絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

利益を出し続ける(5)社長がいつ交代するかの仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を5回の連載で紹介しています。今回は5回目(最終回)です。

【1】 「売れる商品・サービス」を作り、改善を継続する仕組み

【2】 社員が一生懸命に仕事をしたくなる仕組み

【3】 資金がショートしないようにする仕組み

【4】 儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

【5】 社長がいつ交代するかの仕組み

残念なことに大多数の中小企業には、ここに示した仕組みがありません。たとえあったとしても非常に未熟です。

「どんぶり勘定」「場あたり的」な経営で、勉強をしない経営者を待っているのは、「倒産」しかありませんので、5つの仕組みを理解して体制の整備を行いましょう。

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

【5】社長がいつ交代するかの仕組み

事業継承に関しては次に示す考えで取り組む必要があります。

1. 社長になってからすぐに承継のことを考える

2. 後継者は身内とは限らない、馬鹿息子に承継させて倒産するよりは、社内外の優秀な人材に継がせるべき

3. 事業承継の準備には10年かかる

4. 経営術は現社長からは学べない、最適な教育機関で習得させるべし

5. 後継者に多くの負担を残してはならない

事業継承の準備に10年かける理由

事業継承を身内や親族、社員や外部人材の誰を対象にするにしろ、多くの社長は数年掛けて、社内業務の引き継ぎや外部の取引先や銀行などとの顔つなぎを考えると思います。

ただ、これだけでは実際に次期社長が経営を行う時、多くの場面で判断に苦しむことになってしまいます。

例えば、社内の幹部候補が退職を希望していた時にどう引き止めるか資金繰りの目処がつかずに銀行の担当者も厳しい反応を示した時にどう対応するかといった大きな決断をする時です。

こういったことへ対応できる様になるためには「経営の知恵」が必要ですが、それを伝えるにも多くの時間がかかります。

また、その時に外部の教育機関を利用するのは知識と知恵のアップデートにとても有効です。

この「知恵」も含めると継承には10年位かかると想定して行動する必要があります。

 

<今回のポイント>

事業継承には10年かかると考え、特に知恵の引き継ぎに時間をかける!

 

今回、「(株)事業パートナー」の記事から、「利益を出し続ける」というテーマで、5回にわたり「経営の基本的な考え」を紹介しました。

会社を存続させ、発展させるためには「利益を出し続ける」ことが必要です。

そのためには、智恵を出して、「仕組み」を造り・運用することが重要です。

 

(株)事業パートナー九州では「経営に関する相談」を受付けています

弊社だけでは解決できない課題に関しては、「(株)事業パートナーをはじめ、幅広い人的ネットワーク」を使って解決していきます。

 

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事

利益を出し続ける(2)社員がやる気を出す仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
売上を上げ続ける戦略(5)販売計画の7原則

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法 …

no image
●★ 経営計画書はどのように作るのか? ★●

前回「経営計画はなぜ必要なのか?」を記載しました。 今回は「経営計画書はどのよう …

ローカルベンチマークについて

先に紹介しました「中小企業等経営強化法」の中で、経営状況を把握する際の「財務指標 …

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(1) 

当社((株)事業パートナー九州)が連携しています、数多くの事業再生を成功している …

経営戦略(8)戦略思考:ロジック的に

既に紹介しました、「経営戦略のステップ」を改めて示します。 1.現状を正しく認識 …

no image
「労働分配率経営」で社員のやる気向上、会社の発展を!!

皆さん、会社の業績をどのように判断してますか? また、社員の給料をどのように決め …

no image
DXは単なるデジタル化ではありません

菅総理大臣に替わり「デジタル庁」をはじめ、「デジタル化」・「IT化」が話題になっ …

経営者(3)コンプライアンス「今でも迷う15年前の判断」

(本記事は2015年9月に投稿したものを、2020年7月に一部変更しています) …

no image
(中小企業の人事戦略の参考として)大企業の政策が変わる?

今回の記事は大企業向けであり、中小企業には必ずしも当てはまりませんが、社会の流れ …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP