロナウィルス感染拡大による先行きの不透明」などで、 …

no image
スモールM&Aの取組み

前回、当社のM&Aは次の3点を行うことを示しました。 (1)スモール(中 …

no image
事業承継に民事信託を活用

前回のコラムで、民事信託は、事業承継、特に「株式の議決権」「会社の財産の運用」に …

no image
(事業承継に民事信託を活用)認知症になったときの財産管理

中小企業の経営者は60歳を過ぎても、まだまだ元気で「事業承継」のことを考えない方 …

no image
「新型コロナウィルス」経済への影響(1)倒産・廃業

2020年2月後半からの「新型コロナウィルス感染拡大」による海外からの観光客の減 …

(M&Aの現場から)「小型豆腐製造器」の事業譲渡

現在、幾つかのM&A案件に携わっています。その中で、以前にも紹介しました …

no image
事業承継税制の優遇拡大~2019年度税制改正~

先の投稿で「迫る大廃業時代~4つの視点の紹介~」と題して、事業承継の現状について …

no image
事業承継トラブル・チェックシート【現経営者向け】

現在、「後継者不在」や「新型コロナウィルス感染拡大による先行きの不透明」などで、 …

M&A案件「小型豆腐製造器」の事業譲渡

当社、(株)事業パートナー九州は、小規模M&AのNo.1のマッチングサイ …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP