絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

戦略的に撤退・「廃業相談室」を開設

いつまで今の状況を続けていかなければならないのか?

経営者の高齢化、跡継ぎは容易に見つからない、時間が経てば経つほど業績が悪化する、銀行の借入金の返済に困っているなど、相談先もなく、多くの経営者は一人で悩んでいます。

「アフターコロナ」「DX」「SDGs」「人手不足」「働き方改革」・・・時代が大きく揺れ動く今、経営者は重大な選択を迫られています。

この中で、状況を的確に判断して、事業の継続を断念し「戦略的に撤退」することも優秀な経営者の決断です。

当社では、各企業の状況(財務状況・将来性など)経営者の状況(年齢・家族構成・保有財産など)に応じて、より経営者のためになる撤退方法(廃業)を検討するために、『廃業相談室』を設置します。

初回は、無料でお話しをお聞きしますので、ご気軽にご連絡下さい。

相談はこちらに

*電話、メール、どちらも可能です。

 

日々こんな悩みを持っていませんか?

・先が見えない「コロナ禍」、時間がどんどん過ぎていき、気持ちは空回り

・月末の支払いが不安で、「資金繰り」のことが頭から離れない

・社長を辞めたいが、今辞めたら借金が残ってしまう

・自宅だけは守りたいがどうしたらよいかが分からない

・この会社の業績では、誰も継いでくれないだろう

・あと、何年、社長を続けなければならないのか?

・夢見ていた楽しい老後はどこにいってしまったのだろうか?

 

当社にご相談頂ければ次のことが解決します

まずは、ご相談頂ければ、

・悩み・不安を打ち明けることで気持ちがすっきりします

・孤独でない、一人ではないことを感じられます

・モヤモヤとしていたことが整理されて先が見えるようになります

・先が見えれば、具体的な行動を考えることができます

・これからやるべきことが明確になり、不安が解消されます

 

当社が「廃業支援」に強い理由

・廃業支援の実務から、手順を熟知しています

・経営改善、事業再生の経験から、銀行などへの対応を具体化できます

・遺言、相続、民事信託などの対応も可能です

・弁護士、税理士などとの連携体制ができています

何よりも、

・相談者の気持ちになってお話しを聴くことができます

 

「これからのことを一緒に考えていくこと」が『廃業相談室』の目的です。

 

  関連記事

会社をどう終了させるかを考える

休廃業・解散の状況 前号で、2021年の倒産に関しては、前の年と比べて22%少な …

2021年倒産件数・57年ぶり低水準~本年は反転増の懸念~

2022年1月13日に東京商工リサーチから2021年の倒産件数の調査結果が発表さ …

廃業のポイントは「保有財産と利益」

2020年1月31日より、『事業復活支援金』の申請が始まっています。 コロナの影 …

コロナ倒産・徐々に増加 ~追い込まれる前に早めの判断を~

新型コロナウィルスによる影響として倒産数が徐々に増加しています。 2022年1月 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP