絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

危機を乗り越える力・2021年の当社の振り返り

危機を乗り越える力

この言葉は、2021年版の「中小企業・小規模企業白書」で書かれている言葉です。その中で次の3つが危機を乗り越える課題として示されています。

【1】中小企業の経営戦略の再構築

【2】デジタル化の推進

【3】事業承継・M&Aの推進

この3つの項目について、当社が関係した2021年の取り組みを紹介します。

*示す各図は、中小企業白書からの抜粋です。ご興味がある方は白書をお読み下さい。

 

【1】中小企業の経営戦略の再構築

白書では「中小企業の財務基盤と感染症を踏まえた経営戦略」と題して現状が示されています。

1 これまでにない金融機関の融資

2020年3月から、コロナ禍による経済活動の停滞による運転資金の補充を目的として、政府系の金融機関である「日本政策金融公庫」「商工組合中央金庫」の融資が始まり、それだけでは対応できないので、5月から「信用保証による民間金融機関」の融資が行わました。

これらの融資は、従来では財務状況上で借入が難しい企業も借入ができました。また、借りる必要がないと思われる企業も借入を行っています。

借入金の元本の返済には据置期間が設けられ、更に一定期間は実質無利子の融資になっています。

次に、政府系金融機関と民間の金融機関の融資状況を示します。2020年3月から2021年2月の約1年間で、合計「約240万件」の借入が行われました。

<政府系金融機関による融資件数>

 

<信用保証による民間の金融機関の融資件数>

 

2 返済の開始による資金ショートの可能性

コロナ禍が早めに終息すると予測し据置期間を1年に設定した企業は既に借入金の返済が始まっています。今後、順次、返済が開始される企業が増えてきます。

返済までに経営状況を立て直すことができた企業は問題ありませんが、「コロナ融資」やその他の助成措置で(かろうじて)存続できていた企業は、これらがなくなった段階で資金繰りに苦しい状況に追い込まれることになります。このため、政府はこの救済として、更なる元本返済の据置策も行っています。2021年4月からは「中小企業再生支援協議会」による「新型コロナ特例リスケジュール支援」も行われています。

政府の支援にも限界があり、今後、経営状況の悪化と先行き不安により、経営者の高齢化・経営承継者の不在もあって、倒産や廃業が増えてくることが予測されます。

今回のコロナ禍で、経営者が手元資金の重要性を認識した点です。次に示すように以前に比べて、月商に対する必要と考える手元資金(現金・預金)の額が増えています。

これからの経営は、いかに利益を増やして内部留保(純資産・自己資金比率)を増やすことが重要です。

3 当社の事業再生・経営改善の取り組み

運転資金や借入金の返済に困っている企業の要請を受けて、経営再建の支援を行っています。

・現在の財務状況、事業の状況を分析して、

・当面必要な資金繰り対策を実施し、

・再建に向けた各種の対策を検討し、

・対策の実施 に対する支援を行っています。

企業の負担を少なくするために、必要に応じて、「経営改善計画」の補助金の利用も行っています。

上記に示したように、直近は、経営が苦しくなった企業からの相談や支援依頼が増えてきています。

4 当社の「事業再構築」の取り組み

2021年3月から「コロナ禍」等により、売上が減少した企業が新規の事業を行うことに対して助成する「事業再構築補助金」が制度化され、今年度(2022年3月末まで)、5回の公募が行われています。次年度も予算規模が少なくなりますが、継続実施されることになっています。

当社では、第2次公募から、補助金を希望する企業の申請の支援(主に事業計画の策定)を行っています。マンパワーの面で各公募回で2件に絞って支援を行い、第2次、3次で計4件の採択を得ています(採択率:100%)。第4次(12月21日締切り)も2件の申請を行い、現在は第5次(2022年3月締切り予定)の案件の事業計画策定の支援を行っています。

申請を支援した一部の企業とは、その後の計画遂行のための実行支援も行っています。

当社の「事業再構築補助金」の支援に関してはこちらをご覧下さい

 

【2】デジタル化の推進

白書では「事業継続力と競争力を高めるデジタル化」と題して現状が示されています。

1 現在の中小企業のデジタル化の状況

最近、DX(デジタルトランスフォーメーション)という文字が毎日のように目に入ってくると思います。最近、DXに関する書籍が多く発刊され、勉強されている方も多いと思います。

それでは、「中小企業ではDXをどのように進めたら良いか?」の問いかけに対して、明確に回答して、行動に移している企業は少ないのが現状です。中小企業の経営者の大部分は、自分たちには関係ないと思われていると思います。

これからは、「DXなくして事業の継続はない」と考えて、取り組んで行く必要があります。

DXは現状の業務・作業内容のデジタル化を行うことではありません。デジタル技術の導入によって、生産性を向上させ、それにより利益を増やし、事業継続力と競争力を高めることです。

そのため、現状の業務フローを整理して、その中のどこにデジタル化の施策を打てば生産性が向上できるかを検討することです。このDXの施策を外部のITメーカーに丸投げしたり、特定の従業員に一任することでは、効果はでてきません。

白書に記載の調査結果では、経営者がデジタル化に積極的に取り組んでいる場合の方が、プラスの効果を生んでいます。

2 当社のDX支援の取り組み

現在、中小企業のDXの取り組みについて、調査・検討を行っています。今後、順次、ホームページやメルマガで発信していきます。

 

【3】事業承継・M&Aの推進

白書では「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経緯資源の有効活用」と題して現状を説明しています。

1 休廃業・解散件数の増加

次の図に示すように、企業の休廃業と解散が年々増加しています。その主な理由に経営者の高齢化と後継者不在が上げられます。これらの中には、赤字で継続が難しい企業もありますが、黒字の優良企業も約60%ほど含まれています。

上図でも経営者の平均年齢が上昇していることを示していますが、下図に各年(5年毎)の経営者の年代分布を示します。これを見ても60歳以上の経営者が多いことがわかります。

経営者が高齢であることが必ずしも悪いことではありませんが、経営者が高齢になるほど、収益力が落ちていることと、新しいことへの取り組みが少なくなることが示されています。

白書では、

・新事業への進出

・設備投資の実施

・試行錯誤(トライアンドエラー)を許容する組織風土

について示されていて、経営者が高齢になるほど取り組みが減っていることを示しています。ここでは「トライアンドエラーを許容する組織風土」について示します。

 

M&Aの増加

後継者がいなくて廃業になることを防ぐ方法として、「M&A」があります。一昔前はM&Aは大企業での話でしたが、ここ数年は中小企業でも活発に行われるようになっています。

その原因は、

(1)政府が中小企業のM&Aを推進

各都道府県に「事業引継ぎセンター」を設けて、M&Aを推進しています。

(2)マッチングサイトの出現

ネット上に、売りたい企業や買いたい企業の情報を掲載し、マッチングを行うサイト(運営会社)が増えたこともM&Aが盛んになった要因の一つです。

M&Aの買手企業が、M&Aに当たって重視する点は、「対象企業の成長性」や「保有の経営資源(人・技術など)」で、買収により更なる成長を見込んでいます。同業の企業を買収する場合が多いですが、異なる分野・業種の企業を買収して新事業に進出する場合もあります。

また、売手企業が企業や事業を売却するのは、後継者不在などにより事業継続が難しくなり、従業員の雇用が守られるようにするケースが最も多い要因です。

2 当社の事業承継・M&Aの取り組み

当社は、M&Aに関して次の取り組みを行っています。

事業承継・M&Aの詳細はホームページをご覧下さい

(1)M&A支援機関として登録

当社は、中小企業庁に「M&A支援機関」として登録し、「中小M&Aガイドライン」に遵守した取り組みを行います。これにより、「事業承継やM&Aに関する補助金」の申請支援も行うことができます。

(2)バトンズの認定M&Aアドバイザー

小規模M&Aを推進しているバトンズ社(日本M&Aセンターの関連会社)が運営している「マッチングサイト」を利用して、M&Aの相手先の探索を行うとともに、M&Aの一連の手続きの支援を行います。

 

来年は今年の活動をより高度に

来年は上記に記載の内容をより専門的に進めていきます。

キーワードは、「事業再構築」「DX」「事業承継・M&A」です。

 

  関連記事

経営戦略(4 )自社を固める:事業ドメインの設定

*本記事は、2015年10月に記載の内容を2020年10月に一部修正を加えていま …

no image
(経営改善の現場から)商品を絞り込む

現在実施している「経営改善」案件の中で、多くの商品(サービス)を扱っている企業が …

no image
倒産企業の寿命「23.5年」 ~2017年の倒産件数は「8405件」~

2月23日の日刊工業新聞に、昨年(2017年)の倒産に関する記事が掲載されていま …

no image
国連サミットで制定された「持続可能な開発目標」  ~企業経営の参考にしてみませんか~

昨年の4月から「九州工業大学」の産学連携のコーディネータを務めさせて頂いてます。 …

no image
預金と借金の適正額・自宅の守り方(1) 

当社((株)事業パートナー九州)が連携しています、数多くの事業再生を成功している …

経営計画の策定(3)銀行を知ろう~各銀行の特色と対応~

企業の運営には「お金(資金)」が必要です。 金融機関からの借入がなく全て自分のお …

no image
BPOとアウトソーシングの違い

BPOサービスとは? 最近、「BPOサービス」という言葉を新聞や広告などでよく見 …

快進撃企業に学べ

北九州商工会議所の会報(毎月発行)の2021年3月号に、これまで会報に連載されて …

no image
人手不足を乗り切る:人材を人財に!!

最近の中小企業の経営者からの相談として、「経営不振による借入金の返済」に加えて「 …

期限の利益を失った場合はどうなるのか?

期限の利益を失うとは? 期限の利益とは、「一定の期限が到来するまで返済をしなくて …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP