絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

●★ 経営計画の策定はなぜ必要なのか? ★●

大多数の中小企業の経営者は、多大な努力をして長年自分の会社を経営してきています。

その中で、なぜ、起業してから10年継続できる企業が数%しかないのか?

その理由は、

仕事のやり方は熟知しているが、経営の勉強はしていない」ことに原因があります。

 

これまでは「仕事のやり方」のみで会社の運営はできましたが、これからの経営環境の中では、従来のやり方では通用しません。

これからの5年間は「いかに生き残るか!」をテーマにして経営を行わなければなりません。

「どんぶり経営(自己満足経営)」を止めて、しっかりとした「経営計画」が必要です。

 

経営計画とは、自社が将来あるべき姿に到達するための道筋を示したものです。

将来を正しく予想することは不可能ですが、可能性が高い状況を把握して、それに合わせた施策を考えておくことにより、計画と実際が異なった場合でもスムーズに対応することができます。

 

  関連記事

経営戦略(7)計画立案:目標に向かって

本記事は2015年11月に記載したものを2020年11月に一部を修正しています。 …

no image
売上を上げ続ける戦略(5)販売計画の7原則

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法 …

no image
(株)事業パートナー九州の第4期(2021年)の取組み業務

株式会社 事業パートナー九州は、1月から4年目に入りました。 設立から3年間、中 …

銀行にお願いをして会社をつぶさない:リスケ

当社では、現在、幾つかの企業の「事業再生」「経営改善」に関わっています。これらの …

no image
2020年度の国の施策を当社が推進

2021年8月31日、経済産業省から「令和4年度・経済産業政策の重点」が公表され …

no image
2021年から3年間の経営戦略

本年(2021年・令和3年)はどんな年か 本年は、『十干(じっかん)』と『十二支 …

no image
当社は「経営革新等支援機関」の経営支援が可能です

当社の代表は、経済産業大臣から「経営革新等支援機関」に認定されています。 また、 …

事業再生の種類とその特徴~法的再生~

前回、事業再生では、「目的とゴール」を明確にして進めることを記載しました。 事業 …

no image
社員に「やりがい」を、個々の目標設定の勧め

あなたは、10年後、どうしていますか? 私の10年後は、「今はまだ一人の事務所で …

倒産が見えたら 銀行は「リスケ」を認めない

銀行に借金の返済を一時的に止めてもらったり、減額してもらったりすることを「リスケ …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP