絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

利益を出し続ける(4)儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を5回の連載で紹介しています。今回は4回目です。

【1】 「売れる商品・サービス」を作り、改善を継続する仕組み

【2】 社員が一生懸命に仕事をしたくなる仕組み

【3】 資金がショートしないようにする仕組み

【4】 儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

【5】 社長がいつ交代するかの仕組み

残念なことに大多数の中小企業には、ここに示した仕組みがありません。たとえあったとしても非常に未熟です。

「どんぶり勘定」「場あたり的」な経営で、勉強をしない経営者を待っているのは、「倒産」しかありませんので、5つの仕組みを理解して体制の整備を行いましょう。

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

【4】儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

 大まかな利益の配分の考え方を示します。

1. 税引き前利益から法人税を含む税金は35%程度かかる。つまり、利益の1/3は税金として支払う

2. 銀行への元金の返済は、この最終利益(当期利益)から行う

3. その後に残った利益を何に使うかが会社の今後に影響を与えるので、例えば、下記のために蓄えておく

    ・設備等の修理や交換のための資金

    ・社長の報酬増額資金

    ・商品や製品開発資金

    ・従業員の研修資金

 儲けた利益を何に使うか決める仕組みの実例

○ 事業計画の段階で設備のメンテナンス費用の項目を加えました

印刷会社のA社は利益は出ていましたが、年に数回の不意の機械の不調と修理が起こる度にその資金繰りに追われていました。

そこで「経営コンサルタント」に相談したところ、「メンテナンス等の費用の発生予測を過去の実績から行い、それを元に計画書を作成して、利益をそのために確保した方がよい」、とアドバイスを受けました。

相談したコンサルタントの協力を得ながら「計画書」を作成して実行したところ、機械のメンテの度に資金繰りに困ることはなくなりました。

 

<今回のポイント>

 儲けた利益を会社の今後に活かすためには、計画書の作成と実行を行う!

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事

士業(専門家)の事業再生 ~AIで士業の仕事はなくなる~

昨年の12月に「税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%、この数字は?」と題 …

no image
平成31年度の経済産業省の「概算要求」のポイント

経済産業省から平成31年度の予算の概算要求が公表されています。 この項目から、経 …

中小企業等経営強化法2016年7月よりスタート

2016年7月より「中小企業等経営強化法」が施行されます。 本法について、中小企 …

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(1) 

当社((株)事業パートナー九州)が連携しています、数多くの事業再生を成功している …

経営戦略(2)現状の正しい認識①「3C分析」「SWOT分析」

*2015年10月の投稿記事を2020年に一部修正しています。 前号の記事から「 …

経営戦略(1)経営戦略とは?

(本記事は、2015年10月に書いたものを2020年10月に一部修正を加えていま …

no image
売上を上げ続ける戦略(4)商品・製品は”売れた”ではなく”売れる!!”のである

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法 …

no image
(経営改善の現場から)お客を絞り込む4つのポイント

前回、中小企業の戦略として「商品を絞り込む」について紹介しました。 前回の記事は …

no image
2017年6月30日「経営革新等支援機関」に認定されました

6月30日付で、経済産業大臣及び内閣府特命大臣(金融担当)から「経営革新等支援機 …

労働生産性を上げるには「社員のやりがい」を高める

企業の経営資源として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われています。 中小企業 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP