絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

預金と借金の適正額・自宅の守り方(3)担保が付いた自宅は? 

連携している(株)事業パートナーの記事を参照して紹介しています。

★事業パートナーのホームページはこちら

預金と借金の適正額・自宅の守り方」に関して3回シリーズで紹介しています。

初回は「預金と借金の適正額」、前回は「銀行から借りたお金を返せなくなった場合の対応」について紹介しました。今回は「担保が付いている自宅はどうなるか?」について紹介します。

 

(3回目)担保が付いている自宅はどうなるか?

 

会社の資金を銀行から借りるために自宅を担保に入れるということは良くあることですが、理解不足の方が多いので一度ここで整理しておきます。

先ずは、“担保に入れる”ということは、借りたお金が返せなくなった時は担保に入れた物は“あなたに差し上げる”ということです。

つまり、担保に入れた不動産等はそのまま使用することはできるが、完全に自分の物かと言うとそうではありません。

実際、経営不振、または住宅ローン等で約束通り返せない時に、不動産を売却させられる” “競売に掛けられる”という悲劇が沢山起こっています。その様なことにならないためにも、正しい知識が必要です。

自宅が売却または競売に掛けられると、当然ですがその家から出て行かなければならなくなります。これでは、家族は途方に暮れてしまいます。

その様なことにならないためには、銀行に相談して“いくら支払えば担保を外してもらえるか?”を確認し、その金額を銀行に支払って担保を外してもらうことができます。そのお金は事前に1年~2年を掛けて会社と個人で用意する必要があります。

ただ、お金を全額用意できない場合は、親戚や知人等、保証人になっていない信頼のおける人に住宅ローン等で不足分を用意してもらうことになります。

この場合は、第三者の名前で住み続けることになります。この方法はセール&リースバック”と言って世間では広く一般的に用いられています。

経営者にとって従業員を守ることは重要ですが、それより重要なことは“自分の家族を守る”ということです。経営者が自分の家族を守れないのに他人の家族など守ることはできません。

担保には“普通抵当”と“根抵当”という2通りの抵当があります。絶対に失ってはならない自宅などは“普通抵当”にするのが、常識中の常識です。

 

色々とお伝えしましたが、中小企業にとっては「経営は上手く行かないのが当り前」と考えて、日々、精進が必要です。大切なことは、経営は「成功しなくても良いから、失敗しないこと」です。

 

  ≪今回のポイント≫

自宅が競売にかけられる時には、事前に資金を用意するか、リースバックを考慮する!

 

  関連記事

小規模事業者持続化補助金の公募開始*締め切り平成29年1月27日

平成28年度第2次補正予算の成立に伴い、小規模事業者持続化補助金の公募が開始され …

優れた社員を育てるには「期待する」

企業の経営資源として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われています。 中小企業 …

利益を出し続ける(4)儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
2017年6月30日「経営革新等支援機関」に認定されました

6月30日付で、経済産業大臣及び内閣府特命大臣(金融担当)から「経営革新等支援機 …

no image
(経営改善の現場から)改善計画の実施が重要「モニタリング」

「経営革新等認定支援機関」として、経営改善計画の策定及びその後の継続支援(モニタ …

no image
税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%   この数字は?

この数字は何でしょうか? 10~20年後に「AI(人口知能:コンピュータ)」によ …

9月8日 「創業支援セミナー」受講

9月8日(火)に北九州市小倉で、日本政策金融公庫主催で、TKC九州会北九州支部( …

no image
DXは単なるデジタル化ではありません

菅総理大臣に替わり「デジタル庁」をはじめ、「デジタル化」・「IT化」が話題になっ …

経営戦略(4 )自社を固める:事業ドメインの設定

*本記事は、2015年10月に記載の内容を2020年10月に一部修正を加えていま …

●★ 経営計画の策定はなぜ必要なのか? ★●

大多数の中小企業の経営者は、多大な努力をして長年自分の会社を経営してきています。 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP