永住を取得するための条件 - 北九州アシスト法務事務所

永住を取得するための条件

日本国内での外国人材の活用が進み、在留外国人数も過去最高になっています。

これに伴い、当事務所に、永住に関するご相談や永住権の取得支援のご依頼が増えています。

ここでは、今一度、「永住権」を取得するための要件をまとめて紹介します。

永住権を取得するための要件

外国人が日本で永住権を取得するためには、いくつかの要件があります。以下は、一般的な要件の概要です。

1 在留期間

●原則として、10年以上継続して日本に在留していること。そのうち、5年以上は就労資格または居住資格を持っていることが必要です。

●日本人の配偶者、永住者の配偶者、または特別永住者の配偶者の場合は、婚姻が実態を伴って3年以上継続し、その間に1年以上継続して日本に在留していること。

●定住者の場合は、5年以上継続して日本に在留していること。

2 素行が善良であること

●日本の法令を遵守していること。

●日常生活においても法令を遵守していること。

3 独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること

●自分自身および扶養家族を養うための安定した収入があること。

●収入が公的な支援に依存していないこと。

4 国益に適合すると認められること

●納税義務を果たしていること。

●公的秩序を乱さないこと。

●日本の社会に貢献していること。

5 その他の要件

    ●過去に日本から強制退去処分を受けたことがないこと。

    ●保有の在留資格に違反していないこと。

    これらの要件を満たした上で、申請書類を準備し、出入国在留管理庁に申請します。申請には、身元保証人の提出が求められる場合もあります。また、申請の審査には時間がかかることがありますので、早めの準備と手続きが推奨されます。

    具体的な手続きや詳細な要件については、当事務所にお問い合せ下さい。

    お問い合せはこちら

    外国人の在留資格(ビザ)の取得に関することはなんでもお問い合わせください!

    093-873-9120

    9:00〜20:00 休日も可能

    お問い合わせ・資料請求

    メールは24時間受け付けております。

    PAGE TOP