絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

快進撃企業に学べ

北九州商工会議所の会報(毎月発行)の2021年3月号に、これまで会報に連載されていた「快進撃企業に学べ」の最終回が紹介されていました。

「人を大切にする経営学会」の「坂本光司」会長が、「快進撃」の企業を訪問した内容を毎号掲載していたもののまとめの記事です。

今回は、最終号と言うことで、「快進撃」を続けている企業の10の特長を示しています。

その内容をまとめたものを示します。

ご存知のように、日本の中小企業の約7割は赤字企業であり、残りの企業のほとんども毎年低収益で何とか生き延びている状態です。

現在の政府は、中小企業の現状の一つとして、規模が小さいことにより生産性が低いことをあげて、M&Aなどによる規模の拡大を推奨しています。見方によっては、中小企業、小規模事業所が悪いとも解釈できます。

上記の坂本先生が商工会議所の記事で紹介していた企業は、規模が小さいながらも、自社の「強み」を持ち、上記の10項目の考えを持って取り組んでいます。規模が小さいことが悪いことではありません。

商工会議所の会報の記事の中に、業績が悪い企業の経営者の5つの口実も紹介されています。

(1)「景気のせい」

(2)「業種のせい」

(3)「規模のせい」

(4)「場所のせい」

(5)「大企業・大型店のせい」

これらの理由は正しいかもしれませんが、自ら、自社の力ではどうしようもないことで、『それでは、自分(自社)はどうするか?』ということを考え、実行しなければ会社の未来を切り開くことはできません。

以前に、「会社は経営者によってどうにでもなる」、「経営者が正しい認識(考え)を持って、正しい方向に向かう決断を行うことにより発展する」を紹介しました。この正しい認識(考え)は、上記の「10の特長」に示されています。

会社を発展させるためには、「正しい方向」が重要です。その方向が正しいかは、自分だけの判断ではなく、客観的に状況を分析し、必要に応じて「経営のプロ」に相談することも必要です。

相談はこちらにどうぞ

 

  関連記事

労働生産性を上げるには「社員のやりがい」を高める

企業の経営資源として「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われています。 中小企業 …

no image
(経営改善の現場から)お客を絞り込む4つのポイント

前回、中小企業の戦略として「商品を絞り込む」について紹介しました。 前回の記事は …

no image
DXは単なるデジタル化ではありません

菅総理大臣に替わり「デジタル庁」をはじめ、「デジタル化」・「IT化」が話題になっ …

no image
国策として進める『事業再生』

2022年5月31日・事業再生シンポジウム 『コロナ後を見据えた中小企業支援と事 …

中小企業等経営強化法2016年7月よりスタート

2016年7月より「中小企業等経営強化法」が施行されます。 本法について、中小企 …

中小・小規模事業者の「攻めの投資」を後押し

中小・小規模事業者の経営力を強化するために、昨年(平成28年)7月に施行された「 …

no image
社長、前月の経営成績をいつ知りましたか? ~経営改善の現場から思うこと~

銀行からの借入金の返済に困った会社の「経営改善」の支援をさせて頂いた際に感じたこ …

no image
中小企業は価格を上げて生き延びる!

外国料理レストランを開業、調理師を外国から呼び寄せる 当社「(株)事業パートナー …

no image
企業の変革には『粗利益率の改善』が重要

「事業再生・経営改善」や「事業再構築補助金」の支援を行っている中で、企業の決算書 …

no image
国連サミットで制定された「持続可能な開発目標」  ~企業経営の参考にしてみませんか~

昨年の4月から「九州工業大学」の産学連携のコーディネータを務めさせて頂いてます。 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP