絶対に倒産しない会社の仕組み作りなら、経営コンサルタントの株式会社事業パートナー九州へ

「九州将来ビジョン2030」九州経済連合会

九州(北九州)へ来て約20年、単身で関東に戻っていた期間(6年間)もありましたが、生活の基盤は完全に北九州になっています。

特に、会社を辞めて、

・行政書士として独立開業

・中小企業の経営支援:(株)事業パートナー九州の設立

・外国人材の活用支援:(株)ビザアシストの設立

この6年間は、地域の様々な方々・機関・会社と知り合い、お話しをさせて頂き、仕事を頂いた中で、ますます九州の良さ、成長のポテンシャルを感じています。

2021年7月15日の日本経済新聞に(一社)九州経済連合会の創立60周年「九州将来ビジョン2030」『挑戦の風・九州から』という2面にわたる広告記事が掲載されていました。

 

九州将来ビジョン2030

共生・共感・共創 アイランド九州

~成長と心の豊かさをともに~

ありたい姿

Ⅰ 新たな時代の成長エンジン

Ⅱ 心の豊かさを成長につなぐ幸せコミュニティ

Ⅲ 自立型広域連携アイランド

 

今回そこに示されている「ビジョン実現に向けた10の課題」を紹介し、関係する当社の取組みや感じていることを示します。

 

ビジョン実現に向けた10の課題

10の各課題を示しますが、当社の主要事業との関係を次に示します。多くの関係があることを認識することができ、各依頼先の現状を把握して、この九州経済連合会の推進内容を考慮して取組みを進めます。

 

1 日本を動かすリーディング産業の育成・誘致

将来の九州経済を活性化し、GDPの引き上げや所得水準の向上、さらに雇用拡大を図るため、九州の優位性ある資源やデジタル技術を活かして新たな基幹産業を創出する。

<当社の取組み・可能性>

★ 九州の農林水産業のDX・M&Aによる再構築

先日、「田舎に親が残した農地・山林があり、その処分に困っている」との相談がありました。その土地は広大で、その一部を定年退職した自分が稲作を行っているが、他の土地まで手が回らないとのこと。方向として次の2つを検討してもらうことになりました。

(1)農業委員会等の関係組織と相談して、土地の売却・譲渡先を探す

(2)付加価値の高い作物(果物)の栽培を行い、事業化を進める

(2)に関しては、定年退職をされた方には年齢的や資金的にハードルは高いですが、既存の農業の枠にとらわれない、例えば、DXを取り入れた新たな産業構造の構築ができる可能性があります。本人の意欲しだいでは、わくわくのビジネスになる可能性があります。

 

2 カーボンニュートラルを先導するエネルギー環境の整備

持続可能な世界屈指のクリーンエネルギー九州を実現するため、再生可能エネルギーの有効活用やそれに資する資金調達などの体制を整備し需要側を含めた環境先進モデルを構築して経済成長に寄与する。

<当社の取組み・可能性>

★ 各種補助金の申請支援・経営革新計画の策定支援

エネルギー、特に再生可能エネルギーに取り組む場合、各種の補助金を利用できる可能性があります。新技術の取組み・生産性の向上の面では「ものづくり補助金」、新しく事業を行うには「事業再構築補助金」を利用できる可能性があります。

また、新たな事業を取り入れる場合、現在の状況を整理して、方向を明確にして、効率的に事業展開を行うために、「経営改善計画」を策定することをお勧めします。

 

3 生産性向上と新たな価値を生み出す九州イノベーションエコシステムの構築

絶え間なくイノベーションを生み出し、持続的な産業の活性化を図るため、事業会社とベンチャーによる価値共創、産学の融合等により、域内で自律的かつ連続的にイノベーションが生み出されるシステムを構築する。

<当社の取組み・可能性>

★ 持続的な産業活性化に向けた産学連携

現在、各大学等は企業との共同研究等を積極的に進めています。北九州市の場合、研究学園都市、そこに関連する「九州工業大学」「北九州市立大学」「早稲田大学」があり、「西日本工業大学」や「北九州高専」など、工業系の大学等が多く存在しています。また、北九州市ではインターンシップ制度(企業で学生が実習)も行っており、企業と大学等が連携しやすい体制になっています。

当社では、「九州工業大学の産学連携」や「インターンシップ」のコーディネーターを行った実績もあり、現在も企業と大学の共同研究の支援を行っています。企業内だけの検討ではなく、大学等の力も借りてイノベーションを推進してみませんか。

 

4 地理的優位性を活かしたアジアとのシームレス化

日本の中でアジア諸地域に最も近い九州がビジネスの最適地として世界から選ばれるため、海外とのヒト・モノ・カネ・情報の往来を活発化させるべく、魅力的な国際ビジネス環境の整備に取り組む。

<当社((株)ビザアシスト)の取組み・可能性>

★ アジア市場と自由にモノの往来ができるサプライチェーン構築

現在、東南アジアの特産品の日本での販売を検討している小売店を支援しています。このきっかけは外国人留学生をアルバイトで雇っている中でヒントを得たビジネスです。コロナ禍の影響を終息したら立上げができるように準備しています。

 

5 新たな時代を担う教育・人材育成

デジタル化やグローバル化が加速する中で、IT人材、グローバル人材を確保するため、国際競争力ある人材育成メニューの充実や、その人材を受け止める組織インフラ・制度の整備に取り組む。

<当社((株)ビザアシスト)の取組み・可能性>

★ 優秀な外国人材を中小企業の発展に活用

中小企業では日本の大学卒の技術者を雇うことが難しく、東南アジアの工業系大学を卒業した方を雇う企業が増えています。また、「特定技能」制度により、現場の作業でも外国人を活用することができるようになりました(業種は限定される)。

当社では(株)ビザアシストと連携して、外国人材の紹介と出入国在留管理局(入管)への手続きを行っています。

 

6 暮らしやすさ(Quality of Life)と新たな価値の創出

地域の資産(自然や文化など)の恩恵を享受しつつ、イノベーションによって各人が求める働き方や生き方が実現できる地域モデルを創る。

 

7 共助社会を実現するダイバーシティ・インクルージョンコミュニティ形成

誰もが属性に捉われずチャレンジして活躍できる社会を目指し、多様な価値観を認め、各人の強みを活かし共助共生しながらともに成長できるコミュニティを形成する。

<当社((株)ビザアシスト)の取組み・可能性>

★ 外国人との共生に向けたグローバライズ

外国人材の紹介とその後の支援を通じて、外国人との共生に取り組んでいきます。

 

8 「成長エンジン」と「幸せコミュニティ」を支えるインフラ整備

バランス良く配置された九州の各都市の経済・生活機能が効率的かつ最大限に発揮できるよう、地域間連携に資するICT基盤や産学官民連携したデータ流通の促進および交通インフラの整備に取り組む。

 

9 分散型社会の一翼を担う自立型広域経済圏モデルの構築

人口減少、高齢化が加速している中でも地域経済・コミュニティを維持できるよう、強みである広域連携力を活かして、9県が自立しつつも一体となって地域活性化に取り組む連携モデルを構築する。

 

10 安心安全を確保する防災レジリエンス・バックアップ機能強化

異常気象や巨大地震発生などのリスクが年々高まる中、住民が安心して生活できるよう防災レジリエンス(予測力・予防力・対応力)を高めるとともに、首都圏での災害発生時のバックアップ機能構築にも取り組む。

<当社の取組み・可能性>

★ 事業継続力強化計画の策定支援

まずは、自社の災害等に対するリスクの点検です。費用の面等で直ぐに対策できないものもありますが、現状を把握して、優先順位を決めて計画的に整備を進めていきましょう。

 

当社の一つ一つの取組みが、地域の中小企業のお役に立ち、その積み重ねが九州の発展につながることを意識して今後も歩んでいきます。

 

 

  関連記事

バトンズM&A相談所「小倉店」を開設しました

(株)バトンズでは、 『誰でも、何処でも、簡単に、自由に、M&Aができる …

経営指導研修 第2期 オープン講座    ●★ 企業の決算書の活用 ★●

「株式会社 事業パートナー九州」では、「株式会社 事業パートナーの松本社長」の全 …

新型コロナウィルスの各種支援策

経済産業省では、新型コロナウイルスの影響をうける事業者のみなさまにご活用いただけ …

no image
9月18日福岡県行政書士会(基礎研修部)「入会者基礎研修」受講

9月18日に福岡県行政書士会(基礎研修部)主催の「入会者基礎研修」を受講しました …

no image
日本の国際競争力の低下~立ち直りの道は?~

2020年2月20日に、九州工業大学技術交流会主催、西日本シティ銀行共催の「事業 …

no image
コロナウィルス対策:今やるべき「6つの施策」

降って湧いたような「新型コロナウィルス騒動」、終息が見えない状況です。 夏頃に沈 …

●★ 新年のご挨拶とメルマガの発行 ★●

  新年明けましておめでとうございます。 皆様におかれましては、幸多き …

中小企業テクノフェアin九州2017      ※出展者募集中

  北九州市小倉の「西日本展示場」で、10月11日(水)~13日(金) …

no image
●★事業パートナー九州の業務内容紹介★●

(株)事業パートナー九州は、2020年1月から3年目に入りました。改めて業務内容 …

中小企業テクノフェアin九州(2)

『中小企業テクノフェアln九州2016年』が、10月12~14日に、北九州市の「 …

  前後の記事

お問い合せはコチラからどうぞ

MENU
PAGE TOP