絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

日本の生産性が低いのは「中小企業が多い」ことが原因?

「プレジデント誌」で短期集中連載として、小西美術工藝社・社長の「デービッド・アトキンソン」氏(元ゴールドマン・サックス)が、「このビンチが最後のチャンスだ」というタイトルで、日本の産業構造の変革の必要性を指摘しています。

*アトキンソン氏は「日本経済新聞6月12日」にも同様の内容を寄稿しています。

 

要旨として

1 日本の生産性が低いのは、企業数で約357万社(99.7%)、従業員数で 68.8% を占める中小企業が原因。特に従業員数が数人の「小規模事業者」(約305万社、84.9%)。

2 中小企業は規模が小さいことにより「ヒト・モノ・カネ」の資源が乏しく、やりたくても生産性を上げることができない(力がない)。

3 これを打破するには、

(1)個別企業を成長させる

*ただし、単独で成長できる企業は限られている

(2)M&Aなどで規模を大きくする。中小企業から中堅企業に。

(3)(1)(2)ができない企業は退場

設立10年を経過しても小規模のままで、これまで「5期以上・納税ゼロ」という企業に補助金を出してまで延命させる必要があるのか?

早く退場(廃業)してもらって、そのお客、仕事を優良な企業に渡す方が社会にとっては良い。

 

アトキンソン氏は「中小企業庁」から「企業育成庁」に変わることを提唱しています。

中小企業を現状のまま延命させるのではなく、中小企業が規模を拡大できるように成長を促して、それができないところには、支援・補助はしなく、場合によっては退場してもらう。

現在の政府の施策は、アトキンソン氏が提唱している内容に方向は合っていると思っています。

「やる気があって、計画的に事業展開をする企業には、補助金や税制の面で優遇する」

「やる気がなくて、ドンブリ勘定経営の企業は市場から徹底してもらう」

*撤退や事業承継(M&A含む)に関する補助金もあり、撤退を促す施策も行っています。

ただし、今回の「新型コロナウィルス」に対する施策では、ほぼ全ての中小企業に支援をしています。今回の「持続化給付金」や「追加融資」で延命した企業は、今後の経営状況や市場の状況によって苦しくなり廃業・倒産に向かう可能性もあります。

 

当社は、中小企業の「事業再生」「M&A」をメインに取り組んでいます。

「事業再生」としては、現在の「財務状況」、「事業状況(自社と外部環境の分析)」を把握し、課題を明確にしてその対策を立案します。

状況によっては、債務(借金)の減額対応廃業支援も行います。

「M&A」に関しては、小規模M&Aマッチングサイト「バトンズ」を利用して、売却及び購入の両面で支援します。

当社への「事業再生」「M&A」の相談は、こちらから

  関連記事

企業の倒産原因(1)販売不振

当社では、現在、幾つかの企業の「事業再生」「経営改善」に関わっています。これらの …

●★ 経営計画の策定はなぜ必要なのか? ★●

大多数の中小企業の経営者は、多大な努力をして長年自分の会社を経営してきています。 …

no image
生きるための計画の考え方

経営計画はなぜ必要なのか? 夢の達成? 目標の達成? 会社資産増加? 個人資産増 …

no image
(経営改善の現場から)お客を絞り込む4つのポイント

前回、中小企業の戦略として「商品を絞り込む」について紹介しました。 前回の記事は …

no image
倒産企業の寿命「23.5年」 ~2017年の倒産件数は「8405件」~

2月23日の日刊工業新聞に、昨年(2017年)の倒産に関する記事が掲載されていま …

no image
(経営改善の現場)運転資金の借入の考え方?

経営改善・事業再生において、様々な企業の決算書を見る機会が多くあります。 会社規 …

廃業のポイントは「保有財産と利益」

2020年1月31日より、『事業復活支援金』の申請が始まっています。 コロナの影 …

no image
ポストコロナの金融政策(1)・金融庁の方針

2022年8月31日に、金融庁から「2022事務年度金融行政方針」が公表されてい …

経営戦略(6)戦略立案:どうやって勝つのか(2)

これまで、経営戦略について、「現状(自社、市場・競合)を正しく理解」することの重 …

no image
収益を上げなければ『働き方改革』はできない(1)

コロナ禍の影響で、「良い面」でも「悪い面」でも大きく業績が変わった企業が多いと思 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP