絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

優れた社員を育てるには「期待する」

企業の経営資源として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われています。

中小企業の最大の経営資源は「ヒト」です。他の要素はこの「ヒト」の上に成り立っています。

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、経済活動が停滞、変化している状態だからこそ、「ヒト」に関することを徹底して考え、実行すべきです

そのポイントは、次の3つです。

1 労働生産性を高めるためには社員のやりがいを高める

2 優れた従業員を育てるには「期待する」こと

3 人件費が最大のコストであり、投資でもあることを認識すること

これらを、3回に分けて説明していきます。今回は2回目です。

 

優れた社員を育てるには「期待する」こと

会社として夢があることが従業員の士気の源泉です。夢のない会社には人は集まりません。社長の第一の仕事は夢を創ることです。

無能な経営者の愚痴

・うちには「いい人」が来ない

・うちは「イエスマン」ばかりで自分で考えようとしない人間ばかりだよ

・うちには仕事を取れる奴はいないから、俺が一人で仕事を取っている

・どこかに「いい人」がいないかな

これらの愚痴を言う暇があるなら「人を育てる」ことを考えましょう。人を育てる最大の恩恵は「社長が楽できる!」ことです。

・(従業員が育つと)社長にとって事業承継が楽にできる

・会社の利益が増える

・従業員一人ひとりが、働くことに「やりがい」を持つようになり、辞めないで長く働くことになる

・何よりも社長はゆとりの時間を手に入れることができる

 

優れた社員を育てる『3つのポイント』

1 入社前にやるべきこと

会社の考え方、事業内容、理念・目標、本人のやるべき仕事と期待等をしっかりと何度も話し合って共感してもらう。

2 入社直後にやるべきこと

本人の考えや希望を「見える化」して、会社の仕事に合わせて「10年後のなりたい姿」「今後5年間のなりたい姿に向けての自分計画」を本人と経営陣と一緒に作る。その達成のために何かの資格が役にたつなら取得費用等を援助する

3 その後にやるべきこと

1と2で作られた計画が確実に達成されるようにフォロー体制を作る。

・入社後1年目は3ヶ月ごとに定期面談をする

・入社後2年目から5年目は6ヶ月ごとに定期面談する

・入社後6年目以降は、将来の目標を改めて考えるための面談を定期的に行う

 

これらのことは、社長も必ず一緒に行うことが肝心です。「教えることは教わること」にもなります。

働く人を一人にさせない」「会社での本人の存在感を認識させる」ことがポイントです。

人は期待して育てることが大切です

 

本内容は、(株)事業パートナーの松本光輝の著書も参考にして紹介しています。

松本社長の著書の紹介はこちら

  関連記事

no image
「新型コロナウィルス」で事業継続計画の見直し

2020年6月25日の日本経済新聞に『TOTO、BCP見直し』という見出しで、「 …

利益を出し続ける(3)資金がショートしないようにする仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

会社継続・発展のための財務諸表の使い方

9月17日に北九州テクノセンタービルで開催されました「公益法人 北九州産業学術推 …

経営戦略(5)戦略立案:どうやって勝つのか(1)

*本記事は2015年10月に投稿した内容を2020年11月に一部変更しています …

no image
2017年6月30日「経営革新等支援機関」に認定されました

6月30日付で、経済産業大臣及び内閣府特命大臣(金融担当)から「経営革新等支援機 …

経営戦略(2)現状の正しい認識①「3C分析」「SWOT分析」

*2015年10月の投稿記事を2020年に一部修正しています。 前号の記事から「 …

no image
ビジネスの集会で「人脈を形成する」7つのステップ

商工会議所や経営者団体の集会や研修会の後の懇親会、これは「人脈を形成する」絶好の …

利益を出し続ける(2)社員がやる気を出す仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

no image
税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%   この数字は?

この数字は何でしょうか? 10~20年後に「AI(人口知能:コンピュータ)」によ …

早期の経営改善を支援します

政府の「中小企業施策」として、新たな制度が導入されています。 政府の方針は明確で …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP