絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

売上を上げ続ける戦略(2)利益を確実に出すためにはこうする!

これまで紹介しています弊社が提供している『売上向上支援パッケージ』は、販売の方法に関する実務面の具体的な支援メニューです。

その前提には、「中小企業が売上を上げ続けるための販売戦略」があります。今回、連携している『(株)事業パートナー』のメルマガを参考にして、この中小企業の販売戦略について5項目にまとめましたので順次紹介していきます。

1.  儲けるための商品の売り方の仕組みとは?

2.  利益を確実に出すためにはこうする!

3. ターゲットの明確化。誰にでも売るというのは駄目!!

4. 商品・製品は”売れた”ではなく「売れる!!」のである

5. 販売計画の7原則

(株)事業パートナーのホームページはこちら

 

第2回の今回は、「 利益を確実に出すためにはこうする!について紹介します

 

一般的な中小企業の経営者の利益に対する考え方

1.売上を上げた結果に利益がついてくる

2.仕入れ価格の2倍~3倍で売りの価格を決める

3.人件費を安くする

つまり ↓

キチンとした利益を作るための計画がありません

すると ↓

”沢山売れた時は”利益が出る”

”少ししか売れない時は利益が出ない”

ならば ↓

初めから利益が出る計画を作れば良い

 

 ≪利益計画の作り方≫

1.どの商品の利益率を高くして(儲けて)、どの商品の利益率を低くするか(客寄せ商品)を決める

2.それぞれの商品の販売目標を決める

3.それぞれの商品の販売方法を決める

4.上記を達成するための経費を見積もる(人件費、家賃、交通費、外注費)

5.営業利益を見積もる

6.借入利息税金返済元金を計算する

7.最終利益を計算する

8.計画に無理がないかを再度検討する

売上は予定で、経費は確定!で進める

 

<売上が達成できず、経費の方が多かった場合の対応>

1. 何故、達成できなかったのか、原因を見つけて改善する

2.改善方法が確実でなければ、経費を少なくする

※改善方法のポイントは?

・社長一人で考えない

・社員全員で考える

・コンサルタントに相談する

・全て数字で表わす

・人・物・金・時間・空間は全て原価であることを全員で自覚する

・短時間で経営を考えず、3年間、5年間で考える

 

 ≪仕入計画をどうするか?

販売計画と生産計画を合わせて →  在庫を一ヶ月分以下にする

<在庫に対する考え方>

仕入れ 1個 100円×5個=500円

販売  1個 150円×3個=450円

資金繰り 支払い500円-入金450円=不足50円

在庫が増えるということは、不足金が増えるということ

つまり ↓

 黒字倒産

需要測定の根拠を明確にする

・1ヶ月は約30日間。月末に如何に在庫を少なくするかを考える

・多量仕入れをすれば単価が安くなる。しかし、売れ残れば結局、単価は高くなる

・仕入方法に対して一定の基準を作る

売り切るにはどうしたら良いかを考える(魚屋・八百屋等)

 

 ≪商品の寿命≫

1.現在の商品の寿命を考える。どんな商品でも同じ状態で3年以上の寿命はない

2.商品の寿命に合わせた仕入れを計画する

<商品の寿命サイクル>

≪結論≫

●利益を確実に出すためには、明確な根拠が必要

●何度も検討した計画

この二つを社員全員で考えること

  関連記事

no image
2021年から3年間の経営戦略

本年(2021年・令和3年)はどんな年か 本年は、『十干(じっかん)』と『十二支 …

no image
(経営改善の現場から)商品を絞り込む

現在実施している「経営改善」案件の中で、多くの商品(サービス)を扱っている企業が …

no image
人手不足を乗り切る:人材を人財に!!

最近の中小企業の経営者からの相談として、「経営不振による借入金の返済」に加えて「 …

no image
(経営改善の現場から)事業再構築の考え方

コロナの影響を受けている企業は多い (株)事業パートナー九州には、経営に行き詰ま …

no image
人手不足、業種で格差 ~銀行員が建設業に転職できる??~

人材不足の業種間の格差が一段と広がっています。 最も深刻なのが「宿泊・飲食業(外 …

no image
●★ 今、いくらお金がありますか?:資金繰り表の作成 ★●

私が代表を務めている別会社「(株)ビザアシスト」の資金管理として次の3つを使用し …

経営戦略(6)戦略立案:どうやって勝つのか(2)

これまで、経営戦略について、「現状(自社、市場・競合)を正しく理解」することの重 …

優れた社員を育てるには「期待する」

企業の経営資源として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われています。 中小企業 …

no image
コンパクトシティー ~人口減への対応~

前回、少子高齢化による人口減少、東京を中心とした都市への人口移動、これによる地方 …

士業(専門家)の事業再生 ~AIで士業の仕事はなくなる~

昨年の12月に「税理士:92.5%、中小企業診断士:0.2%、この数字は?」と題 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP