絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

売上を上げ続ける戦略(3)ターゲットの明確化。誰にでも売るというのは駄目!!

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法に関する実務面の具体的な支援メニューです。

『売上向上支援パッケージ』はこちら

その前提には、「中小企業が売上を上げ続けるための販売戦略」があります。今回、連携している『(株)事業パートナー』のメルマガを参考にして、この中小企業の販売戦略について5項目にまとめましたので順次紹介していきます。

1.  儲けるための商品の売り方の仕組みとは?

2.  利益を確実に出すためにはこうする!

3. ターゲットの明確化。誰にでも売るというのは駄目!!

4. 商品・製品は”売れた”ではなく「売れる!!」のである

5. 販売計画の7原則

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

第3回の今回は、「 ターゲットの明確化。誰にでも売れるというのは駄目!!について紹介します

 

「選択と集中」とは

「選択と集中」とは、“何をやらないか”と“何に力を入れるか”を決めることです!

何をやらないか?の考え方

儲からないものを“たたむ”“削る”

・儲からない事業は“たたむ”

・儲からない赤字商品は“削る”

・商品コストを徹底的に“削る”

何に力をいれるか?⇒儲かるように変える

自社の強み”を徹底して絞り込んでさらに強くする

・強み以外は、徹底的にたたむか、削る

⇒“主力商品を絞り込んで磨く”

⇒営業力も主力商品に集中できる

 

「選択と集中」を決定するための「5つの考え方」を示します。

 

1. ターゲットの明確化:たたむ・削る・変える

「たたむ」「削る」「変える」の主な例を示します。

たたむ、削る、変えることが決断できない理由を除去する

1)資金繰り(運転資金がショート)

・売上が落ちてきたら、すぐに支払いに詰まるような資金体質

・売上の回収が遅くて、支払いが先に発生してしまう会社

2) 面子

・地元の名士、地元の役職を歴任

・人前で綺麗ごとを言っている ⇒ 人員削減ができない

3)価値観

・縮小をためらう、拒否する

・将来に楽観的 ⇒ 今の状況は一時的で、将来は回復する

4)社員の抵抗

・社員は官僚的で考え方が硬いと変化に対して抵抗する

5)自分に対し甘い(問題の先送り)

・2代目、3代目は自分に甘いだけでなく、それ以上に他人にも甘い

・いつまでも優柔不断、意思決定の先送り

 

2.「意思決定のための手法」

「選択と集中」とは“何をやらないか”と“何に力を入れるか”を決めることです!

”何をやらないか”→たたむ、削る→ 収益性分析

”何に力を入れるか”→ 変える→ 市場成長マトリックス。強み・弱み分析

経営者が意思決定する手法があると・・・「選択と集中」の実施ができるようになります

 

  3.収益性分析

「収益性分析」とは?  “何が儲かって” “何が儲からないか”を見極めることです!

1)商品ごと、事業ごとに売上と製造原価(原材料、人件費、経費など)を計算してみる

2)商品ごと、事業ごとの粗利の割合を全体の粗利の割合(粗利率)と比較してみる

3)全体と比較して、粗利率が改善できるかを検討してみる

4)粗利率改善の検討方法

・売上を上げることができるか ⇒ もっと魅力的な商品に改善

・効率的な作業をして、人件費、経費などの圧縮

・原材料を見直して安く仕入れる、代替品にする

*商品Cは粗利率が低い:改善が必要と容易に判断できる

 

4.市場成長マトリクス

市場成長マトリクスを使って既存事業を評価して、今後進める事業を選択する。

1)現在営んでいる事業を4つの領域に分ける  ⇒ 事業の交通整理

2)それぞれの事業を継続する価値があるかどうかを判断する ⇒ 

3)すべての事業を継続しようとすることは困難  ⇒ 選択

4)やる価値のある事業だけを残す  ⇒ 集中

 

5.ターゲットの明確化~「強み・弱み分析」

・環境分析(内部、外部)をマトリクス形式に整理し、戦略立案につなげていく手法(SWOT分析)

事業再生を行う上で、事業再生可能な経営基盤を見極める

・自社を取り巻く企業環境(外部)と経営資源を整理し、事業を“伸ばす” “差別化する”“補完する”“回避する”を明確にして、事業の選択と集中を決定する

 

経営資源(ヒト・モノ・カネ)には限りがあります。その資源を有効に活用するには、「選択と集中」が必要です。

新型コロナウィルスの感染拡大により、今後の市場・景気が読めない状況になっています。この時期だこそ、現状を整理して、今後の方向性を決めていく必要があります。

  関連記事

中小企業等経営強化法2016年7月よりスタート

2016年7月より「中小企業等経営強化法」が施行されます。 本法について、中小企 …

快進撃企業に学べ

北九州商工会議所の会報(毎月発行)の2021年3月号に、これまで会報に連載されて …

no image
「新型コロナウィルス」で事業継続計画の見直し

2020年6月25日の日本経済新聞に『TOTO、BCP見直し』という見出しで、「 …

no image
人手不足を乗り切る:人材を人財に!!

最近の中小企業の経営者からの相談として、「経営不振による借入金の返済」に加えて「 …

no image
コンパクトシティ・スマートシティ?

東京一極集中の現状 2020年5月、東京都の人口は「1,400万人」、この20年 …

no image
(経営改善の現場から)商品を絞り込む

現在実施している「経営改善」案件の中で、多くの商品(サービス)を扱っている企業が …

企業経営は「儲ける・儲け続ける」が最優先

5年ほど交流のある、関東の行政書士の「上山雅子」さんから、新年の挨拶とともに、出 …

no image
経営改善(事業再生)の初期対応:現実を見つめ先の光を感じる

売上不振、顧客のトラブルで売掛金が回収できない、または災害の影響を受けたなどの理 …

利益を出し続ける(1)売れる商品・サービス

今号から「経営改善で連携」している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益 …

利益を出し続ける(4)儲けた利益を何に使うかを決める仕組み

連携している「(株)事業パートナー」の投稿記事から、「利益を出し続ける仕組み」を …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP