絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

売上を上げ続ける戦略(1)儲けるための商品の売り方の仕組みとは?

これまで紹介の弊社が提供しています『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法に関する実務面の具体的な支援メニューです。

その前提には、「中小企業が売上を上げ続けるための販売戦略」があります。今回、連携している『(株)事業パートナー』のメルマガを参考にして、この中小企業の販売戦略について5項目にまとめましたので順次紹介していきます。

1.  儲けるための商品の売り方の仕組みとは?

2.利益を確実に出すためにはこうする!

3.ターゲットの明確化。誰にでも売るというのは駄目!!

4. 商品・製品は”売れた”ではなく「売れる!!」のである

5. 販売計画の7原則

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

第1回の今回は、「 儲けるための商品の売り方の仕組みとは?について紹介します

儲けるためには、ずばり、「(儲かる)粗利の高い商品を提供」することです。

高い粗利の商品には次の3つの特徴があります。

1.市場にまだ多く出回っていない商品

⇒ 商品が生まれてからなくなるまでの間で“生まれたばかり”に位置する商品

2.品質が高く、他の商品にはない独自の価値がある商品

⇒ 価値が圧倒的に高い分、高い価格を維持できる商品

3.お客様に購買経験がない商品

⇒ お客様が買われたことがないので、価格イメージが沸きにくい商品

 

1.市場にまだ多く出回っていない商品

生まれたばかりの商品の売り方には、3つのポイントがあります。

(1)お客様が目にする機会を多くする

(2)お客様に商品を知ってもらい、商品を理解してもらう

(3)様々な告知方法を使う

生まれたばかりの商品は、お客様に購買経験がなく、「知らない」イメージがわからない」ものです。

知らないことには買うことができないので、認知度を高める必要があり、そのためには、地道に商品を知ってもらい一度買ってもらう必要があります。知られていない商品でも、高い価格を設定することは可能です。

2.品質が高く、他の商品にはない独自の価値がある商品

品質が高く、他の商品にはない独自の価値がある商品は、高い品質を求める消費者を対象とすることになり、売上数量が減少しても利益を得ることができます。高品質・高付加価値商品を強化するに当たって、プロダクトアウト(生産者中心主義)ではなくマーケットイン(市場中心主義)の発想が重要です。

  

3.お客様に購買経験がない商品

“知らない”を“知っている”に変えるために、ニュースレターやセミナー等を活用し、情報提供をすることが重要となりますが、お客様に価格のイメージが沸きにくい商品となるため、逆に高い価格を提示することができます。

 

今回は、「儲けるための商品の売り方の仕組みとは?」、「儲かる粗利の高い商品を提供する」ことを紹介しました。

粗利(利益率)の高い商品を開発・仕入れて、提供することは、当然、利益が上がることになります。

次回は、「利益を確実に出すためにはこうする!」と題して、利益に対する考え方・計画について紹介します。

 

  関連記事

no image
(中小企業の人事戦略の参考として)大企業の政策が変わる?

今回の記事は大企業向けであり、中小企業には必ずしも当てはまりませんが、社会の流れ …

会社継続・発展のための財務諸表の使い方

9月17日に北九州テクノセンタービルで開催されました「公益法人 北九州産業学術推 …

no image
コンパクトシティ・スマートシティ?

東京一極集中の現状 2020年5月、東京都の人口は「1,400万人」、この20年 …

経営戦略(7)計画立案:目標に向かって

本記事は2015年11月に記載したものを2020年11月に一部を修正しています。 …

労働生産性を上げるには「社員のやりがい」を高める

企業の経営資源として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われています。 中小企業 …

企業経営は「儲ける・儲け続ける」が最優先

5年ほど交流のある、関東の行政書士の「上山雅子」さんから、新年の挨拶とともに、出 …

経営者(3)コンプライアンス「今でも迷う15年前の判断」

(本記事は2015年9月に投稿したものを、2020年7月に一部変更しています) …

経営計画の策定(4)自社の銀行での格付けを知ろう

銀行は、お金(資金)の貸出先企業ごとに格付けを行って、それぞれの対応を決めていま …

no image
日本の生産性が低いのは「中小企業が多い」ことが原因?

「プレジデント誌」で短期集中連載として、小西美術工藝社・社長の「デービッド・アト …

no image
税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%   この数字は?

この数字は何でしょうか? 10~20年後に「AI(人口知能:コンピュータ)」によ …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP