絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

「コロナ」経済収縮・どう臨む

日本経済新聞の2020年3月17日~4月9日にかけて「経済収縮どう臨む」というタイトルで、関係の専門家8人のインタビュー記事が掲載されていました。

・大学関係「3人」(慶応大学:2人、大阪大学)

・政府「1人」(金融庁長官)

・金融機関「2人」(商工中金、信金中央金庫)

・調査会社「1人」(東京商工リサーチ)

・IT企業「1人」(サイボーズ)

この時期は、まだ、非常事態宣言が成される前でしたので、現在とは状況が違いますが、参考になる記事ですので主な論点を紹介します。

★ まずは生き延びること、そのためには一旦引くことも検討

★ 自社・外部の状況を的確に判断して、ビジネスモデルの再構築を

 

人と社会の価値観が変わる

・あらゆる経済活動が変わり、中期的な産業構造変化が生じる。既存の産業構造を前提に対策を打ってきた「リーマン・ショック」などの過去の経済危機と異なる

・産業・経済的なダメージが大きくなるので、終息しても「V字回復」は難しい(心理的な面でも)。

・大きな変化の中で、社会・企業・人が変わらなくては未来がない

 

今後の産業・経済の動向

・初期は「宿泊」「飲食」「小売りの一部」が影響を受けるが、5月以降は「製造業」「建設業」に波及する

・これを機に、「M&A」や「廃業」が増加する。これを支援する施策が必要。

大企業の「リストラ」の波が中小企業を巻き込むのが懸念。

 

必要な金融面の対応

時間をかけずに「資金繰り支援」を機動的に行う必要がある。「倒産と失業」の対策

・金融庁の施策:「リーマン・ショック」後に整備した「中小企業金融円滑法(2009年~2013年)」を実質復活

・金融機関は、資金が必要な企業に積極的に対応

・一時的な資金繰り支援だけでなく、長期的な視点で経営改善を支援することが必要。

 

デジタルシフト、働き方の変革

・テレワーク(在宅勤務)やオンライン授業(セミナー)など、技術的に可能なものがこれを機に普及するようになる。これにより「仕事の進め方・ライフワークバランス」の変革が生じる。

・テレワークは、企業の「情報管理・共有」「決済手段」「会議の在り方」を変え、「企業風土の変革」が生じる。

・日本が遅れていた「デジタルシフト」が進めば、次の成長につながる可能性がある。

  関連記事

『自立と連携』を高度化・深化して次のステージに ~50歳代最後の年を楽しみます~

2018年(平成30年)が始まりました。 本年は、当「北九州アシスト法務事務所」 …

no image
日本の国際競争力の低下~立ち直りの道は?~

2020年2月20日に、九州工業大学技術交流会主催、西日本シティ銀行共催の「事業 …

ビジネスセミナー:出版社から「ものがたりカンパニー」への華麗なる転身!?

10月13日に、「第73回北九州テレワークセンタービジネスセミナー」を聴講しまし …

no image
「中小企業活性化パッケージ」これは何??

2022年3月4日に「中小企業活性化パッケージ」というタイトルの新たな施策が「経 …

no image
伝える手段として「動画」「音声」

最近、経験した「ユーチューブ」と「ラジオ」での会社紹介について記載します。 これ …

no image
(株)事業パートナー九州の第5期(2022年)の取組み業務

株式会社 事業パートナー九州は、1月から5年目に入りました。 設立から4年間、中 …

no image
九州経済産業局のセミナー案内

九州経済産業局主催(産業部・消費経済課)のセミナーのご案内です。 ご興味がある方 …

no image
『自立と連携』の基盤作りができた年かな  ~2017年を振り返って~

2017年が終わろうとしています。 毎年思うことですが、今年は特に1年が早く過ぎ …

行政書士が行う中小企業支援 寄り添った細やかな支援

北九州アシスト法務事務所は、中小企業支援を中心に行う行政書士事務所です。今回は、 …

●★ 新年のご挨拶とメルマガの発行 ★●

  新年明けましておめでとうございます。 皆様におかれましては、幸多き …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP