絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

売上を上げ続ける戦略(4)商品・製品は”売れた”ではなく”売れる!!”のである

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法に関する実務面の具体的な支援メニューです。

『売上向上支援パッケージ』はこちら

その前提には、「中小企業が売上を上げ続けるための販売戦略」があります。今回、連携している『(株)事業パートナー』のメルマガを参考にして、この中小企業の販売戦略について5項目にまとめましたので順次紹介していきます。

1.  儲けるための商品の売り方の仕組みとは?

2.  利益を確実に出すためにはこうする!

3. ターゲットの明確化。誰にでも売るというのは駄目!!

4. 商品・製品は”売れた”ではなく「売れる!!」のである

5. 販売計画の7原則

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

第4回の今回は、「 商品・製品は”売れた”ではなく「売れる!!」のであるについて紹介します

 

売るための儲かる仕組みとは!?

価値ある商品の提供と演出・口コミが重要です。

買う人の気持ちは、買った後に“後悔したくない”ということ、ならば、後悔させないようにすることが大事です。

後悔させない方法とは?

1.売る時点で十分な説明をする。

2.良い点ばかりではなく、マイナス面も説明する。つまり、納得して買ってもらう。

3.お客様にとって何が最善なのかを検証する。

「売るとは?」は、「 買ってもらうこと」です。

「買うとは?」は、2種類あり、1)必要なものを買う、2)欲しいものを買う。

1)必要なものを買う時の人間の心理

消耗品は常に使用するものなので、できるだけ安いものを買う

⇒ つまり、売る側は高く売れない

⇒ 利益が小さい

⇒ 多数、売らなければならない

2)欲しいものを買う時の人間の心理

他人の意見を無視しても自分の欲求を満足させたい

⇒ 何らかの方法でお金を調達する

⇒ つまり、売る側は利益を多く得ることができる

 

これが売れる商品の“売れる理由”だ!!

利益を確実にするためには次のようにします。

     目標利益 = 売上高 - 顧客獲得コスト - 製造原価 - 販売管理費

1.売上高の維持、向上

・コンセプトの明確化、見直し

・製品の改良、改善

・新製品の開発、市場投入

2.顧客獲得コストの効率化

・顧客コンタクト方法の見直し⇒直営業、代理店

・既存の顧客コンタクト方法の活用

・インターネットなど新たなプロモーションメディアの活用

3.製品原価の低減

・材料の見直し、相見積り

・製造方法の工程見直し、ボトルネックの解消、動線の見直し

・在庫の見直し

4.販売管理費の圧縮

 

商品やサービスが売れる理由と仕組みとは?

1.欲しい

⇒ 私が欲しいから買う!いらない物はいらない!!

2.驚く

⇒ この値段でこんなに良い物、お得!単純に安売りでは駄目!!

3.今までとは違って新しい

⇒ バーチャルの世界、ドローン、8Kテレビ、無人化

4.不便なことを解消できる

⇒ 「こんな機能があったらいいなあ~」と思える商品やサービス

5.情報

⇒ 車や高額家電を見ただけで買う人はいない。買う人に合わせた個々の情報を可能な限り提供することで買う人は安心する。

 

売れるための手法

1.現在の商品・サービスの不具合等、問題点の洗い出し

2.その問題点の解決方法を探す

3.新しい商品・サービスを作り出す

 

結論として

自分が商品・サービスを買うときに“思ったり”、“考えたり”することを一つ一つ書き出し、データ化して、自社の商品・サービスに応用する。

  関連記事

no image
(経営改善の現場から)お客を絞り込む4つのポイント

前回、中小企業の戦略として「商品を絞り込む」について紹介しました。 前回の記事は …

中小企業等経営強化法2016年7月よりスタート

2016年7月より「中小企業等経営強化法」が施行されます。 本法について、中小企 …

●★ 経営計画の策定はなぜ必要なのか? ★●

大多数の中小企業の経営者は、多大な努力をして長年自分の会社を経営してきています。 …

no image
人手不足、業種で格差 ~銀行員が建設業に転職できる??~

人材不足の業種間の格差が一段と広がっています。 最も深刻なのが「宿泊・飲食業(外 …

経営計画の策定(4)自社の銀行での格付けを知ろう

銀行は、お金(資金)の貸出先企業ごとに格付けを行って、それぞれの対応を決めていま …

no image
税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%   この数字は?

この数字は何でしょうか? 10~20年後に「AI(人口知能:コンピュータ)」によ …

no image
中小企業への支援策、次々と公表

政府は、2017年度補正予算と2018年度本予算ならびに税制改正によって、積極的 …

経営計画の策定(3)銀行を知ろう~各銀行の特色と対応~

企業の運営には「お金(資金)」が必要です。 金融機関からの借入がなく全て自分のお …

no image
●★ 経営計画書はどのように作るのか? ★●

前回「経営計画はなぜ必要なのか?」を記載しました。 今回は「経営計画書はどのよう …

経営者(1)「皆さん、一度でいいから社長になって下さい」

(本記事は、2015年9月に書いたものを、2020年7月に一部修正をしています) …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP