絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

利益を出し続ける(3)資金がショートしないようにする仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を5回の連載で紹介しています。今回は3回目です。

【1】 「売れる商品・サービス」を作り、改善を継続する仕組み

【2】 社員が一生懸命に仕事をしたくなる仕組み

【3】 資金がショートしないようにする仕組み

【4】 儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

【5】 社長がいつ交代するかの仕組み

残念なことに大多数の中小企業には、ここに示した仕組みがありません。たとえあったとしても非常に未熟です。

「どんぶり勘定」「場あたり的」な経営で、勉強をしない経営者を待っているのは、「倒産」しかありませんので、5つの仕組みを理解して体制の整備を行いましょう。

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

【3】資金がショートしないようにする仕組み

1.   支払額より受取額が多くなるように、資金管理を行う

次の関係が成り立つように管理を行って下さい。

      流動資産>流動負債現金・預金>長期借入金

      売掛金>買掛金受取手形>支払手形

2. 最低6ヶ月先まで資金が回る計画を立てる

3. 長期借入金は年間売上高の30%以下にする

4. 年間の銀行返済額が決算書の当期利益+減価償却費以内にする

5. 労働分配率は40%~60%(業種によって多少異なる)以内にする

6. オフバランスを徹底する

7. 粗利益を多くする計画を作る

 

 資金がショートしないようにする仕組みの実例

○ 売掛金と買掛金のリスクを減らすことを目的に交渉を行いました

売掛金回収の大半を手形で決済していたのを「支払いサイトが長い売掛先」に「現金決済」を打診し実現させました。

現金回収の取引を増やすことにより、手形リスクを軽減させることができました。

一方、買掛金についても、支払いサイトが短いものにおいては、手形決済を現金決済に変更することを条件に「割引手数料相当の仕入値の歩引き交渉」を行いました。

結果、4社と合意に達し、さらに数社と交渉を行っています。

この2つの仕組みで、資金繰りはよくなり、資金の管理業務も簡略化するので社内で予測と対策が立てやすくなりました。

 

<今回のポイント>

資金繰りを改善するために、取引先と個別に交渉して手形を減らすやり方もある!

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事

早期の経営改善を支援します

  2017年5月17日の投稿記事を、2021年10月15日に変更して …

廃業のポイントは「保有財産と利益」

2020年1月31日より、『事業復活支援金』の申請が始まっています。 コロナの影 …

no image
日本はビジネスがしにくい国?       *ビジネス環境ランキングから思うこと

2017年11月に「ビジネスのしやすさ」の順位付けが公表されています。 日本は、 …

no image
「新型コロナウィルス」で事業継続計画の見直し

2020年6月25日の日本経済新聞に『TOTO、BCP見直し』という見出しで、「 …

コロナ倒産・徐々に増加 ~追い込まれる前に早めの判断を~

新型コロナウィルスによる影響として倒産数が徐々に増加しています。 2022年1月 …

●★ 経営計画の策定はなぜ必要なのか? ★●

大多数の中小企業の経営者は、多大な努力をして長年自分の会社を経営してきています。 …

会社をどう終了させるかを考える

休廃業・解散の状況 前号で、2021年の倒産に関しては、前の年と比べて22%少な …

no image
販売不振からの脱却:「とくのしま甘酒」の販売拡大

先号まで「事業再生」について紹介してきました。最初に倒産原因の第1位が「販売不振 …

no image
生きるための計画の考え方

経営計画はなぜ必要なのか? 夢の達成? 目標の達成? 会社資産増加? 個人資産増 …

経営戦略(8)戦略思考:ロジック的に

既に紹介しました、「経営戦略のステップ」を改めて示します。 1.現状を正しく認識 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP