絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

当社は「経営革新等支援機関」の経営支援が可能です

当社の代表は、経済産業大臣から「経営革新等支援機関」に認定されています。

また、当社は目的に応じて、複数の「経営革新等支援機関」と連携して、経営支援を行うことが可能です。

認定支援機関とは?

経営革新等支援機関(認定支援機関)は、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

 

認定支援機関に相談できる課題

● 経営計画作成支援

● 事業再生(経営改善)・廃業支援

● 事業承継・M&A

● 生産管理・品質管理、IT推進

● 販路開拓・マーケティング・商品(製品)開発

● 金融・財務(資金調達・日々の資金管理)

● 創業支援(計画策定と資金調達)

● 補助金の申請

など、幅広い経営課題の相談を受けることができます。

 

当社の「認定支援機関」としての強み

当社は、これまで「金融機関への返済に困っている」「短期で資金がショートする」「3期連続赤字」などの経営に行き詰まった企業の支援を行ってきました。

その中で実施してきました「経営計画の策定」に強みを持っています。

経営計画の策定には、次に示すように4つの能力が重要です。

1 あるべき姿を描く力(方向性)

2 自社を見つめ直す力

3 環境変化を読む力

4 道筋を造る力

この「経営計画策定」の強みを活かして、特に、次の点を重点テーマとして取り組んでいます。

・事業再生(経営改善)、廃業支援

・事業承継、M&A

・創業支援(計画の策定と資金調達)

・補助金の申請(事業計画から補助金の有効活用)

これらの実施に関しては、当社と連携している様々な専門家の方と共同で取り組んでいきます。

 

  関連記事

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(1) 

当社((株)事業パートナー九州)が連携しています、数多くの事業再生を成功している …

快進撃企業に学べ

北九州商工会議所の会報(毎月発行)の2021年3月号に、これまで会報に連載されて …

労働生産性を上げるには「社員のやりがい」を高める

企業の経営資源として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われています。 中小企業 …

期限の利益を失った場合はどうなるのか?

期限の利益を失うとは? 期限の利益とは、「一定の期限が到来するまで返済をしなくて …

no image
危機を乗り越える力・2021年の当社の振り返り

危機を乗り越える力 この言葉は、2021年版の「中小企業・小規模企業白書」で書か …

no image
国策として進める『事業再生』

2022年5月31日・事業再生シンポジウム 『コロナ後を見据えた中小企業支援と事 …

コロナ禍以降「ゾンビ企業」が増殖

昨年(2021年)10月に「ゾンビ企業として生き延びる:リスケの継続」というタイ …

利益を出し続ける(3)資金がショートしないようにする仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
売上を上げ続ける戦略(5)販売計画の7原則

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法 …

no image
日本の生産性が低いのは「中小企業が多い」ことが原因?

「プレジデント誌」で短期集中連載として、小西美術工藝社・社長の「デービッド・アト …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP