絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

利益を出し続ける(3)資金がショートしないようにする仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を5回の連載で紹介しています。今回は3回目です。

【1】 「売れる商品・サービス」を作り、改善を継続する仕組み

【2】 社員が一生懸命に仕事をしたくなる仕組み

【3】 資金がショートしないようにする仕組み

【4】 儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

【5】 社長がいつ交代するかの仕組み

残念なことに大多数の中小企業には、ここに示した仕組みがありません。たとえあったとしても非常に未熟です。

「どんぶり勘定」「場あたり的」な経営で、勉強をしない経営者を待っているのは、「倒産」しかありませんので、5つの仕組みを理解して体制の整備を行いましょう。

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

【3】資金がショートしないようにする仕組み

1.   支払額より受取額が多くなるように、資金管理を行う

次の関係が成り立つように管理を行って下さい。

      流動資産>流動負債現金・預金>長期借入金

      売掛金>買掛金受取手形>支払手形

2. 最低6ヶ月先まで資金が回る計画を立てる

3. 長期借入金は年間売上高の30%以下にする

4. 年間の銀行返済額が決算書の当期利益+減価償却費以内にする

5. 労働分配率は40%~60%(業種によって多少異なる)以内にする

6. オフバランスを徹底する

7. 粗利益を多くする計画を作る

 

 資金がショートしないようにする仕組みの実例

○ 売掛金と買掛金のリスクを減らすことを目的に交渉を行いました

売掛金回収の大半を手形で決済していたのを「支払いサイトが長い売掛先」に「現金決済」を打診し実現させました。

現金回収の取引を増やすことにより、手形リスクを軽減させることができました。

一方、買掛金についても、支払いサイトが短いものにおいては、手形決済を現金決済に変更することを条件に「割引手数料相当の仕入値の歩引き交渉」を行いました。

結果、4社と合意に達し、さらに数社と交渉を行っています。

この2つの仕組みで、資金繰りはよくなり、資金の管理業務も簡略化するので社内で予測と対策が立てやすくなりました。

 

<今回のポイント>

資金繰りを改善するために、取引先と個別に交渉して手形を減らすやり方もある!

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事

「リスケ」が認められる経営改善計画とは

銀行に借金の返済を一時的に止めてもらったり、減額してもらったりすることを「リスケ …

no image
売上を上げ続ける戦略(3)ターゲットの明確化。誰にでも売るというのは駄目!!

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法 …

経営計画の策定(2) 経営をなめるな! 倒産原因とその対策

前回は、経営計画の目的による分類を紹介しましたが、今回は「経営計画がない」ことに …

企業経営は「儲ける・儲け続ける」が最優先

5年ほど交流のある、関東の行政書士の「上山雅子」さんから、新年の挨拶とともに、出 …

no image
(経営改善の現場から)商品を絞り込む

現在実施している「経営改善」案件の中で、多くの商品(サービス)を扱っている企業が …

no image
DXは単なるデジタル化ではありません

菅総理大臣に替わり「デジタル庁」をはじめ、「デジタル化」・「IT化」が話題になっ …

快進撃企業に学べ

北九州商工会議所の会報(毎月発行)の2021年3月号に、これまで会報に連載されて …

経営戦略(1)経営戦略とは?

(本記事は、2015年10月に書いたものを2020年10月に一部修正を加えていま …

利益を出し続ける(4)儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

経営戦略(5)戦略立案:どうやって勝つのか(1)

*本記事は2015年10月に投稿した内容を2020年11月に一部変更しています …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP