絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

●★ 経営計画の策定はなぜ必要なのか? ★●

大多数の中小企業の経営者は、多大な努力をして長年自分の会社を経営してきています。

その中で、なぜ、起業してから10年継続できる企業が数%しかないのか?

その理由は、

仕事のやり方は熟知しているが、経営の勉強はしていない」ことに原因があります。

 

これまでは「仕事のやり方」のみで会社の運営はできましたが、これからの経営環境の中では、従来のやり方では通用しません。

これからの5年間は「いかに生き残るか!」をテーマにして経営を行わなければなりません。

「どんぶり経営(自己満足経営)」を止めて、しっかりとした「経営計画」が必要です。

 

経営計画とは、自社が将来あるべき姿に到達するための道筋を示したものです。

将来を正しく予想することは不可能ですが、可能性が高い状況を把握して、それに合わせた施策を考えておくことにより、計画と実際が異なった場合でもスムーズに対応することができます。

 

  関連記事

小規模事業者持続化補助金の公募開始*締め切り平成29年1月27日

平成28年度第2次補正予算の成立に伴い、小規模事業者持続化補助金の公募が開始され …

経営戦略(7)計画立案:目標に向かって

本記事は2015年11月に記載したものを2020年11月に一部を修正しています。 …

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(2)返せない借金はどうしたら良いのか? 

連携している(株)事業パートナーの記事を参照して紹介しています。 ★事業パートナ …

no image
セグメント別の業績分析・管理で利益向上を

各企業で毎年あるいは四半期(3ケ月)、月単位で業績を集計して、経営の状況を把握し …

no image
経営者の皆さん、大きな環境変化の中で求める人材像を明確にしていますか?

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの技術の変化、少子高齢化やグ …

no image
コンパクトシティー ~人口減への対応~

前回、少子高齢化による人口減少、東京を中心とした都市への人口移動、これによる地方 …

事業再構築の考え方

コロナの影響を受けている企業は多い (株)事業パートナー九州には、経営に行き詰ま …

士業(専門家)の事業再生 ~AIで士業の仕事はなくなる~

昨年の12月に「税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%、この数字は?」と題 …

no image
平成31年度の経済産業省の「概算要求」のポイント

経済産業省から平成31年度の予算の概算要求が公表されています。 この項目から、経 …

中小・小規模事業者の「攻めの投資」を後押し

中小・小規模事業者の経営力を強化するために、昨年(平成28年)7月に施行された「 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP