絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

(経営改善の現場)設備投資の考え方?

経営改善・事業再生において、様々な企業の決算書を見る機会が多くあります。

会社規模に対して、かけ離れて銀行からの借金が多い企業もあります。「どうやってそこまで借りられたのか?」「よく銀行が貸したものだ!」と感じることもあります。

新型コロナウィルス感染拡大の影響による販売不振を助けるために、昨年(2020年)の4月から、政府系金融機関や民間の金融機関(信用保証協会の保証融資)が融資(貸付)を増やしています。

このことにより、現時点では「廃業・倒産」が抑えられていますが、今後、更なる売上の減少、そして返済の据え置き期間が過ぎて借入金の返済が始まると、お金が足りなくて困る企業が増えてくることが予測されます。

 

借入の目的は2つ

企業にとって借入が必要になるのは次の2つの場合です。

【1】運転資金が不足している場合 できれば避けたいが・・・

【2】設備購入などの新規投資のため

今回は、前回の「運転資金の借入」に続いて、設備投資資金の借入の前段階として「設備投資の考え方」について示します。

前回の「運転資金の借入」についてはこちら

 

設備投資の考え方

企業の成長のため、特に製造業の場合、「新たな設備の導入」は必要と思われている方は多いと思います。

製造業の方、工場内を見渡して下さい。使わなくて、カバーがかかったり、さび付いた機械が目に付くかと思います。物を作らない、お金を稼がない機械が意外と多いことに気付くと思います。

設備投資は、うまく行えばお金を生み出しますが、一歩間違えると会社の経営を危うくします。

 

設備投資が不利な点

設備投資は、次に示す不利な要素を持っています。

1 設備を購入するために借りた借金・利子の支払いによる資金繰りの悪化

2 設備を保つための維持費(メンテナンス費用、修理費用)の発生

3 設備を操作するための人件費の増加

4 お客・市場の変化に対応する柔軟性がなくなっていく

上記の1~3は、設備導入によりお金が発生することですが、4については設備投資自体の内容に関するものです。

「ものづくり補助金」の設備導入の理由に、「外注で行っていたものを内製化して、コスト低減、納期短縮を行う」と記載されていることが多いです。

本当にそうでしょうか?自社で強みを持っている技術に関して、更に強みを発揮するために設備を導入するのは、市場が伸びている場合は成功する可能性が高いと思いますが、このようなケースはそんなに多くありません。

 

設備投資が失敗する場合

今まで外注に出していた自社では経験のない工程を実施するために、ある製品に特化した自動化された設備を入れた場合はどうでしょうか?

「内製化・自動化」と耳障りは良いですが、現場は苦労の連続になる可能性があります。

例えば、自動車の金属部品で「切断⇒溶接⇒塗装⇒組立て」の工程で、塗装だけを外注で行っていたのを、自動化された「塗装ライン」を導入したケースがあります。

ここでの問題点は、2つあります。

第1は「自社で塗装の技術をもっていない」こと、第2は設備の「検討時に生産していた部品の専用ライン」を導入したことです。

外注に出していた塗装は「単なる色塗り」ですが、「塗装前の下地処理」や「インキ」「乾燥工程」などにノウハウがあり、設備を入れただけでは簡単にはできない技術です。

また、「お客や市場の要求」は日々変化します。そのため、塗装の色や部品の形状が、変わることが多くあります。生産効率を追求した専用ラインを導入したばかりに小回りが利かなくなり場合によっては使用できない事態に陥るかもしれません。

 

外注は悪なのか?

決算書を見ると「外注費」が高いことが目に付く場合があります。その場合、経営コンサルタントは「内製化」を推奨し、設備を入れたり、人を採用することを進言する場合があります。

確かに、計算上、内製化を行った場合の方が利益が出る場合がありますが、先に示した「自社の保有技術」「市場の変化の予測」をよく検討して下さい。

製造会社で大切なのは、社内生産能力だけではなくて、外注からの購入を含めた総合的な供給力です。

理想的な経営構造の一つとして「工場を持たないメーカー」があります。モバイル機器、スマートフォンなどを販売しているアップル社はその例です。

機器や機種に応じて、最適な部品メーカーや加工メーカーを使い分けています。

強い営業力と優れた事業開発力を兼ね備えた「頭脳集団による経営」が理想ではあります。

中小企業の場合、特に自社で製品仕様を決められない部品・部材を製作しようとした場合、自社で全てを実施しようとしたらムダが多く発生します。この場合、協力してもらえる「違う技術を持つ優秀な企業」と連携できるかが重要になります。

 

今回は、設備投資の借入の前段階として、「設備投資の考え方」、特に否定的な面について紹介しましたが、十分に検討された設備投資は会社の発展に不可欠です。

次回は、設備投資を行う際の「設備投資資金の借り方」について紹介します。

 

  関連記事

経営者(2)経営者像:ビジョンを示し実践する人

(本記事は2015年9月に投稿したものを2020年7月に一部変更しています)。 …

経営者(1)「皆さん、一度でいいから社長になって下さい」

(本記事は、2015年9月に書いたものを、2020年7月に一部修正をしています) …

経営者(3)コンプライアンス「今でも迷う15年前の判断」

(本記事は2015年9月に投稿したものを、2020年7月に一部変更しています) …

no image
生きるための計画の考え方

経営計画はなぜ必要なのか? 夢の達成? 目標の達成? 会社資産増加? 個人資産増 …

経営戦略(2)現状の正しい認識①「3C分析」「SWOT分析」

*2015年10月の投稿記事を2020年に一部修正しています。 前号の記事から「 …

9月8日 「創業支援セミナー」受講

9月8日(火)に北九州市小倉で、日本政策金融公庫主催で、TKC九州会北九州支部( …

no image
国連サミットで制定された「持続可能な開発目標」  ~企業経営の参考にしてみませんか~

昨年の4月から「九州工業大学」の産学連携のコーディネータを務めさせて頂いてます。 …

no image
「新型コロナウィルス」で事業継続計画の見直し

2020年6月25日の日本経済新聞に『TOTO、BCP見直し』という見出しで、「 …

no image
経営改善(事業再生)の初期対応:現実を見つめ先の光を感じる

売上不振、顧客のトラブルで売掛金が回収できない、または災害の影響を受けたなどの理 …

no image
倒産企業の寿命「23.5年」 ~2017年の倒産件数は「8405件」~

2月23日の日刊工業新聞に、昨年(2017年)の倒産に関する記事が掲載されていま …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP